未来から今を切り開け! 魂を覚醒させる2019年【再建】の新しい自分の創り方

今まで創り上げてきた自分を土台に、新しい自分を創る【再建】。

《来たる2019年は【再建】から始まる。重要メッセージが今、宇宙から降りてきた!》
https://www.el-aura.com/ito-tomomi20181122/

その2019年がもうすぐやってきます。

これまでの【変革】エネルギーと新しい【再建】エネルギーが混在する、年末年始のちょうど今の時期。

新しい自分の創り方を予習しておくには、ピッタリの時です。

タイミングよろしく、上様からのメッセージも筆者の相方に降りてきました。

あなたが、弥勒の世である魂の望む本当の人生を実現していきたいと望まれるのなら、しっかりと心に入れていただきたいと思います。

 

己れを信じる強い意志が必要! いざ、弥勒の世へ

『「変わる」覚悟を決断とし、生き方を支える強き信念とせよ。

過去の刻(とき)の在り方に捉われるな。

我と、現れようとする新しい時代に、己の信念と照らし合わせるのだ。

その視点で納得できる落とし所を探し、今を開き、新しい自分を再建する礎としていけ。

可能性を拡げよ、今までよりも更に拡く。

己を取り巻く目の前の場を見据えよ、目指す場所は変わらぬ。

一見遠回りに見えるかもしれぬが、未知なる存在への敬意と覚悟で切り開いたその道は、目指した先へと続いている。

道は1つではない。

我と繋ぐ己の歩む道が、己を育む全てが、己を強くし、己を弥勒の世へと導いていく。』

ふむ。
これまで以上に、自分を信じる強い意志が必要になってくるようですね。

日本人にありがちな、周りに左右される自分のない状態では、これからの再建は難しそうです。

ではこのメッセージがどんな意味であるのかを読み解きつつ、どのように自分を創っていけば良いのか、見てまいりましょう。

 

メッセージが意味する、過去に捉われないこれからの在り方

『過去の刻(とき)の在り方』とは、あなたが創り上げてきた過去の思考や価値観、動き方です。

まずは土台を強固なものにするにあたり、過去の自分を目をそらさず見ては、受け入れていかなければなりません。
見たくない陰の部分は、特にです。

周りに「いい顔」をしながら、自分のやっていることがすべて正しいと無意識に思い、動き方を変えられないなら、要注意。
今すぐ過去を見倒して、土台創りを急いでください。

それができた上(←ここ重要です)で、『過去の刻(とき)の在り方に捉われない』このメッセージが有効になってきます。

あなたの中の古い思考や価値観で動くのではなく、正しい神様が望んでいる未来に合った思考や価値観を持ち、動くようにしていくのです。

囚われない、ではなく、捉われない。

これは「束縛されない、こだわらない」を意味しています。

最初は今までの自分ではない動き方なので、違和感を感じるかもしれません。
しかしその違和感は慣れ親しんだ潜在意識からの抵抗ですので、思いきって変えていくことが大切です。

そうすることで新しいあなたの可能性がグッと広がり、神様と通じている眠る魂の力が覚醒していきます。

またその道は1つではないと、上様はおっしゃっています。

もしかしたら、あなたの頭が望まない道を通るかもしれませんが、行き着く先は目指す弥勒の世であることに変わりはありません。
正しい神様が望む未来がここにあると信じ、ただ、進んでいけば良いだけです。

 

正しい神様の望む、弥勒の世を実現していく【再建】

正しい神様が望む未来。

このコラムを読んでくださっているあなたなら、もうおわかりでしょう。

それぞれの魂がそれぞれのお役目を果たし、その良きエネルギー循環が行われている、愛と調和と悦びの、弥勒の世です。

今は、この世の大きな転換期。

自分がないまま生きる、魂を縛りつける悪神様支配の夜の時代から、皆が手を取り合う、正しい神様御守護の昼の時代を創っていくのです。

ここから数年後、今以上に自分のしたいことを実現している、魂を覚醒させた人間である重要性を実感する世がやってくるでしょう。

『神様が望むあなたの夢や希望』を意識し、叶えられるからこそ心に浮かぶものを、丁寧に育ててあげていってください。
学びと、導いてくれる人の存在も大切にしながら。

それが魂を覚醒させる【再建】、2019年の新しいあなたの創り方です。

 

お初歓迎! 魂の勉強会 東京真楽
https://wp.me/p4nW5I-2Q2 

限定枠! 東京出張セッション
https://wp.me/p4nW5I-2Qe 

 

《慈敬(じきょう)(俗名:伊藤友美)さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ito-tomomi/?c=115131