鍵は人が持っている〜今年は今までの価値観が崩れ去る年〜ひとつひとつの出会いを大切に

鍵

鍵は人が持っている

魂の憧れを生きることをサポートしているスピリチュアルティーチャー美月結です。

2020年が始まって、
あっという間に一ヶ月が立ちましたが
いかがお過ごしですか?

今年はどなたにとっても
飛躍のチャンスがある年であり
また今後10年を決める年でもあるので
ハートを開いて
ハートの声に従って
歩みを進めてくださいね。

さてさて、わたしたちは誰しも
魂の課題とかテーマ、あるいは
この世界で達成すべきコト(使命)をもって
生まれてきます。

それらを成し遂げたいという気持ちは
気づいていてもいなても
私たち皆の中にあります。

そして私たちは多くの場合
自分の力でそれを見つけて、
成し遂げようとするのですが
実は私たちが自分の魂の意図に気づき
それを生きていくための鍵は実は他者が持っています。

それが何であれ
ひとりで解決できるのであれば
ひとりで生まれて
ひとりで生きて
ひとりで死んでいけばいいわけですが

そうなっていない、ということは
あなたの課題やテーマや使命が達成されるためには
必ず他者の介在(手助け)が必要、ということですね。

私たちが今生で体験する人間関係は全て
そのためにあります。

それがどんなに嫌いな相手でも
あなたをあなたの道、
あなたの魂の神聖な夢や憧れへと導いてくれるために
あなたの人生に現れるのです。

あなたの周りの方たちを
そういう目で見てみたら
世界はきっと違った景色を見せるでしょう。

自分の中に答えがある、というのは
宇宙の真実ですが

同時にその答えに辿り着くための鍵は
自分以外の誰かが持っている
ということです。

今までは
ひとりで何でもできるのが偉い、
人に頼ってはいけない、
みたいな価値観がありましたが
それは本当にそうなのでしょうか?
そもそも
それは本当に「できている」のでしょうか?

改めて問う必要がありそうですね。

鍵

 

今年は今までの価値観が崩れ去る年でもあります。

私たちの枠や制限を外すためには必要な変化ですが
まず「自分の人生の鍵は実は他者が持っている」
というところから始めてみるのもよいですね。

当たり前すぎて意識してないかもしれませんが
私たちの人生には絶対に他者が必要なのですし

癒しや目覚め、霊性の成長には
自分以外の人の力を借りることが必要なのです。

人によっては
そういうことは恥ずかしいとか
負けた気がして
嫌だとか
感じる方もいらっしゃるかもしれませんが
結局、全てが自分なのだから、
(つまり他者も自分だから)
いいのではないでしょうか?

そしてこれは「逆もまた真なり」で
あなたもまた他の誰かの鍵を持っている
ということです。

ここが以外と盲点で
多くの方は自分の影響力に気付いていません。
というか自分に影響力があるとは
夢にも思っていない(笑)。

確かにタレントさんとか有名人に比べたら
私たち普通の人々の影響力って
大したことなさそうですが

でもあなたが出会う人達には
必ずあなたは何らかの影響を与えています。
自分では気づいていなくても。
そういう意図をしていなくても。

鍵

なぜかというと
あなたは鍵を持っているから。

そしてお互いに振動し合っているから。

タレントさんとか有名人さんとの違いは
単純に数が違うだけ。
影響力がないわけではありません。

ちなみに宇宙から見たら
100万人に影響を与えている人も
私たち一般人も同じ「光」として見えるようです。

あなたはどんな影響を与える人になりたいですか?
どんな人として覚えていてもらいたいですか?

自分には多かれ少なかれ影響力がある、という前提に立つと
自分の在り方や佇まい、振る舞いも変わりそうですよね。
つまり人生が変わる。

どう影響されるかは最終的には相手が決めることですが
私たちは「自分がどうあるか」を自分で決めることができます。

自分が誰かの大切な鍵を持っているかもしれない。
また逆にこの人は私のどんな鍵を持っているのだろう。

そんな風に考えてみると
古くから日本に伝わる「おかげさま」「ありがとう」の意味も
見えてきそうです。

人間関係もより意味を持ってきますよね。

ひとつひとつの出会いを大切に
たくさんの扉を開けながら楽しんで生きましょう。

スピリチュアルティーチャー美月結でした。

 

美月結公式ブログ 5次元学校 https://ameblo.jp/golden-drops

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250