チャクラに対応するスピリチュアルなハワイの島々(後編)

人間のエネルギーセンターといわれる‘チャクラ’と、魂の宿る聖地ハワイの7つの島の関係とは?
チャクラに対応するスピリチュアルなハワイの島々(後編)

【ハワイ諸島とチャクラ】

前回は、ハワイ島、マウイ島、ラナイ島とチャクラについて書かせていただきました。
*チャクラに対応するスピリチュアルなハワイの島々(前編)
今回は、モロカイ島、オアフ島、カウアイ島、ニイハウ島とその島々に対応するチャクラについて書いてみます。

page2image2272

 

【モロカイ島=第4チャクラ】

page3image832

 

オアフ島とマウイ島に挟まれたモロカイ島。
ほとんどが未開発の自然で、東部には深い森、西部には赤土の大地が広がっています。また、島の東部には、フラの発祥地と言われるハラワ渓谷があります。

ここは第4チャクラに対応。胸の中央(ハート)に位置し、色で表すと、島を象徴する色と同じ緑色です。
第4チャクラは、「愛情と調和」を司るチャクラ。

第4チャクラが歪んでいると、自分は愛される価値がないと感じてしまったり、自分本位な愛情を他人に押し付けたりしてしまう傾向があります。

また、自分を認めてくれない人に対しては少々攻撃的になってしまい、許し・無条件の愛・大いなる愛を与えることが難しくなってしまったりもします。

第4チャクラが活性化すると、ハート(物質世界と精神世界の橋渡しをする場所)が多次元に向かって開いていくので、高次元と繋がりやすくなり、人や物や場のエネルギーを言葉よりも心(ハート)で理解するようになります。

その為、あらゆることに対して愛を深く感じられるようになり、人生において、調和の取れた愛と豊かさのエネルギーが循環するようになってきます。

 

【オアフ島=第5チャクラ】

page4image832

 

ハワイ諸島の中で最もポピュラーな島・オアフ島。

ワイキキ周辺を中心に多くのホテルが立ちぶ一大リゾート地で、島の象徴であるダイヤモンドヘッドは、誰でも一度は写真やTVなどで見たことがあるのではないでしょうか。