霊感があって困っている人へ② — 霊能力とHSPと霊感〜精神病に間違われやすいとは?

霊感

前回の記事「霊感があって困っている人へ①―『頭がおかしい』と言われる人々」と言う記事では、私自身や私のクライアント様の霊感で困っていた具体的事例と、霊感が精神病に間違われやすい事を書きました。

スピリチュアル好きな人には霊感を羨ましがり、霊感があると思い込みたい人もいますが、実際には自分の霊感に戸惑い、困る人も多いのです。

 

スピリチュアルな力と言われている物

霊感と言うと、一般的には幽霊が見える、金縛りにあう、幽体離脱する、オーラが見える、気を感じる、ヒーリング出来るといった、多少の霊感があれば誰にでも出来そうなものが言われがちです。

霊感はまず、自分で操れるか? 操れないか? に分かれます。
見させられている、聞かされている等は、自分で操っている訳じゃ無いのでスピリチャルな力とは言えません。

霊感

また、他のものも、当店でみると以下のような場合があります。
これはあくまで一部の例で全てがそうとは限りません。

・幽霊やオーラが見える→「見える」「聞こえる」は霊感の一部に過ぎず、ほんの少し目や耳が良いだけ
・金縛り→人間は身体、心、魂の3つがあり、本来なら心と魂の2つしか持たない幽霊に負けるわけがないのに、身体が弱っているので押さえつけられている
・幽体離脱→魂を身体の中に抑えて置けない程身体やエネルギーが弱っている状態、もしくは、心に問題があり魂を逃がそうとしている場合もある
・嫌な感じ、良い感じなど気を感じる→これは過敏体質=HSPの人なら誰でもわかる
・ヒーリング出来る→どんな人でも手から気が出ているので、特別な事ではない。アチューメントや講座を受けたから出来るだろうと思い込んでいるだけの場合がほとんど。自分のエネルギーを使うのでヒーリング後に疲れる
・憑依される→身体、心、魂全てが弱っているので「自分以外の魂」に乗っ取られているのであって、霊能力から最も遠い状態
・チャネリング→上記の「憑依される」に加え、伝えられる情報の良し悪しも判らず見識が不足している

 

霊感とHSP

私は自分自身がそうである事から、HSPと言う生まれつき過敏な性質の方達のご相談を沢山お受けするので、「見える」「聞こえる」程度は霊感のうちに入らないと思っています。
例えば、敏感な人なら同じ部屋に人がいれば判ります。
身体があるか無いかの違いだけで「誰かいる」と判っているのには変わりなく、特別な事じゃありません。

「直感、霊感、第六感も普通にあります HSPの特徴・魂=超感覚編―わたもりのHSP講座5」を書いた時にははっきりしていませんでしたが、今では「霊能力、霊感とHSPの過敏さは全く別物である」とはっきり言えます。

これが判らず「HSPは霊能者やシャーマンになれる」「HSPはカウンセラーやヒーラーに向いている」と本に書いている人もいますが、これは全くの間違いです。

霊感

当店の経験から言うと、HSPのうち、霊感がある人は2割程度です。
そのうち、仕事として出来るかどうかは、霊能力の種類や強さ、人柄、見識、持つエネルギーや声、魂の質等によるので、霊感があれば良いというわけではありません。

・カウンセラー→「人の話を聞き、悩みに寄り添い、その人が問題解決をする手伝いが出来る」かどうかが大事であって、HSPや霊感があるから出来るだろうというのは、きちんと勉強したカウンセラーさんに失礼
・ヒーラー→現代人はエネルギーも血も汚れているので、出来る人はほとんどいない。かえって悪化させる

 

魂の性質と霊感

一般的な知識では、魂は皆同じ性質だと思っているかもしれません。
けれど、「天職と魂の関係①魂の質と職業―ホリスティック健康相談」という記事に書いたように、魂にも個性があり、質も全く違います。

霊感がある人と無い人の魂は全く違うものです。
だから、セミナーを受けようが、修行しようが、勉強しようが、お金を沢山払おうが、霊感も霊能力も手には入りません。

「沢山お金を払ったんだから効果があるだろう」と思い込んで、出来るような気になっているだけです。
霊能力開発は本物の霊能力が無くて全く判っていないからこそ出来ることです。
セミナーをやる側も受ける側も。

出来ないと判っている人にものを教える事程、ぼろ儲けでしょう。
出来る人は習わなくても最初から出来ます。

ましてやそれを仕事にしたり、特別なように思うなど、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の所業です。
それは魂を穢すだけですから、一日も早く「なんちゃってスピリチュアル」から足を洗い、人として真面目に生きるようにお勧めいたします。

実際に霊能力のある身からすると、そんなおめでたいモノじゃありません。

次回③では霊感があって困っている人への対処法をお伝えします。

参考記事 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-701.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380