数万人の鑑定で視えてきた濱口善幸氏の 「ココロが教えてくれる幸せ」vol.47〜高いから良い? 安いから悪い?

皆さんこんにちは! タロット占い師の濱口善幸です。

①物の価値
②世間が決める値段
③結論

 

①物の価値

皆さん物を買うときって安いから買うとか高いから良いものだ! と色んな思いを持ちながら買い物をされると思います。

スーパーの安売りの時間帯などで買い物をすると、ついつい多く買ってしまうのもあると思います。

安くて買ったものが本当に欲しいものであれば、それでも人はそのものを大切にします。

けれど、安いからという理由だけで買うと人はそれを大切にすることを忘れてしまいがちです。

冷蔵庫に半額のシールが貼ってある賞味期限切れの食品がありませんか?

こう聞かれると肩を落とした方もいるかもしれませんね。

僕の親もそうでした。そして僕自身もわらび餅の賞味期限が短すぎて一回食べるタイミングを逃すと失敗してしまうこともありました。

やはり捨ててしまうことになるのは凄く勿体無いですし、何より作って下さった方たちに申し訳ない気持ちになります。

(photo by hamaguchi yoshiyuki)

 

②世間が決める値段

さて、本題の物の価値についてなのですが「価値は世間が決める」と言われているのですが僕も正解かなと思っております。

お店の人がどれだけ高い値段をつけていても世間の評価が低いと、どんどんと値段が下がってしまいます。

アパレルの商品などはシーズン物が存在し更に毎年新たなデザイン、柄などがあり流行り廃りが生まれてしまいます。

けれど、世間の評価が高く、安い値段で販売していても、プレミア価格になり値段が2倍にも3倍にもなっている商品があります。またそれに流行り廃りも関係なくずっとプレミア価格の商品なども存在しております。

(photo by hamaguchi yoshiyuki)

 

③結論

世間が決めた高い商品にはやはり価値はあると思います。
安いからダメという考えは違うとも思います。
安くても良いものはいっぱいあります。
その価値をしっかり見出していける人になることが大切なことなんだと僕は感じております。
でも、それだけでは何か一つ足りませんよね?

とても大切なことがあります。

自分が欲しいと思う気持ちです。

他人の評価を気にした物なんて価値はありません。

すぐに手放すか無くしてしまいます。

スピリチュアル的にも無くなった物は最初から必要の無いものだったり身代わりになってくれる物だと言われています。

必要になったら戻ってくることもあります。

心が欲しい物は小さい頃から変わらなくて見てるだけでも触ってるだけでも幸せな気持ちにさせてくれます。

あなただけの特別なものを思い出して探してみるのも心の為になるので見つけてあげて下さいね。

 

《濱口善幸 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/hamaguchi_yoshiyuki/?c=99657

 

(Top/photo by hamaguchi yoshiyuki)