元気をリチャージする方法6つ(特にエンパスさんにお勧め)〜後編

前編はこちら。

 

4. 自分の感情を書き出したり、話したりする:

エンパスは一日を通して、天文学的な量のエネルギーや感情を処理(プロセス)しています。

そしてどの感情が自分のもので、どれが他の人から引き受けてしまったものなのかわかっていない場合もよくあることです。

自分のエネルギー体の中に感情が抑圧された状態にならないようにするには、毎日のようにそういった感情を処理し、解放する時間を作ることはとても重要です。

私は一日の終わりに「エネルギーのゴミ捨て」として、自分が感じていることをすべて書き出す方法が気に入っています。

自分の感情を善悪で判断しないようにすることはとても重要です。
またその感情を理解しようとしたり、「修復」しようとすることは必要はありません。

その感情を思いっきり感じ、正当性を認めてから解放します。

エンパスにとって、日課として感情を処理することは精神衛生上よいばかりではなく、必要不可欠とさえいえるでしょう。

 

5. 精神を鎮める(瞑想):

エンパスにとって静寂がもたらす恩恵は必要不可欠とさえいえるほどです。
常に流し出すようにすると、新しく、命の維持に必要なエネルギーを充電することが可能になるからです。
ご自分が入れ物であるところを想像してみてください。
その入れ物は空っぽになると、また満たすことができるようになります。

エンパスは常に受け入れる状態にあるので、常に空っぽにする必要があるのです。

瞑想をして心を鎮めると自分軸が見つかるでしょう。
瞑想は一日5分でも大きな効果があります。

私たちの力の源は、今の瞬間に居ることができる能力にあり、また静寂の体験の中にあります。

エンパスは周りの人たちのエネルギーや感情の雰囲気の中で自分を見失い、今ここにいることを忘れることがよくあるため、沈黙の時間を持つことが重要なのです。

不安や心配、恐怖を感じている時、私たちは今この瞬間を生きていません。
ぜひ毎日瞑想する時間を作り、全体となった自分の存在の不変さを感じてください。
あなたの感情や気持ち、考えがすなわちあなたという訳ではありません。
だからこそ、自分の健全さを維持するためにこのことを思い出すのは必要不可欠になります。

 

6.運動(エクササイズ):

運動することで、抑圧されていた感情が解放され、汗から不純物を排泄し、気分を明るくして幸福感を強め、強いエネルギー領域を作り出す効果が得られます。
特にルールを定める必要はなく、ご自分にあった好きな方法で楽しみながら体を動かしてください。

 

【参考】https://chakracenter.org/2015/07/07/5-ways-to-recharge-energy-for-empaths/

https://theknowing1.wordpress.com/panacea/

 

《ココヘッド さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/wake-up-japan/?c=118390