風の時代をどう生きたら良いのか? — パラダイムシフトと変容の時〜私達はもっと自由になれる

「スピリチュアルは普通です」これが、当たり前の事になれば、私達はもっと自由になれます。
風の時代

前回の記事「風の時代、地の時代 — 風の時代に活躍できる人、出来ない人」では、風の時代とは何かと言う基本的な情報について書きました。
今回は「地の時代のあとの風の時代」をどう生きたらいいかについて書かせていただきます。

 

風の時代に幸せになるために必要なもの

これから20年間の水瓶座の風の時代は、どう変化するのでしょう?

今までの地の時代は目に見える物質やお金、個人より集団を重要視する特徴がありましたが、風の時代は精神的なもの、例えば知識や情報、ネットワーク等目に見えないものを重要視するようになると言われています。

また、風のエレメントの一つである水瓶座には自由、平等、革新、理論、客観的、個性的等の意味があります。

それで、ゆるふわスピ系の方達は「個性だ! 自由だ! ひゃっほーい!」みたいになっているようですが、ここから先、ハサミで切ったように、突然そうはなりません。

何度も転生し、長きに渡りこの国を見て来た私から見ると、どんなに時代が揺れ動こうと、日本人の礼儀正しさや思いやる心等、「心地よい」「大切にしたい」と思うものはちゃんと残っています。
だから、今言われている風の時代の「自由」も、好き勝手する事じゃないと判る筈です。

地の時代に作り上げられた物質や安定を重んじ、現実的に生きるのを土台として、その上に精神的価値を大切にし、情報や知性を武器に生きていく時代となりそうです。

つまり、地に足をつけ、個性=自分は何者であるかを知り、学ぶ事を重んじ、広く情報を得て、発信する力を持ち、それらを武器にして組織に依存せず、軽やかに自由にどこにでも行ける自分である事が必要になります。

そして、水瓶座は「自立」の意味もあるので、経済的にも精神的にも自立出来ていないと、自由には生きられないでしょう。

自由とは何の努力もなしに得られるものでは無く、一人で立っていられるように自分を整えたからこそ得られるものだと私は思います。

上記を読むと、前回の記事でお伝えした「これまでに身体、心、魂、霊的問題を解決し自分を整えた人は、12ヶ月リーディングで褒められ、2021年は良い年になると言われている」理由が判ると思います。

「本当にやりたいことをやればうまく行く」とゆるふわスピ系の方はよく言いますが、これは嘘です。
本当にやりたいのであれば努力して、頑張って、やって当たり前だからうまく行くのです。
やりたい事をやるという事は、やりたくない事をやらなくて良いという事にはなりません。

風の時代の前に、地の時代が来る意味をよく考えてください。
自由を先に体験し、あとから地に足をつけろと言われても難しいでしょう?
全て天の采配なのです。

風の時代

 

パラダイムシフト

もう一つ、この時代の変わり目に私のクライアント様に共通して起きている事があります。
それは、パラダイムシフトです。

パラダイムシフトとは(Wikipediaより)
パラダイムシフト(英: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。

例えば天動説=天体が地球の周りをまわっていたと思われていたのが、地動説=地球が動いていると言われた時のように、目の前の現実は何も変わっていないけれど、物の見方が180度変わったので、全く違う世界に見えるような変化のことです。

そんな変化を体験する人が、これからどんどん増えるでしょう。

それは、前述したように、自由に生きられるよう身体も、心も、霊的問題も全て整えようとする過程で起きるのです。

これまで、現実からも自分自身からも目を背け、逃げていた方も、スピリチュアルを都合の良い言い訳に使っていた方も、大丈夫。

人生はあなたをあきらめずに、何とか導こうとして、色々な出来事を起こし、あなたに変容を求めます。
変容とは、さなぎが蝶になるように、一定期間不自由な体験をしてさなぎ=自分の一部を捨て去るからこそ、美しく生まれ変わるような「痛みを伴う変化」の事。

変われずに、取り残される人もいるでしょう。

今、この星が、世界が、変容の時を迎え、生まれかわろうとしています。

風の時代

 

私達はもっと自由になれる

「風の時代」が来て、あなたが変わっても、変わらなくてもいいのです。
あなたの人生や生き方は、自分で選んでいいから。

「私はこうありたい」
そう、判っていて、その通りに行動出来る自分である事が大事なのです。
風の時代は、「自由」だからこそ、地に足をつけ、意志や目的をもって進みましょう。

どこへでも行ける。
だから、どこへ向かいたいのかを、自分で判っている必要があるのです。

世界が変わる。
だから、現実をしっかり見ましょう。
霊的な世界も含め、物事を分け隔てせずに矛盾の無いものを見つめましょう。

スピリチュアルも、この現実世界の一部です。

私がずっと書き続けている「スピリチュアルは普通です」
これが、当たり前の事になれば、私達はもっと自由になれます。

時代の変わり目の前には、奇妙な静けさのある「凪の時」が来ます。
ここ数ヶ月ほど、なんだかやる気が起きない、物事がうまく進まないという方が多かったでしょう。
どちらを向いて進んだらいいか判らないという方も。

凪のあとには、必ず風が吹きます。

さあ、軽やかに、風の中を歩いていきましょう。

 

参考記事 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-791.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380