京都で一番のパワースポット 「出雲大神宮」で縁結び、金運、健康運アップ!

縁結びの神様と言えば、島根県にある「出雲大社」を思い浮かべると思います。しかし実は京都には「元出雲」と呼ばれる「出雲大神宮」が存在し、京都でも一番縁結びや開運のパワースポットと呼ばれているのです。
出雲大神宮

京都府亀岡市の北東部に位置する「出雲大神宮」は、かつてはひっそりとした神社でしたが、近年有名人が多く訪れるようになったり、テレビで紹介されたりしたことから、有名なパワースポットのひとつとなりました。

この神社は、島根県にある「出雲大社」とは別法人の神社ではありますが、もともとはこの京都の「出雲大神宮」が最初にできて、分霊を島根県の「出雲大社」にしたという言われもある由緒ある神社なのです。

 

「出雲大神宮」とは

709年に創建され、本殿は重要文化財となっている「出雲大神宮」は、丹波地区で一番格式の高い神社として知られています。

この御祭神は、「大国主命」と「大国主命」の妻である「三穂津姫命」です。
この「大国主命」も「三穂津姫命」も縁結びに大変ご利益のある神様です。

また「大国主命」は金運アップにも非常にご利益の高い神様でもあります。

地元の「丹波国風土記」に、「元明天皇和同年中、大国主神御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」という記述があることから、もともとこの「出雲大神宮」から島根県の出雲大社に分霊したと考えられているのです。

ここでのお参りは、まず手水場で手を洗い、それからいきなり本殿には向かわずに、必ず本殿手前にある「黒太夫社」という氏子の祖先神をお祀りした摂社でお参りを済ませてください。

ここには、天孫降臨(ニニギノミコトが天照大神の神勅を受けて、葦原中国を治めるために高天原より高千穂峰に天下ったこと)のときに、道案内をした猿田毘古神が祀られており、迷える人を正しく導く力を持っておられます。

「出雲大神宮」の御神体は、神社の裏に存在する「御影山」で、山そのものが大変強力なパワースポットになっているのです。

この御影山に入山するには、社務所で入山許可をまず頂き、白いタスキを借りて、それを身につけてから入山します。

御神体と呼ばれている山ですので、くれぐれも神様に失礼のないように、お参りください。

山中には磐座がいくつも存在し、このどれにも神様が宿っているとされています。

この山に一歩足を踏み入れただけで、そのエネルギーの違いが感じられるほどパワフルなエリアなのです。

そして一番奥には御神体の国常立尊の磐座があります。この辺りまでくると、普段は霊的なものを感じない人でも、清々しさや、エネルギーの流れの違いを感じるのではないでしょうか。

この神社に来たら、本殿だけでなく、「ご縁を呼び込む」とされるこの岩座にしっかりとお参りしておきましょう。

出雲大神宮

 

縁結びの「夫婦岩」

境内に入って右側に、朱色の柵に囲まれた御神石の「夫婦岩」があります。

縁結びには非常にパワーのある「出雲大神宮」ですが、この「夫婦岩」には特別なお参りの仕方があります。

まず社務所に行って「縁結び守り」を購入します。

お守りについている赤い糸を「夫婦岩」に括りつけるのですが、このときこの赤い糸に5円玉を括りつけておくと、さらにご縁があるとされています。

恋人や結婚相手を探すだけでなく、よい人間関係、よいビジネス関係でのご縁を授かりたい場合も効果があります。

毎月第四日曜日の午後2時からは「えんむすびまつり」が開催され、この時だけに授与される特別の絵馬もあります。

出雲大神宮

 

御神水「真名井の水」

境内の手水場に近いところにあるのが御神水の「真名井の水」です。

大きなタンクを持って水を汲みにここにやって来る人が後を絶たない有名な御神水で、この水を飲めばどんな病も痛みも治ると昔から言われている、奇跡の水、長寿の水なのです。

御神体である「御影山」から流れ出たこの水の水質は、古生代の石灰岩層を伝い、火山噴火によるマグマの接触変成岩層から湧き出ている、ミネラルバランスの取れた水です。

お水を頂いて帰り、お茶などにして飲んだり、お風呂に入れて浴びたりしても「出雲大神宮」のパワーを頂けることでしょう。

 

出雲大神宮
住所:京都府亀岡市千歳町出雲無番地

ホームページ:https://tarotreiko.amebaownd.com

 

《伊庭野れい子(いばのれいこ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/tarotreiko/?c=153236