シェフ佐藤の食と自然治癒力PART.50~「痛風発作」

今まで痛風になる人はほとんど男性といわれてきましたが、近年では女性にも増えているようです。 正しい食生活や運動生活習慣を改善していくことで、その痛みもっと早く改善させましょう。
シェフ佐藤の食と自然治癒力PART.50~「痛風発作」

 

風に当たるだけで激痛が走る痛風発作

痛風は、風が当たるだけでも激痛が走るというくらいに足の親指の付け根から足首の関節にかけて赤く腫れて痛み出す病気です。

たいていの場合、1週間から10日ぐらいで治まり、しばらくすると症状はなくなるのですが、以前と同じような食生活を続けていると、半年から1年後にはまた同じ発作が起きてしまうことがあります。

これをくり返しているうちにひざの関節までもが腫れ、発作の間隔は短くなっていきます。

この頃になると、関節の腫れだけでなく、腎臓など内臓の悪化が進み、内臓障害を引き起こす場合があります。

誤った食生活の改善をせずに薬にばかり頼っていると、最悪のシナリオが待っているかもしれません。

99519620

 

食生活を正すことで早い完治が期待されます

これまでは、痛風になる人のほとんどは男性といわれていましたが、近年は女性にも増えています。人間の身体は、新陳代謝によって細胞が常に古いものから新しいものへと入れ替わりますが、この時に尿酸が作られます。

痛風は、動物性食品や化学調味料・食品添加物、アルコール等の過剰摂取によって、尿酸が排出されにくくなり、血液中に増えて関節で結晶化することによって起こる病気です。

痛風に関しては、尿酸が排出されにくいタイプや作り出されやすいタイプまたは両方を持つタイプがあるといわれています。

病院では、プリン体を含む食品はしばらく控えるようにと指導することが多いようですが、それだけでなく、運動不足や喫煙などの生活習慣を改善していくことと、インスタント食品や外食・中食は控える。

ペットボトル飲料や清涼飲料水、発泡酒や雑酒など化学的に作られた飲み物は避けるようにして、海藻類や野菜特に根菜類(大根・人参・ゴボウ・レンコン)中心の食生活に正すことで体内の新陳代謝を活発にし、尿酸を常に体外に排出させることで改善できるはずです。

調理には、油脂や砂糖、みりんを使わないように心がけると早い完治が期待できます。

大根の100時間煮 (1)
【添付写真の説明】
◎大根の100時間煮
無農薬・有機栽培大根を梅干、昆布、自然水と一緒にとろ火で100時間煮た料理です。
梅干と昆布を加えて長時間煮ることで大根に含まれる多糖類が単糖化し、砂糖を使わなくても甘く仕上がります。根菜類には、身体を温める作用があるので、低体温症の人は毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

 

人類を救う自然食研究所のページ
http://chefsato.com/free/organic-centre

《佐藤一弘さんの記事一覧はこちら》