「人生の目的を探して」~人生の目的は物質的職業や目に見えることではない~

みなさま、こんにちは。
京都・スピリチュアル・セラピスト・ミヤノリト∞です。

スピリチュアルの世界に惹かれて、自分の人生は何だろうと真剣に考えはじめ、人生の目的を探し始めた方も多いかと思います。
しかし、「自分の人生の目的は何だろう……?」と思い悩み、
様々なワークショップに通い、未だに見つからない事象に陥っていませんか?

 

【私たちの本来の姿は魂という霊的な存在、これに人生の目的を当てはめる】

ここで、私たちの本来の姿は「何か?」というところに立ち戻る必要があります。
私たちが、現在過ごしているこの次元は物質的世界です。
しかし、私たちは、本来「魂」としての存在です。
それでは、なぜこの物質的世界に生きているのでしょうか?
私たちは、この制限のある物質世界において、悲痛や無情などを味わうとともに、物質的な世界を楽しむために来ています。
制限があるからこそ、様々な悲しみがありますが、その反面感動も味わうことができます。
何でも可能な霊的な世界では、悲しみがない反面、感動も劇的には起こりません。

 

【物質的世界において魂を揺さぶり、魂を磨いている最中】

私たちは、魂を制限のある世界で物質的事象によって揺さぶり、魂を鍛えている最中なのです。
物質的に鍛えられた魂は、さらなる成長が加速し進化します。
魂としての私たちは、「進化」をすることを宇宙の意図により求められているのです。
人生の目的を「魂の目的」として置き換えるのなら、私たちの人生の目的は、物質的な職業であったり功績であったりはしません。

 

【本来の目的である「魂の目的」は霊的に進化すること】

「魂の目的」として「人生の目的」を図るのなら、何かの職業や得意なことはその魂を磨くためのツールということになるのです。
私たちは、自分の魂の特徴を持って、魂の特徴が活かせる職業と場に就く事で「継続」という鍛練作業を行うことができます。
魂の目的は、一朝一夕では成し得ることはできません。
継続して、その中でどうしたらより良いものができるのか?
どうしたらより良い人間関係ができるのか?
工夫を凝らし、新しい創造をし、自分で作り上げることで、その中で自分の中で、今まで気づかなかったことに気づき、「自分の領域を広げていくこと」になるのです。
その領域を広げることこそが、魂の進化であって、魂の目的、そして、人生の目的となるのです。

 

【よく言われている「好きなことをする」とはどういうことか】

「好きなことをする」「ワクワクすることをする」というのは、「継続」を成し得る根底エネルギーなのです。
嫌いなこと、苦手なことはなかなか継続することはできません。
継続することができなかったら、魂を鍛練することはできません。
継続し、想像し、工夫していき、その先にある功績はおまけのようなものです。
偉大なる功績を成し遂げた人は、様々な葛藤とジレンマを起こした道のりが必ずあります。
「もうしたくない」と思うところまで自分を追い詰め、辞めようと何度も思い、それでも自分にはそれをするしかないと思い直し、またその世界に飛び込む。
「それでも、それが好きか……?」を何度も自分に問い正しながら継続するのです。

 

【ただ好きだからしているということが、純粋な魂の状態】

しかし、何度も問いただしている状況では、自分とそのものはまだ一体となっていません。
何も疑問に思わず「ただ好きだからしている。」
という有り様こそが、純真な魂の状態なのかもしれませんね。

 

《宮徳戸 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/miyanorito/?c=32803