風の時代、地の時代 — 風の時代に活躍できる人、出来ない人〜2020年12月22日のグレート・コンジャンクションから風の時代に〜

ここに、風の時代を生きるヒントがあるのですが、お判りでしょうか?
風の時代

2020年12月22日のグレート・コンジャンクションから風の時代になると言われています。
人間を身体、心、魂=生まれつきの性質、霊的問題等広い範囲から見るホリスティックカウンセラーのわたもりです。

今回は風の時代とは何か? どんな変化が起こるのか? 風の時代をどう生きたら良いのか? 等、約240年毎と言う、この世界の大きな変わり目を、奇跡のように、ともにこの星で迎える人々に向けて書かせていただきます。

 

「風の時代」の基礎知識

風の時代とは具体的にどんなものでしょう?

これは西洋占星術で言われている事です。
一般的に目にする星座占いは、その人が生まれた時のホロスコープ(星の配置図)で、太陽がどの星座にあるかを見て、そこから性格やその時々の運勢を見るものですが、本来の西洋占星術では、関係する惑星は太陽だけではなく、金星や土星などの10個の惑星を全て見て、人となりや生き筋を判断します。
つまり、西洋占星術では、惑星がどの位置にあるかを見るのです。

ホロスコープで、土星(制限、課題、責任、基盤、ルール等の意)と木星(拡大、発展、共感、成長、意欲等の意)が同じ星座にある事を「グレート・コンジャンクション」と言い、これが西洋占星術の12の星座のうち、風のエレメントに属する星座で起こる事を「風の時代」というそうです。
風のエレメントは双子座、天秤座、水瓶座ですが、2020年12月22日に土星と木星が水瓶座で最接近するので、この日以降を「風の時代」と言うようです。

今までの約240年間は地のエレメントのどれかの星座で起こっていました。
ここから約240年間はずっと風のエレメントでグレート・コンジャンクションが起こります。

風の時代

 

今までの時代、これからの時代

地のエレメントには現実的、実質的、安定感、固める、形にすると言う意味があり、これまでの我が国の240年間は幕末から令和2年までの現代日本の基盤固めをする時期にあたりました。
地のエレメントの特徴から上下関係を重んじ、封建的で、個人より会社等の組織を優先させ、ルールで縛り、個性より協調性を求める時代でした。

一見、堅苦しいようですが、帝や将軍を中心として日本と言う小さな領土の中だけで生きて来た世界観から、海外とのつながりや科学、民主主義と言った新しいものを受け入れ、足元を固めるために必要な時代だったと私は思います。

そして、ここからの風のエレメントには調和や客観視、知性、ネットワーク、自由、個性、コミュニケーションと言った意味があります。

この境目の年である2020年に新型コロナによる自粛や行動制限をきっかけとして、リモートワークや自由を渇望する欲求等が起こっているのは、必然的と言えるのかもしれません。

風の時代

 

風の時代に活躍できる人、出来ない人

私が今まで興味の無かった西洋占星術や風の時代について調べたのは、来年一年の運勢をみる12ヶ月リーディングがきっかけでした。
12ヶ月リーディングはオラクルカードで12ヶ月間の年間テーマと、各月毎の予想される出来事や学び、そして、導き手からのメッセージをお伝えするものです。

参考Trinity記事
導き手達の言葉 — わたもりのメールカードリーディングから

私の12ヶ月リーディングは年間テーマも、各月の学びも、導き手の言葉もほぼ一貫したメッセージを伝えてくるのですが、この年末は以下のように結果がきっぱり別れました。

・依頼者の人生がうまく行かない要素について、一年中、気づきや改心を促すような出来事を予言するもの

これは大抵の方が言われることです。
自分のどこにうまく行かない要素があるのか判らない人は改善のしようがないので気づきを促し、判っていても変わろうとしない人には辛い出来事を次々起こして目覚めさせようとするのです。
うまく行かない要素があるからうまく行かないという当たり前の事が起こるので、どうしたら幸せになれるかを教えてくれています。

・今までの頑張りを褒め称え、その人の望む未来へ向けてアドバイスをし、苦難があっても乗り越えられると励ますもの

これは長年当店に通ってくださった方達で、身体をTrinityに執筆中の久恵先生のフード風土ヒーリングや生活習慣の見直し、運動や治療等で整え、心の悪い癖や思い込み、トラウマ等から逃げずに向き合い楽で自由な心を手に入れ、本物のスピリチュアルな力で霊的問題を解決し、うまく行って当たり前の状態を手に入れたからこそ、その方が望む未来へ向けて、やっと、歩みだせる人です。

年末年始のこの時期はご依頼が集中するのですが、2020年の年末は結果が上記のように分かれ、それは何故かを考えた時、思い当たったのが「風の時代」でした。

ここに、風の時代を生きるヒントがあるのですが、お判りでしょうか?

風の時代をどう生きたらいいかについては、【2】の記事でお知らせいたします。

 

参考記事 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-791.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380