寝ている間に、家族も自分も幸運体質になる方法とは〜運を良くする開運行動、してますか?

運を良くする開運行動、してますか? 
新月・満月の瞑想や願い事を紙に書くことやお財布フリフリとか、吉方位に行ってお水取りをするとか、部屋の財位に開運グッズを置くとか、やっていますか? 神社に行って神社浴をするとかね。

そうして幸運体質になるとすべてがうまくいく、という時を体験してきているかもしれませんね。

幸運体質の人は生まれつき幸運なのでしょうか。
それとも努力の結果として幸運体質になったのでしょうか。
気になるところです。

 

「幸運」や「幸せ」に気づく感性

はた目からみて「幸せな人だな」と思える人、いますよね。
けれども、その人が本当に幸せかどうかはわからない面があります。
食べたいときに食べたいものを食べている人。

それは、幸せは幸せでしょうね。
寝たいときに眠れる人も幸せです。
でも、本人が「ダイエット中なのに……」「また、怠けてしまった……」と思っていたら幸せは感じないでしょう。

幸せは、「幸せだな~」と気づくから幸せなんです。
だから、快晴の日に洗濯物を干すことだけで、お風呂にゆっくり浸かるだけで、一休みにコーヒーを飲むだけで幸せを感じることができます。
心ほどける瞬間に気づいて大切にできる人は幸運体質といえます。

文句や不満が多く、いつもブツブツ愚痴を垂らしていたり、表情が暗いと幸運体質からはどんどんかけ離れていきます。

ゑびす顔は幸運体質そのものなんですね。

 

運貯金ができる人

目に見えない世界では「感謝」が対価になります。
例えば神頼みして神様がお働きになり、願いがかなったとします。
神様への対価は「感謝」しかありませんよね。

お金は神社など神様の依り代を維持するために必要だとしても神様その方には意味を成しません。
いかに多くの人に感謝されるかが神様の喜びにつながっているとみられます。
多くの感謝が集まる神社は、人が手を加えてよく整えられています。

これは人と同じです。
「感謝」される人には多くの人が集まりますし、お金も集まります。
「感謝」される企業は繁栄します。

運はどうやら「感謝」を人が運んでくるようです。
「感謝」の貯金がたくさんたまっている人は幸運体質です。

 

家族が不幸体質の場合、どうする?

こんな風に人に「ありがとう」と言ってもらえる言葉、行動を積極的に行うことはわりと簡単ですよね。
自分で気を付ければいいのですから。

困るのは、家族です。
不満や文句が多い家族がいる場合、喧嘩のもとにもなりやすいしどうしたらいいのでしょうね。

家族になるにはいろいろな意味があります。
過去に犯した罪滅ぼし、カルマの刈り取りということもあれば、自分自身が一皮むけるためのジャンピングボードである場合もあります。
自分の命運により、そういう相手を引き寄せていることもあれば、住んでいる家の家相により引き寄せられている場合もあるんです。

ですから、同じように努力したからといって同じような結果になるとは限らず、一人一人理由も成果も異なるわけです。
「なぜ自分がこんな目に?」と思ったときに各種占いなどに頼りたくなるのは、不幸の原因を知りたいからでしょう。
「自分の不幸は家族のせいだ」と思っている場合は自分の努力を前提にしないので、精神的にかなりつらいです。

ではどうすればよいのでしょうか。
逃げ道はないのでしょうか。

 

家を幸運体質に変えるということ

誰しも、自分自身を幸せにする義務があります。
「自分が不幸なのは自分に原因がある」「不幸を愛している」からであり、誰かのせいにはできないんです。
そして自分が幸せになるには、もちろん周りにいる家族にも幸せでいてもらわなければなりませんが、家族を巻き込んで開運行動をできるでしょうか? 神社にお参りに一緒に行くことぐらいは可能でしょうね。

でも文句の多い家族とはいっしょに出かけたくないかもしれませんし、嫌がる家族の首に縄をつけても、骨折り損ということしばしばです。
ならどうするか。

「家族が住む家をまるごと幸運体質に変える」ことです。

家が幸運体質になるとは?
家を、すべてのものが健康にすがすがしく能力を伸ばせる弥社(いやしろ)にするということです。

 

《Takako さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/isonomiya/?c=146261