自分の守護霊や自然界の霊たちと コンタクトを取って開運する方法

あなたは身近に何等かの霊の存在を感じたことがあるでしょうか? 実はどんな人にでも、必ず守護霊は何体か存在すると言われています。また、その守護霊以外にも自然界の霊や、死後の世界に渡れずにいる迷える霊たちなど、この世には色々な霊が存在しているのです。
守護霊

霊的なものをほとんど感じたことがないという人でも、時として不思議な気配を感じたりすることがあるのではないでしょうか?

それは人の気配であったり、あるいは懐かしい誰かの香りであったり、なんらかの音であったりと、霊たちの出現方法は様々です。

霊たちはあなたに何か気づかせたいことがあって、「気配」としてあなたにコンタクトを取ろうとしているのです。

しかしそれを霊たちからのコンタクトと取るか、単なる気のせいだと片付けてしまうかは、もちろんあなた次第です。

もし霊の存在を信じるのであれば、彼らと簡単にこちらからもコンタクトを取る方法があるのです。

霊たちとコンタクトが取れたなら、彼らの助けを得ることで、災いを免れたり、あなたの人生を開運へと導くことも可能なのです。

 

守護霊の法則

あなたの守護霊は、あなたの先祖である場合もあれば、前世になんらかの関わりがあった人であることもあり、その種類は様々です。

守護霊は普通、ひとりの人生において、数回入れ替わると言われています。
それは守護霊にもそれぞれの役目があり、自分の役目が終わると次の守護霊と入れ替わるからなのです。

たとえば青年期にあなたにある程度の成功をもたらした守護霊たちは、その役目が終わると次の守護霊へとバトンタッチをします。

そのとき、もしあなたがそれまでにしっかりと努力を続けていたなら、さらにランクの高い守護霊がやってきて、もっと力になってくれます。

しかしもし成功に甘んじて怠けていたりすると、次に来る守護霊は、今までよりランクが下の守護霊になってしまい、突然奈落の底に突き落とされたような出来事が起こったりするのです。

また守護霊が交代する時期には、一時的に守護霊がお留守になるため、物事が停滞したり、闇の中にいるような気がしてしまうこともあります。

そんな場合は、とりあえずは自分を信じて、これから始まるであろう新たな人生のために、努力を続けることが大切です。

守護霊

 

霊たちにコンタクトを取ろう

守護霊以外の霊には、植物などの精霊や、動物霊、そしてこの世をさまよう浮遊霊など、様々な種類が存在しています。

動物霊や浮遊霊は霊の位が低いので、時として人間に災いをもたらすこともあります。

また「突然霊能力が開いた」などという人の多くは、これら低い位の霊の力を借りていることが多いので、霊能力をこれらの霊から与えられた代わりに、不幸をもたらすような、何等かの見返りを要求されることもあり、要注意です。

では、守護霊や自然界に存在する霊たちにコンタクトを取るにはどうしたらようでしょうか?

霊たちとコンタクトを取るのは実に簡単です!
まず深呼吸をして心を穏やかにしてから、質問を必ず声に出して聞いてみます。
たったこれだけでよいのです。
ここで「声に出す」ことが、大きなポイントとなるのでお忘れなく!

ただし質問をしたからと言って、即座に守護霊が「その答えはこうだ!」と声に出しては回答してくれません。

守護霊からの返事は、思わぬ方法でやってくるのです。
それは夢の中であったり、買い物に出かけたときに、突然その回答となる本を目にしたりという具合です。

あるいは、突然友達や家族がその回答を言い出したりする場合もあるのです。

従って質問をしたあとは、日々の出来事にいつも以上に注意を払うことが必要です。

守護霊

 

ペンデュラムを使ってコンタクトを取る方法

「霊にコンタクトなんてうまく取れない」と思う人におすすめなのが、上記の写真のような「ペンデュラム」という道具を使う方法です。

これらはスピリチュアル・ショップやパワーストーンを扱うお店などで買うことができます。

ペンデュラムを使うときは、整理整頓がされた場所で、まず心を静めてから、人差し指と親指で上の部分をつまんで、ペンデュラムをぶら下げるように持ちます。

まず確認を取るために、たとえば目の前に赤いリンゴを置き、ペンデュラムに対して声に出して「このリンゴは赤いです。赤ければYESのサイン、時計回りに回転してください」と質問します。

数秒するとペンデュラムが回転を始めます。

そこで正しくYESの方向、時計回りに回転しはじめれば成功です。
もしうまくいかなければ、少し時間をあけて、再び試してください。

用意ができたら、再び心を静めてから質問したいことをペンデュラムに聞いてみます。
そして答えがYESなら右回り、NOなら左回りで回答をしてくれるのです

ただし、「YESになれ!」と念を入れてこのペンデュラムを使うと、自分の念によって回転してしまうことも多々あり、正しい答えが得られないのでご注意ください。

人生で迷いが生じた時に、ぜひこの守護霊とコンタクトを取る方法を一度試してみてください。

きっとあなたに何らかのお力を貸してくれることでしょう。

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236