「最後の審判は、今です」 シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.65

< この3次元での輪廻転生こそが、『最後の審判』で、最後のチャンスです >

「最後の審判って、遠い未来の出来事ではなくて、今です。この3次元での輪廻転生こそが、『最後の審判』で、最後のチャンスです」と、ノンモさん。

この審判の3次元が終わると魂は、何万にも、何億にも分かれている、いずれかの層のひとつに向かうのだそうです。
その層には、それぞれの魂が一番心地良さを感じる、同じ心を持っている世界の人たちのがいるとのこと。

夢から覚めたくないと思った、素晴らしい夢を見たことはありますか? その夢の世界が、その層の中では永遠に続くのだそうですよ~。

「けれど、人を欺いて搾取して、ちやほやされる世界が心地良い人にとっては、穏やかで平凡な世界は居心地が悪く感じられるように、それぞれの魂が感じる。心地良さは違うんです。なので、その層は、何万にも、何億にも、魂の心地良さの数だけ分かれています」

また、あの世には時間がないので、前世も、今世も、未来世もが、同時に起きていることで、そのすべてが、最後の審判なのです。

 

< 審判されるのは、行いではなくて、心です >

本当は誰かを憎んでいるのに、宗教の教えや、世間体を気にして、その人に優しくしなくちゃ、誰も傷つけないようにしないと……なんてやっている人に対して、

「ケッ! うさんくさい!」と、ポコプンたち神は思っています。

ポコプンたち神が見てるのは、たとえば子供や犬が救助された場面などをYoutubeで、1人っきりで見た時に生まれる感情です。
そこで『良かったね~』と、感動したり、涙を流せるなら合格です。
たとえ多くの人に憎まれている殺人犯でも、同じ救助の動画を1人きりの時に見て、つい心が震えて涙がポロッと流れたら、それは合格となります。

みんなに平等に優しくして、気配りができて、ボランティア活動もしていて、友達がたくさんいたとしても、1人きりの時に先ほどのYoutubeを見て、何とも思わないどころか、『な~んだ、救われちゃったか。子供も犬も死ねば面白かったのに』などと思ったなら、不合格です。

こういう「1人の時」の感情を、ポコプンたち神と、自分の魂は見ているのです。

 

< すべての魂が層に振り分けられた後に、さらに、地球はA(光)とB(闇)へ振り分けされます >

ただ今、地球はA(光)とB(闇)に分かれている過程ですが、この地球はこの審判後にある3次元上にあるそうで、3次元がなくなった後に、すべての魂が層に振り分けられた後に、さらに、地球はA(光)とB(闇)へ振り分けされます。

「最後の審判は行いを審判されると考えられているようですが、審判されるのは、行いではなくて、心です。例えば、殺人という行為よりも、その犯罪者の、殺してしまった人や家族に対する心からの後悔や、申し訳ない気持ちがあればA(光)に行きます」

自分が居心地の良さを感じる人や環境を、もっと経験して、自分にとっての最高の層に向かいたいです。

 

ポコプンの最新情報と、ポコプンから伝授された癒守結セッションについてはコチラをご覧ください→ブログ『癒守(いす)の地球』:isearth.blog.fc2.com
「八多恵子」のフェイスブック:facebook.com/eko8ta

 

《八多恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%B3&submit=