2016年11月20日 ボブ・フィックス フルフィルメント瞑想ワークショップ 東京

ボブさんから「今は地上に天国がある時代」とお話があったのですが、この世界最高峰のコラボレーションで誘われる瞑想はまさに地上に天国があることを実感するに十分な体験でした。

横浜石川町でエネルギーワークとボディーワークを組み合わせた『クリアリング鍼灸マッサージ』をさせて頂いているホリスティックケア・プアマナのサマンサです。

エルアウラ主催のボブ・フィックス フルフィルメント瞑想ワークショップを体験して参りました!

 

東京会場11/19開催のテーマは「音楽とコラボレーションでソウルレベルを上げる」

ワタクシ約20年前に真言宗の阿字観に通って以来、想い出したようにしか瞑想してこなかった不真面目メディテーターでした。
が、瞑想の凄さと効果を思い知ってしまった本日からは、真面目に瞑想を続けます。
義務感などこれっぽっちもなく、ただただもう続けたくて仕方がありません。

ボブ・フィックス氏といえば瞑想界のカリスマ。
そのボブ氏と一緒に瞑想できるというだけで十分ワクワクなのですが、本日のワークショップは想像をはるかに超えたにコーフンの内容だったのです。

実は、当日ボブさんから「今は地上に天国がある時代」とお話があったのですが、この世界最高峰のコラボレーションで誘われる瞑想はまさに地上に天国があることを実感するに十分な体験でした。

なんと!!! ボブさんのチャントに組み合わされたのは、TEDにも出演した世界屈指のディジリドゥ奏者SMILYさんの演奏。
SMILYさんをご存じない方にもこのコラボの贅沢さをご理解いただくために簡単にご説明いたします。
33歳という若さのSMILYさんはアボリジニの神聖な儀式に使用される楽器であるディジリドゥとヒューマンビートボックスを組み合わせた無二の日本人奏者です。

我々は伝統的な和楽器とピアノ、あるいはボカロとのコラボを既に耳にしたことがあります。
けれども、私にはどうしてもピアノは笙や篳篥の伴奏であり、琴や鼓はボカロの伴奏、そこにはあくまで主役と引き立て役の関係があるように感じられました。

ところが、SMILYさんの演奏はディジリドゥもビートボックスもミキサーも、各々の音が互いをサポートしながら全体が一つのものとしてのバランスと調和を保っています。

 

今回のワークショップでボブさんは、何度もこれからの世界で大切なのはバランス、調和、サポート、協力、だとおっしゃいました。

そのためにハートと繋がり、自分をクリアにし、それによって身近な家族やコミュニティ、世界までをも照らす瞑想をすることが大切なのだ、と。

SMILYさんがたった一人で奏でるオーケストラのような演奏は、ボブさんのその言葉と、それが達成された先にあるワンネスをそのまま具現化しているかのようでした。

既にワンネスを生きているボブさんのマントラチャンティング、そしてSMILYさんのディジリドゥが相まったエネルギーを感じながら瞑想する贅沢さと幸せを、想像して頂くことができたでしょうか?

瞑想は、ハイアーセルフや宇宙と繋がるという漠然としたイメージのために、我々はしばしば肉体を離れてより高いどこかに上ろうとしてしまいがちです。
けれども高次の存在も宇宙の「ソース」も、実は自分の内側にあり、ボブ・フィックス氏のフルフィルメント瞑想ではそれを宇宙の大元「空」につながると言い、東洋医学では人体は小宇宙という言葉で表しています。

ボブさん曰く「遺伝子に刻まれた太古の記憶を呼び起こす」ディジリドゥの音色は圧倒的なグラウンディング促進力で聞く人たちを「どこかにある高い場所ではなく」、しっかりとマザーアースにグラウンディングさせてくれました。

そして、思考や意味を超えたところにあるマントラの響きは、今、地上には既に高次のエネルギーが物質的なエネルギーと同時に我々の日常に存在しているということをはっきりと知覚させてくれたのです。

会場にいた私たちは、
今、地上にはもう天国があり
我々の細胞には太古からの記憶が刻まれていて、
物質である肉体を持ちながら高次のエネルギーとも、
大元(ソース)とも一瞬たりとも分離することはなくワンネスであり、
まとまった人数の人々が一度にハートを開いた時、
どんなことが起こるのか

そんな、目にも見えず説明することが最も困難な事柄を瞑想という体験を通してはっきりと目撃したのでした。

次回は、ボブさんがシェアして下さった、今という変容の時代を生きる日本人である私たち一人一人が知っておきたいとっておきの知恵をお伝えしたいと思います。

 

ブログ 今いる場所で違う風景を見よう! http://ameblo.jp/lotofago/

SHOP HOLISTICCARE PUAMANAエネルギーをご自身の未来を創るためツールとしてご活用下さい
http://holisticpuamana.shop-pro.jp/

 

《鍼灸師puamanaさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/shinkyuushipuamana%EF%BC%89/?c=17768