暑さに大切な人生を邪魔されていませんか? ~夏に負けない生き方~

私の口癖は「暑いですね」←わらうところ

私は夏になると「暑いですね」が口癖になります。
冬は冬で「寒いですね」と言いますが、夏のそれと比べたらその差は歴然としています。

とにかく私は暑さに弱いのです。

「暑いですね」と言われると、暑さにフォーカスしてしまってよけいに暑くなってしまう気もします。
ただこの「暑さ」は決して軽視すべきではないと私は思っています。

暑さで参っているのは、きっと私以外にもたくさんいると思います。
だからこそ思うのです。

暑さに負けてしまうと、大切な人生の時間がどんどん奪われてしまうのです。
ですから、そうではなくて、夏に負けず、元気に過ごせたらと。

夏は成長の季節と言います。
しかし夏の暑さに耐えられない人は成長どころか地獄でしかありません。
それではもったいないですよね。
もし、みんなで暑い夏をともに乗り切れたら。
なんだか、すごく人生を豊かにできる気がしませんか?
私は今、そんな事を考えながらこの記事を書いています。

 

夏の暑さの弊害

夏は夏で楽しいこともたくさんあります。

ただ、暑い話しは変わってきてしまいます。

夏バテする。
体力が激しく消耗する。
汗が引かない。
自分の体臭が気になってくる。
露出の多い服を着たくない。
電車の中の乗客が臭くてたまらない。
日焼けする。
洗濯物が増えすぎる。
喉が渇くのでドリンク代が無駄に増える。
エアコンをつけなければ耐えられず、つけたらつけたでエアコン負けしてしまう。
犬の散歩が難しいetc……。

 

夏の暑さが恐ろしいのは人格を変えてしまうこと?

人にもよるので全員ではありませんが、暑いとイライラしませんか。
またはイライラした人に遭遇したり、絡まれたりしたことはありませんか?

ずばり暑いとイライラするのです。
特にジメジメした蒸し暑い日は不快さが際立ってくるので、本当にイライラしてしまうのです。

まずこれを客観的に理解して下さい。
知っていれば「そういうものかもしれないな……」という気持ちで人と接することができるようになるかもしれません。

イライラは人生にとってはマイナスです。
良いことはありません。
一時的にはイライラしてると気が弱い相手は怖がってご機嫌を取ってくれるかもしれませんし、言うことを聞いてくれるかもしれません。
でも、本当は「厄介な人だな……」「もうこの人とは関わりたくないな……」と思われてしまうのです。

イライラすると攻撃的になるので、極端に言えば知力が落ちます。
冷静に考えればわかることがわからなくなり、ただ人や物事に対して怒りをぶつけることしか頭になくなってしまうのです。

周囲の人たちが、冷静沈着で心が広い人たちばかりなら、暑さに弱い人が暑さに支配されてイライラしても「これは暑さのせいだから、大目に見てあげよう……」と思ってくれるかもしれません。
しかし、暑くてイライラしてるのは、おそらく自分だけではないのです。
自分が暑くてイライラしているのですから程度の差はあれ、他の人も暑くてイライラしているのです。
だから、これはお互いに気をつけないと、よくわからないうちに、よくわからない理由で喧嘩になってしまう危険性があるということなのです。

とても恐ろしいですよね。
気がついたら喧嘩になっているなんて。
しかも理性や知力が低下していますので容赦ない喧嘩になってしまう場合だってあり得ます。
そうなったら最後。
涼しくなっても、その時に与えた傷、負った傷は決して消えることはなく、それは恨みに変わってしまうのです。

そこまで極端なパターンにはあまりならないと思います。
でも暑さの影響でイライラしている時は、暑さの影響と怒りの原因を履き違えてしまうので、気がついたらそうなっていた……という危険性は多分にあるのです。

大げさに聞こえるかもしれませんが、イライラは人生の質を大きく下げてしまいます。
私たち人間は他者とコミュニケーションを取りながら、ともに支え合って幸せを目指して行く存在です。

だから、汗をかくとか、水着を着たくないとか、そういう問題も大事ですが、いちばん重要なのはおそらくそれではなく、人としてのコミュニケーションだといえると思います。

生きていれば誰かと意見が食い違って口論になったり喧嘩になったりすることもあると思います。
しかし、暑いというたったそれだけで相手に攻撃的な態度を取ってしまったとしたら、これはもう最悪過ぎて取り返しがつかないです。

 

夏こそ心を成長させる季節!

逆に考えれば、夏を平然と過ごすことができれば自分の感情に振り回されないでコントロールできているという証です。

「このイライラの本当の原因は何だろう?」

「私は本当は何を望んでいるのだろう?」

イライラしたら、この言葉を思い浮かべる習慣を身につけてみて下さい。
私の場合は「なんだかわからないけど、イライラする!」という意味不明なことが結構多いです。

暑いからイライラしているのか、イライラしているから余計に暑く感じているのか、とにかく、悪循環になってしまうのです。

だからこそ、「なんだかわからない」のであれば暑さが原因の可能性が高いとなんとなくわかってきます。
そうしたら、クールダウンして、どうなるか試してみれば良いのです。

原因と達成したい何かが明確にわかれば自ずと道が見えてきます。
それに慣れてくれば、夏ではなくても、いつでもセルフコントロールできるようになります。

もし、自分ではなく身近な人が暑くてイライラしていたら、もちろんイライラしている人が問題ではあるのですが、被害を最小限にするために、怒りを買わないように意識して下さい。
冷静になった時に「暑いとイライラするよね。対策ってある?」とそれとなく暑さ対策を意識するように促してあげると良いと思います。

夏はイライラさえしなければ、楽しいことはいっぱいあります。
ぜひ、楽しい夏を過ごして下さい!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711