他人の感情を自分の感情のように拾ってしまう人に~おすすめの対処法

影響を受けやすくて苦労する

私は講座で霊能力やチャネリング能力開発のサポートをしています。
そのなかで生徒さんからよく聞くのが、「他人の感情を自分の感情のように拾って影響を受けてしまう」というお悩みです。

一緒にいる人が怒ったり落ち込んだりしていると、無関係な自分までイライラしたり落ち込んだりしてしまう。
TVで悲しいニュースが流れると、いつまでも悲しい気持ちを引きずってしまう……。
明るい人や楽しい人と一緒にいれば幸せな気持ちになれるのでしょうが、そういう人の周りにはネガティブな人や強烈な人が集まりやすいようです。

実はこれは立派な霊能力で、クレアセンシェンス(霊感)と呼ばれる能力になります。
クレアセンシェンスが鋭いとフィーリング(感じる力)や直感に優れたタイプになり、もともと日本人はクレアセンシェンス型のサイキックが多いと言われています。

 

クレアセンシェンス(霊感)とエンパス(共感能力)

この能力が更に過敏になるとエンパス(共感能力)と呼ばれるタイプになります。
エンパスは他者の感情だけでなく場所の波動などにもとても敏感で、あらゆるものとの境界線が弱く、それによって生活に支障が出るレベルで気持ちが混乱したり、エネルギーを奪われてクタクタに疲れきったりします。

見た目の美しさや豪華さ、学歴や実績などにごまかされない本質を「感じる」力でつかみ取れるクレアセンシェンスやエンパスは素晴らしい能力なのですが、スピリチュアルに興味を持たれる方はこの力が強すぎて、うまく使いこなせない人も多いようです。
こうした悩みを抱えている方に、私の長年の経験からのアドバイスをしたいと思います。

 

「ノー」と言えない自分を変えていく

強いクレアセンシェンス型、エンパス型の傾向として、「ノー(NO)が言えない人」がとても多いように思います。
優しい人が多いのです。
感受性が豊かで、相手の気持ちや思いを敏感に感じとり、色々な状況や立場を思うと、気持ちの上でも行動の上でもうまく線引きが出来ず、ずるずると長話に付き合ったり面倒な立場を受け入れてしまったりします。

その優しさを周囲に利用され(無意識だとしても)、愚痴や面倒な立場を押し付けられる事もあります。
周りはスッキリしますし、強いクレアセンシェンス型、エンパス型の人も「喜んでもらえるなら」と嬉しく思ったりもするのですが、次第に自分が時間泥棒、エネルギー泥棒に遭っていることを自覚していきます。

強いクレアセンシェンス型、エンパス型の人は、自分の性質が引き起こした「こういう目に遭うのはもう懲り懲り」という経験をしていると思います。
そういう「嫌だな」と思う人や事に対して、「それは、できません」「今日は、ここまででいいですか」と思いきって口に出して拒否していくことがとても大切です。

「でもそれが難しいんです……」という声が聞こえてきそうですが、これは望む現実を創造していく上でも大切なこと。
勇気を出してノーと言うことで、エネルギー面でも「境界線」が作られていきます。

まるで染まるようにいつの間にか影響を受けてしまうこともあると思いますが、それでも気づいたら拒否すること。
最初は不慣れからうまく拒否できず爆発してしまい、落ち込むかも知れませんが、元に戻らないようにしてください。
そのうち上手に拒否できるようになります。

こうしていくことで、場のエネルギーなどにも以前のようには影響を受けづらくなっていくでしょう。

 

規則正しい健康的な朝型生活を

強いクレアセンシェンス型、エンパス型の人は、体質的に浮腫みやすいポチャッとした体型の人が多く、夜型の人が多いように思います。
水太り系で肌に透明感があったりする、素直で愛嬌のある感じの方が多いです。
また、早くから起きて運動したり太陽の光を浴びてアクティブに過ごしたりというよりは、低血圧型が多く夜遅くまで起きている夜型が多いようです。

何故なのかは私もわかりませんが、傾向としてこういう体型や体質、生活習慣の方が多いです。
水は感情と結びつきますし、夜は昼に比べて見えない世界(アストラル界)との境界が薄くなりますので、エネルギーの境界線が弱いことと関係があるのかも知れません。

自覚のある人は、身体を浮腫ませないよう気をつける、水はけのよい身体を維持するように意識してみてください。
そして朝の太陽の光を浴びて、身体を動かして筋肉をつけるように意識します。
バランスのとれた食事を心がけ、疲れて夜中にジャンクフードなどを食べやすいならやめるようにしましょう。
ちょっと大変かも知れませんが、自分を本当に変えたいと思うならやってみてください。

いかがでしたか!?
せっかくの能力に振り回されることなく、ご自身と周囲のためにうまく使えるようになるといいですよね。

ホームページBlossom
https://www.blossomcareroom.com

 

《中村 恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/healingbeauty/?c=159999