世界の森羅万象を司る“THE ALL”とは?キバリオンに記された、宇宙の法則を司る源

ザ・キバリオン「引き寄せの法則」の原典PART.3
世界の森羅万象を司る“THE ALL”とは?キバリオンに記された、宇宙の法則を司る源

自然の営みにみられる「力」「意志」「目的」

第3回「ヘルメス思想の中核、THE ALLとは」

私たち人間は、生活のために家を建てたり、電気を作ったり、生産性を上げて米や野菜を作ったり、コミュニケーションのためにインターネットを配備したりしています。
そうした、人間が何か働きかけをしなくとも、常に営み続けられているものがあります。地球や月・太陽、さまざまな星々の動き。そして私たちの住むこの星で続いている自然の営み。
冬の間に降り積もった雪は、春の訪れと共に溶け出し、乾燥地帯の草木や花々を育てます。渡り鳥は毎年決まった日に、決まったルートで次の場所へと移動します。鮭はどんなに遠くまで行こうが、決まった日に生まれた川に戻り産卵を行います。
私たちはこうした自然の営みの中に産まれ、生活をしています。いわゆる「自然界の働き」がずっと続いているということは、そこに何らかの「力」「意志」「目的」があると見る方が自然ではないでしょうか。今回のテーマはここに関係している存在についてです。

<原文・訳>
“That which is the Fundamental Truth -The Substantial Reality- is beyond true naming, but the Wise Men call it THE ALL.”
根本真理―本質的実在とは、真に名付けることは適わないが、
賢者はそれを THE ALL と呼ぶ。

“In its Essence, THE ALL is unknowable.”
その本質において、THE ALL は不可知である。

“The Universe is Mental–held in the Mind of THE ALL.”
宇宙とは心である…THE ALL のマインドで繰り広げられる心なのだ。

“THE ALL creates in its Infinite Mind countless Universes, which exist for aeons of Time — and yet, to THE ALL, the creation, development, decline and death of a million Universes is as the time of the twinkling of an eye.”
THE ALL はその無限なるマインドにおいて永遠たる無数の宇宙を創り出す。しかしながら、THE ALL にとっては、その無数の宇宙の創造、発展、衰退と死はほんの瞬きの間のことにすぎない。

“The infinite Mind of THE ALL is the womb of Universes.”
THE ALL の無限なるマインドは宇宙の子宮である。

THE ALLは、不可知である

THE ALL とは、知性を持った無限のエネルギー体であり、この世界の森羅万象を司ると共に、あらゆるものの中にも、外にも存在しているものです。

その考えは哲学、宗教など、さまざまな分野に影響を与え、語られています。
プラトンの「イデア論」、シャンカラの「不二一元論・梵我一如」、仏教の「色即是空・空即是色」、道教の「道 “TAO”」、ネイティブ・インディアンの「グレートスピリット」、そして「ワンネス」などもすべて THE ALL に通じています。

THE ALL はキバリオンにあるように不可知ですから、それを完全に説明することはできません。言葉を多くするほどに、それは THE ALL と「似て非なるもの」になりかねないからです。

しかし、その存在を認めて人生を生きるのと、無視して生きるのとでは大きな差になるでしょう。
みずがめ座の時代に入り、アセンションの中にいる私たちは、目に映るもの、形あるものにしがみついたり、自然をはじめ、あらゆるものをコントロールする、ことなどに限界を感じ始めています。

宇宙の法則を司る源

この世界とはいったい何なのか?
THE ALL は理解する事は出来なくとも、その存在を認め、感じることはできるはずです。
キバリオンより、「THE ALL」に関しての抜粋をお伝えします。

THE ALL は実在するすべてであり、その外側には何もありません。
THE ALL は無限であり、それを定義したり、制限出来るものは存在しません。
THE ALL は永遠、かつ常在です。
THE ALL は永遠に存在し続け、それを破壊出来るものは1つもありません。
THE ALL は空間においても無限であり、万有です。THE ALLの外に空間は存在しません。
THE ALL は切れ目なく、空間に存在し続けます。それを遮ることも、途絶えさせることも不可能です。
THE ALL は力においても無限であり、その力を制限することも途絶えさせることも出来ません。
THE ALL は他のどんな力にも従わず、その外側に力は存在しません。
THE ALL は不動、不変です。
THE ALL は足す事も引くことも、増やす事も減らすことも、それ以上にも以下にもなりません。
THE ALL はこれからもTHE ALLであり続け、それ以外の何のものにも変わらないのです。

この存在こそが「宇宙の法則を司る源」なのです。
ですからこの理解を深めることで、スムーズに人生に役立てることが可能なのです。

THE ALLを構成するもの

THE ALL はその性質としていくつもの世界を構成していますが、それを大きく分けると以下の3つになります。
・精神(霊)界
・意識界
・物質界

簡単に説明すると、精神界とは人々が「神」と呼んでいる存在や、「天使」達。そして「ブッダ」「キリスト」をはじめ、いわゆる「アセンデッドマスター」が存在する世界です。
意識界とは、物質界の存在が持つ意識(マインド)の世界です。
物質界は、鉱物、木々や草花、動物、そして人間など形あるものの世界です。

THE ALL はすべてですから、この三大界はすべて THE ALL から成っています。違うのは「振動数」だけです。振動数が高いものが霊的な存在を形成し、低い振動のものが物質化されています。
つまり、振動数を上げることができれば、高い存在を感じ、その意志を理解することができます。
宇宙の法則を活用するポイントとして、より高い振動によって構成されている世界を理解することにより、低い振動で作られている物質をいかに手にして行けるのかが分かるのです。

それこそが、前回お伝えしたヘルメスの錬金術、すなわち「人の持つ精神の力を変容させることで、さまざまなものをつくり出せることについて説いたもの」を意味しています。
次回から7つの宇宙の法則の性質と活用法についてお伝えして行きますが、その背景にこの THE ALL の存在があることを覚えておいて下さい。

メタ・シークレット・ユニバーシティー
よしだ ひろちか

 

<information>よしだ ひろちかさんが、「癒しフェア2014 in TOKYO」でセミナーを開催します
有料ワークショップ「成功のためのメタ・シークレット『宇宙の7つの法則』と『キバリオン』の秘密」
日時:8/2(土)16:30~18:00
場所:東京ビッグサイト内セミナールーム
料金:5,000円
>>詳細・お申し込みは癒しフェア2014 in TOKYO公式サイトをご覧ください。