「仕事に行きたくない!」さて、どうする? ~行くべきか行かざるべきか~

サザエさん症候群?

『サザエさん症候群』というコトバがあります。
サザエさんといえば知らない人はいないくらい有名な国民的なアニメです。

サザエさんの熱狂的なファンというわけではなくても、気がつくと毎週サザエさんを観ているという人も多いのではないでしょうか。

サザエさんは基本的に明るく楽しいアニメです。
悲しいエピソードはまずありません。
本来ならば楽しい気分になれるアニメなのですが……。

しかし何故かエンディングテーマが流れ出すと、条件反射的にだんだんユウウツな気分になってしまうのです。
そして「あ~……。明日は会社かぁ。行きたくないなぁ……」と思ってしまうのです。

もちろんサザエさんが、そういう流れに誘導しているわけではありません。
歌に問題があるわけでもありません。

家庭にもよるかもしれませんが、もしかしたらサザエさんを見ながら夕飯を食べている人も多いのかなと思います。
もしそうだとすると、サザエさんを観ている時間帯というのは言うなれば『最後の晩餐』。
後は少しのんびりして、お風呂に入って、眠るだけ。
もう、特に残された楽しみもありません。
起きたら、いつものように会社に行かなければならない。
そんなふうに思えて来ても不思議ではありません。

その気持ちは私もわからなくはありません。
でも、最近は不規則シフトの方も多いので、シフトに振り回されて『サザエさん症候群』どころではないという人も増えて来ているかもしれませんね。

ただ『サザエさん症候群』は、考え方によってはまだマシなのかなという気もします。
だって月曜からまた仕事をしなければならないというストレスが襲って来るだけですから。
とりあえず月曜さえ乗り切れば、楽しくはないとしてもなんとか金曜の夜まで持ちこたえることができるかもしれません。

もしこれが週末だけでなく毎日「会社に行きたくない……」「仕事に行くのがつらい……」という状態になってしまったら大変です。

 

仕事に行きたくない理由?

よくよく考えてみればサザエさんを見ようとなんだろうと、仕事が大好きな人だったらユウウツな気分どころか、ワクワクして来るのではないかと思います。
不満があるとしても、せいぜい「早起き苦手なんだよなー……」とか「職場が遠いんだよなー……」という程度ではないでしょうか。
それはそれで私にとっては重要な問題ですけどね。

そこで『サザエさんシンドローム』かどうかはさておき、もしも仕事に行きたくないとユウウツになるとしたら、その原因を軽視してはいけません。

人はそもそも怠けものなので(私だけ?←わらうところ)、なんとなくメンドクサイと思っているだけなら、そんなに苦しくはならないですよね。

考えられるのは「仕事がキツイ!」「職場の人間関係に耐えられない!」「パワハラ!(社内イジメ)」「倫理観や善悪の価値基準が違い過ぎる!」「望んだ仕事をさせてもらえない!」「仕事が自分と合ってない(向いてない)!」「残業が多すぎる!」etc…といった感じでしょうか。

原因を探したって意味がないと思うかもしれませんが、毎日、悶々としたり苦しんだりするより、自分の中で何が「会社に行きたくない!」と思わせているのかを明確にした方がスッキリします。
問題が解決するかどうかも大事ですが、その前に、自分で自分を理解することが大事なのです。

もし、自分の中で会社に行きたくないと思える理由が明確になって、それが改善されたらどうでしょう。
そうしたら「会社に行くのもそう悪くないかな……」って思えますか。
それとも「やっぱり行きたくない……」と思うでしょうか。

後者の場合は、もしかしたら会社とは別のところで大きな問題やストレスを抱えているかもしれませんね。
たとえば家族関係や恋愛関係、体力、体調、病気etc…。

だとしたら思いきって上司に相談して、そちらの問題を先に解決するという選択肢も出てくるかもしれません。

自分を会社から遠ざけたがる原因を探り出して、対処できるなら対処した方が良いです。
ただ、問題なのは対処不能な場合です。

会社と価値観が合わないなどでしたら、もう、どうにもなりません。
会社を変えようとするよりも、自分を変えるか転職するしかないのです。

会社は入社してみないことには、どんなにネットで情報を集めたところで真実は見えてきません。
会社がブラックかどうかも問題ですが、会社との相性はもっと大事です。

なので会社に対する問題点(会社に行きたくない理由)が浮き彫りになってきたら、それを会社のせいにする前に「私はどうしたいのか?」を自問自答してみると良いと思います。

「よくよく考えたら、そんなに悪い会社じゃないな……」と思えば、若干のストレスはあるにしても許容範囲だと思うので受け入れてしまうというのも現実的には有効だと思います。

自問自答しているうちに、自分の人生における価値観などもどんどん見えてくると思いますので、そうしたら、それを徹底的に突き詰めて、自分自身とじっくり向かいあってみると良いと思います。
自力でそれができそうにない場合は、カウンセラーやセラピスト、占い師などの力を借りても良いと思います。

自己理解が深まってくると、自分と会社の関係性もよりリアルに見えてくるようになります。
そうしたら、会社との関係も良い意味でも、悪い意味でも変わってくると思います。
後は、自分の心の声に従えば良いのです。

ちなみに「会社を辞める=根性無し」「会社に長く勤める=偉い」みたいな風潮がありますが、厳密にはその考え方は間違っています。
人それぞれ会社に対する受け止め方は違って良いのです。
人生のステージによって同じ環境でも見え方は違ってくるのです。
もっと細かいことを言えば「皆勤=立派」でもないのです。
だって、その人にとってもっと重要なモノがあれば、そちらを優先しない方が問題だからです。
後悔しますから。
それも人それぞれなのです。

なので、自分自身が見えてきたら会社との関わり方を考えてみると良いのです。
「私は今の会社と今後、どういうふうに関わりたいのか?」です。

必ずしも思い通りになるとは限りませんが、耐えるだけの人生よりも、その都度軌道修正して構わないと私は思うのです。

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711