KYになっても良い!? ~ 自分を愛して幸福度アップ! ⑤ ~ いいかげんでも構わない!?

いいかげんでも大丈夫!?

前回、アナタはいいかげんでも良いというお話をしました。

世の中には「頑張ること」で輝く人と苦しむ人がいて、輝く人は 何を頑張るかの取捨選択が上手い人で、苦しむ人はたくさんのことを「やらなくてはいけない」と頑張り続けて、キャパオーバーになってしまう人だとお話しました。

全てを頑張るのはとても大変です。
心からやりたいことに的を絞って頑張れば良いのです。
それ以外は、いいかげんでも構わないのです。

「いいかげん」と聞くと、適当に手を抜いてやるようなイメージもありますが、「良い加減」という肯定的な意味合いで考えてみてください。

「ウサギとカメ」のお話に出てくるカメさんのように、自分のペースでじっくりと着実に物事に取り組む気持ちでいれば良いのです。

何を頑張るか、何をいいかげんにするかを自分自身で取捨選択することは生きていくうえで大切なことです。
取捨選択が上手くできるようになれば、自分にとっての「好い加減」を見つけることできるようになりますよ。
ぜひ意識してみてくださいね。

いいかげん

 

他人を気にするのはムダ!?

「良い加減」で生きていけるようになると、自然と心にゆとりを持てるようになります。
ゆったりと構え、やわらかい態度でいることで、自分自身のことについても楽観的に考えられるようになるからです。

「どうにかなるから大丈夫」とか、「これくらいで大丈夫」と思えることはとても大切なことです。

自分の目指す結果を得ることに固執し過ぎてしまうと、ゴール設定が曖昧になってしまいます。
そうなると、頑張ることを辞めるタイミングが分からなくなり自分を苦しめてしまうのです。
ある程度のラインで立ち止まることの大切さを忘れないでくださいね。

また、他人の目を気にし過ぎないことです。
他人からどう思われるかを気にし過ぎると、自分のペースが乱れてしまうことがあるからです。

ところが、他人は自分が思っているほど、自分を気にしていません。
「2:6:2の法則」というものがあります。
集団の中で、アナタのことが好きな人は全体の2割、どちらでもないという人は全体の6割、好きではないという人は全体の2割なのだそうです。

結局のところ、全員から好かれたり、評価されたりするのは難しいということです。
そして、人はそれほど他人に興味や関心を持っていないし、自分のことをそれほど見ていないということなのです。

そのため、他人の評価を気にして行動することは全く意味がないのです。
もし、何かの選択に迷った時、自分の意思を尊重せず、他人の評価を気にして決めてしまうと、自分のペースを乱すことになり、「良い加減」でなくなってしまうのです。

そうなると自己肯定感も下がってしまい、人生の幸福度も下がってしまいます。

アナタの判断に間違いはありません。
他人の目は気にせず、自分に自信を持って、自分の「良い加減」で行動してくださいね。

 

KYになっても良い!?

時にはKYになっても良いかもしれません。
しかし、「空気読めない」という意味合いではなく、あえて「読まない」という意味あいで捉えてください。

例えば、自分の意見があったとしても、周囲の空気を読んで言わなかったり、質問したいのに出来なかったりすること、たまにありませんか。

いいかげん

明らかに迷惑になるような場合は空気を読んで控えた方が良いかもしれませんが、そうでなければ自分の思った感情を外に出す方が良いのです。
これも、自分のペースを保つうえで大切なことです。

他人に遠慮ばかりして言いたいことを言えず、聞きたいことを聞けずにいたら、モヤモヤしたり、気になったりして、やはりストレスになってしまいます。

先ほど話したように、明らかに迷惑になるような場合だけでなく、誰かを傷つけてしまうようなことにならなければ、良いのです。

自分の意思を主張することも自己肯定感を保つうえで大切なことです。
時には「あえて空気を読まない」という選択をして、自分の思うように発言したり、行動したりするのも良いかもしれませんよ。

 

目立っても大丈夫!?

とはいえ、他人の目を気にせず、時にKYでいたら、「悪目立ち」していないか気になってしまいますよね。

しかし、空気を読むということは、自分や周りが心地よく過ごすための思いやりの気持ちなのです。
先ほど話たように、誰かを傷つけたり迷惑になったりしないように意識していれば問題ありません。
あとはマナーを守って行動すれば、悪目立ちすることはありません。

アナタはもっと自由に振舞って、目立っても良いのです。
もし、目立つことを避けるために空気を読んで行動を制限しているのであれば勿体ないです。

無理に自分を変える必要はありませんが、自分の思ったように行動してあげると自己肯定感が高まり幸福感をより感じられるようになります。

目立つことを恐れず、楽しんで行動してみてくださいね。
そして、自分の感情に正直になって行動した自分をどんどん褒めてあげてくださいね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711