並木良和さん・目醒める人は今が正念場! 8月は大きな分岐点

並木さん

目醒めを目指している皆様、こんにちは。

大切な時期を迎えている今、いかがお過ごしでしょうか?

春分を過ぎて、世界が大きく変革していることを、肌で感じているのではないでしょうか。

 

2020年8月末に大幅に閉じるゲート

今、目を醒ますの? 眠るのか? どちらかを選択する時を人類みんなが迎えています。

※過去のインタビュー記事より引用

並木さん

2020年の3月20日、春分には宇宙の大きく開いていたゲートが閉じ始めるんですね。
春分に閉じ始めて、2020年の8月いっぱいで、かなり閉まることになります。
ですが、まだ少し隙間が残っています。この残りの部分も閉まるときがくるんです。
それが2021年の12月の21日冬至です。その時にはパタン! と全部閉まることになります。
そうするともう乗り換えが効かなくなるんです。【目を醒ましていくのか、眠り続けるのか】

※引用ここまで

並木さん

 

8月末までにしておく大切なこと

並木さんが以前お話されていた、8月末までにしておくと良いポイントをご紹介します。

●重いものを手放していく

どんなやり方でも構わないので、自分の中の恐れや不安、罪悪感など、一般的にネガティブと言われる感情をどんどん手放していくこと。

そして、新しい生き方に切り替えるために、過去を全て捨てる勢いで手放していくこと。

●許すこと

許せない人、許せない出来事、許せない自分の部分などを許すこと

●向かいたい先を明確にする

この先、どんな生き方をしたいのか、どんな人と付き合いたいのか、明確にすること

いま、とてもエネルギーが強いため、重い周波数、感情が炙り出されています。

なんだかわからないけど、落ち着かない、スッキリしないという方も多いのではないでしょうか?

まさに今が正念場です!

今まで学んできた全てを使い、ブレずに目醒めの波に乗っていきましょう。

 

8月9日並木良和さんのWSが開催されます。
8月9日【癒しフェア博多】並木良和九州初! 『目覚めるか・目覚めないか — 今こそ「統合」の波に乗る』

https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=2948

WS内容

【統合に間に合うために、今からすぐにできること】
・統合の概念の復習
・2021冬至までのタイムテーブル
・コロナが終焉しない今の状態とは?
・9月22日秋分までに私たちができること
①なりたい自分、自分の望みをハッキリとさせるために出来ること
②いらないものを手放すためのワーク
③自己責任を放棄しない、自分本来の力を取り戻すワーク
・皆で統合のワーク
(なお、プログラムは当日変更することがございます)

 

並木さん

『並木良和さんプロフィール』
スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299