来たる2019年は【再建】から始まる。重要メッセージが今、宇宙から降りてきた!

他者評価により構築された「理想の自分像」を手放し、自らの光を解き放つべし者のみが、弥勒の世からの祝福の印(しるし)を受け取る。

その祝福の印(しるし)を受け取った者のみ、西の地に出現した変革の扉の向こうの変革エネルギーに出会い、変革が現実となる。

【統合と順応、そして変革へ】

これは今年2018年の流れでした。

特に下半期に出現した変革エネルギーに出会えた人は、それまでとは大きく変わった自分を実感できたのではないでしょうか。

 

2019年の上半期の流れ【再建】

この時期になると、来年1年間のメッセージが筆者のツインソウルの相方に降りてきます。
しかし今年は、上半期のメッセージのみ。
それだけ上半期のエネルギーを現実にしていくことが、かなり重要だと思われます。

その重要なエネルギーは、今まで創り上げてきた自分を土台にした上に新しい自分を創る、【再建】です。

土台となる自分は、家に例えるなら基礎の部分、木に例えるなら根にあたります。
上に建つ(見えている)ものがどれだけ大きく立派なものでも、基礎や根がしっかりしていなければ、すぐに崩れてしまいます。
つまり今まで、どれだけ揺るぎない自分軸を創ってきたかということにかかっています。

揺るぎない自分軸とは。

「誰に何を言われようとも、されようとも、心底信ずる不動の魂の自分」

覚えているかぎりの現世。
思い出している過去世。
嬉しいことだけでなく、悲しく辛いこともあったでしょう。
そんな長い時間の中で、ひとつひとつすくい上げてきた真実の自分。
この2018年にきて、やっとそれらの自分が揺るぎないものとして、ひとつになった。

ひとつになった自分こそが、不動の魂の自分です。

もしあなたがその自分を今、確かに感じられるのであれば、心置きなく新しい自分を【再建】していってください。

もうその流れは来ていると、あなたもわかっているはずです。

 

新しい世界の自分を創り上げていくために、覚醒を!

前述のように、新しい自分を【再建】していくには、不動の魂の土台が必要です。
この土台の上にどのように新しい自分を【再建】していくのか。

最速の方法は、『魂の覚醒』です。

魂の覚醒を実現するには、今までとは違う考え方を取り入れる「柔軟さ」と「勇気」が、その流れを上手く取り込むヒントになります。

人は得てして古い価値観や行動に囚われ動かなくなりますが、今後はその囚われが命取りになりかねません。
なぜならあなたが思っている以上に宇宙の流れは速く、いつ置いてけぼりになってもおかしくない状況だからです。

また、速く流れる時間をコントロールできるよう、隙間時間を活用して動く必要性も出てきています。
そのためには、日々のスケジュールを立てること。
体の都合上、動き続けるのは難しいですが、オンオフの切り替えを上手に使って、隙間時間を活用していくことをオススメします。

上様からは、このようなお達しがきています。

『3次元は、有の再生困難な時代に突入する。
古きもの、目先のもの、目に見えるものだけに執着する波動の低い意識で有限なものを奪い合っては、再建できない状態を作る。
今まで通用されし3次元のやり方では、エネルギーが足りず、八方塞がりになろう。

未来のスケジュールを秒単位で立て、動く勢いで、今やるべきことを考えよ。

新しき結果を出していけ。
結果に正解、不正解はない。

それが魂の覚醒となる。』

秒単位はさすがに無茶ぶり(笑)ですので、それほどのほほんとしている時間はない、と思って動いてくだされば結構です。

 

上様の慈悲……土台を創り上げる最後のチャンス

ところでまだ「不動の魂の自分」を創り上げていない人は、とにかく今までの自分を振り返り、受け入れる作業をこなしてください。

自分の土台を創り上げるこの作業、《自分の中にある陰と陽の心を統合する》は、ある程度時間を要します。

実際、2016年の【動】から2017年の【分離・共生】を経て、2018年の【統合・順応・変革】は、まさにその時期でした。
この3年で土台を創り上げきれてこなかった人には、最後のチャンスが来ていると思ってください。

日本では2019年4月30日に天皇陛下が退位され、元号が変わります。
そんな2019年は、魂が本来望む人生へと、自分を再建する新たな創造の年。

『なすべきことをせよ。

動きの速度に合わせ、機が進む。
歩みを進めたものに、機を示す。

地と天の流れを取り込み、己の光の先を見据え、己を築け。
自身が見えぬものは、光を指す者と進むことで徐々に照らされるだろう。』

もしかしたら……
2020年がひとつの区切りとなるかもしれません。

12/8 魂の勉強会 東京真楽
https://wp.me/p4nW5I-2Mt

12/8~10 東京出張セッション
https://wp.me/p4nW5I-2MM

 

《慈敬(じきょう)(俗名:伊藤友美)さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/ito-tomomi/?c=115131