マーティン・ジョーンズ プライベートマスタークラス1回目レポート

マーティンジョーンズ

イギリス在住のミディアム、サイキック、ヒーラーのマーティン・ジョーンズさんから受ける6回のマンツーマンクラス

イギリス在住のミディアム、サイキック、ヒーラーのマーティン・ジョーンズさん。
今回彼のプライベートマスタークラスを受講することにした私Keikoが、6回にわたってレポートをお届けします。

プライベートマスタークラスは、マーティンさんから直々に指導を受けることが出来る6回1セットのマンツーマンのクラスです(通訳付きでスカイプを使用して行われます)。

今回私がこのクラスを受けようと思ったきっかけは、私はサイキックリーディングやチャネリングが好きで、もっと学びたい、成長したいという気持ちが強くなったからでした。

1回目のクラスが始まると、まずはマーティンさんから既にどのくらい知識や経験があるか、また、特にどの分野を学びたいかを尋ねられました。

 

マーティンさんのリーディング

マーティンジョーンズ

私は「サイキック、チャネリング、ヒーリング、ミディアムシップ、全て経験がある。仕事にもしている。今回私が特に鍛えたい学びは、サイキックとチャネリングである」と伝えました。

それからマーティンさんのリーディングが始まります。

マーティン「君は既に素晴らしいサイキックで、霊界との繋がりもしっかり出来ている。
君は凄く感受性が豊かで、共感能力が高い。人の過去やこれからの予測を、とても正確にリーディングすることが出来るだろう。

同時に君はハートに少し壁のようなものがあり、自分に厳しすぎる、批判的であるという感じがするよ。」

いまの私のサイキックアビリティー(能力)やエネルギーの状態、それは元をたどると私の子供時代、育った環境に大きな原因があるそうです。

 

子供時代の環境が私に与えた影響

マーティン「君は感受性がとても鋭く、人のことがよくわかる。しかしそれ故に、ハートに壁をつくってしまった感じがある。子供の頃は、家族に馴染めない子供だったんじゃないかな。

その結果、君はとても自立心が強くなったんだ。ご両親との関係が薄かったり、家庭環境の影響で……寂しさや、孤独、違和感をいつも覚えていたんじゃないかな。

しかしこの環境によって、君は人間について深く考えるようになったんだ」

「君は孤独を感じていたかも知れないけど、こういう子供時代にいたから、君のサイキックアビリティーは育ったとも言える。そして君はそれを使って人助けをしているんだ。

僕は君のそのハートの壁を取り除き、自分がハッピーであることを許可することが出来るようになるよう、協力することが出来ると思う。
そうすることで、君のサイキック能力は更に豊かになるだろう。」

思い当たるところがありすぎて、ガーン!という感じでした(笑)

マーティンさんによると、私は自分が思っているよりはクレアボヤンス(霊視)能力もあるそうで、開花できるようにお手伝いすることもできる、との事でした。

それ以外にも、私が訊いた「聞こえてくるメッセージが、ハイアーセルフからなのか、自分の考えなのか、霊界からのものなのか、どうやって見分けているか」という質問にも答えてくださいました。

マーティンジョーンズ

 

瞑想とヒーリング

マーティン「どんなに優れたサイキックでも、自分のことをリーディングするのは難しいだろう!? それは自分に対しては色々なフィルターやエゴがあるからなんだ。自分のエネルギーを感じる瞑想をすることで、他者のエネルギーももっとわかるようになるよ」

とのことで、自分を感じる瞑想+後半は私の子供時代にヒーリングの光を送る瞑想を行いました。

1回目はこんな感じでした。
これからどんな内容になっていくのか!? 今からワクワクしています!

ホームページBlossom
https://www.blossomcareroom.com

 

《中村 恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/healingbeauty/?c=159999