あなたの「ラッキーナンバー」を見つけて 運気を最強にアップしよう!

日常生活で、何等かの番号を選ばなくてはならないことってよくありますね。そんな場合、あなたは自分の「ラッキーナンバー」として、どんな番号を選択しているでしょうか?
ラッキーナンバー

日々の生活で、何かと番号を選んだり、決めたりしなくてはいけないシチュエーションが多いかと思います。

スマホの番号、暗証番号、車のプレートナンバーはもちろんのこと、たとえば宝くじのロトなどで番号を選ぶときにも、どのような番号を選んでいますか?

生年月日など、わかりやすいものを使うと犯罪に合う心配もしなくてはいけない昨今ですから、自分だけの「ラッキーナンバー」を知っていることができれば、以後何かと便利です。

また「ラッキーナンバー」を上手に活用することができれば、あなたの運気もさらにアップするのです。

 

誕生日に基づく「ラッキーナンバー」の出し方

一番簡単でよく使われるのが、誕生日を用いた「ラッキーナンバー」の出し方です。

これは「カバラ数秘術」と呼ばれ、単純に自分の生年月日の数字をバラバラにして一桁になるまで足していけばよいのです。

例えば、1980年5月10生まれの人であれば、
1+9+8+0+5+1+0になります。
これは24になりますので、一桁になるまで足すと2+4=6となり、6が運命数であり「ラッキーナンバー」となります。

ただし、足して11、22、33などのゾロ目はマスターナンバーとよばれてそれ自体で非常にパワフルな特別な番号となっており、一桁にせずに、そのまま使います。

たとえば、1980年5月15日生まれの人なら
1+9+8+0+5+1+5=29で、2+9=11となり、この人の「ラッキーナンバー」は11となります。

ラッキーナンバー

 

それぞれの「ラッキーナンバー」が表す意

では上記で得た一桁およびゾロ目の数字が表す「ラッキーナンバー」の意味とはどういうものでしょうか?

1:エネルギッシュ、リーダー
2:愛と平和
3:ポジティブ
4:秩序と忍耐
5:強運の持ち主
6:繊細でクリエイティブ
7:神秘的
8:パワフル
9:崇高なパワー
11:カリスマ性を持つ
22:強運の持ち主
33:救世主

ラッキーナンバー

 

複数桁の「ラッキーナンバー」を作る方法

では暗証番号や、車のナンバープレートなど、複数桁で「ラッキーナンバー」となるものを作りたい場合は、どうすればよいでしょうか?

この場合は、たとえば自分の「ラッキーナンバー」が、分割できる大きさの数字であれば、分割して、それを足したときに自分の「ラッキーナンバー」となるようにすることもできます。

たとえば、自分の「ラッキーナンバー」が、「6」である場合に4桁の「ラッキー番号」を作りたければ、1+2+2+1=6なので、1221や2121や、1122などの組み合わせを4桁の「ラッキー番号」として使用できます。

しかし自分の「ラッキーナンバー」が5以下などで、分割しにくい場合や、4桁以上の数字が必要である場合、一般に言われる「ラッキーナンバー」に自分の「ラッキーナンバー」を織り込むとよいのです。

一般に言われている「ラッキーナンバー」の意味は:

1:地位財産
3:金運アップ
5:財運
6:大吉
7:金運アップ
8:成功
15:金運、名声
16:大業達成
18:大吉
24:財産、健康、恋愛運、金運
29:財運
31:繁栄、良縁
32:くじ運、幸運
39:勝負強さ
52:金運
71:出世
78:家庭運

などです。

たとえば1980年5月10生まれの人であれば、
1+9+8+0+5+1+0=24で、一桁になるまで足すと2+4=6となり「6」が「ラッキーナンバー」です。

しかしその手前の二桁「24」自体も一般的な「ラッキーナンバー」としても使えます。

したがってたとえば4桁の暗証番号を考えるとき、自分の「ラッキーナンバー」である「24」に出世を願うなら「71」を足して、2471、あるいは7124のように作ればよいのです。

もちろん本来の一桁の「ラッキーナンバー」に上記の吉数を組み合わせて、番号を作ってもかまいません。

また念願の学校などに合格したときの受験番号を覚えていたなら、それを活用してもかまいません。

私の場合、高校のときの受験番号は「555」で、大学のときの受験番号は「2222」という、いずれもゾロ目に当たり、どちらも希望校に合格しました。

それ以来、何かあるとこの番号を「ラッキーナンバー」として、使うこともあります。

このような「ラッキーナンバー」に、自分の本来の「ラッキーナンバー」を足して使ってもかまいません。

また世界各国には、それぞれ忌数とよばれる不吉な番号も存在します。

たとえば日本なら、4,9,42など、海外では13などです。

このあたりは避けて番号を作ったほうがよいかと思います。

一般的には19は障害が多くなる傾向になり、20は病気や災害に合いやすくなるとされているので、これらも避けておくとよいでしょう。

自分にとって最強の「ラッキーナンバー」を、試行錯誤しながら作り出してみてくださいね。

 

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236