宇宙法則~無双原理12の定理からVol.12~ フード(風土)ヒーリングで身体・心・魂を健やかにする

脳の方の循環が悪くなると、怒りが出て来てヒステリー、イライラ、疳の虫、ムカついたり、キレたり、いじめの問題も出てきます。 腹が立つとか言いますが、怒ってばかりいますと、腸内細菌の悪玉菌が増えて善玉菌が減り、便秘になります。
宇宙法則~無双原理12の定理からVol.12~ フード(風土)ヒーリングで身体・心・魂を健やかにする

~春に肝臓・胆嚢・自律神経を整えよう~

2月の土用が明けて、立春から少しずつ、季節は春へのエネルギーへと移行しています。
それを良く感じるのが、柑橘類の出盛り期です。

次々にオレンジ色のミカンが名前を変えて伊予かん、デコポン、八朔などが出て来て、日本は、海に囲まれた魚を食べる民族なので、魚の毒消しに柑橘類が豊富にあります。

それともう一つ、チョコレートですね。
こんな記事「バレンタインチョコレート! どうしてこの時期チョコレート」を書かせていただきましたよ。

 

~こんな症状ありませんか?~

朝にスクッと起きれますか? 春は、朝と関連がありますよ。
目がお疲れではありませんか?
酸っぱいものが欲しくありませんか?
少しの事でイライラ怒りたくなりませんか?
春風は、冷たくて強いですけど嫌いではありませんか?
爪の異常や生理のトラブル、筋肉障害はありませんか?

これらは、全て五行で言う所の肝臓・胆嚢系のエネルギーの流れになりますから、イエスが多ければ、肝臓・胆嚢が弱っているという事になります。

 

~肝経が弱ると?~

春は、生命の息吹が目覚めてくる時期です。
今まで眠っていた動・植物たちも、目覚めて動き出したり、新芽が顔をのぞかせてきたり、成長発展の季節ですね。
初々しい爽やかな感じです。

冬の間に、眠っていて淀んでいたり、動かさないでいた筋肉や神経、細胞達が、元気に動き出すために、緩めたり、浄化したり、動かしたりというエネルギーが起こります。

陰陽五行で言う肝経では、「木」に当たり、大地の水(養分)を吸い取り、葉を茂らす水脈エネルギーが「自律神経」に当たります。

自律神経は、自分の意志で動いているわけでは無く、寝ている時も、無意識の時も、24時間休み無く、きちんと活動して私たちの身体を健康に、生きさせようと、努力してくれています。
それはそれは涙ぐましい努力です。

ですから、春の土用中に自律神経を正しておくことが、大切になります。

 

~肝経を整えるためには?~

春の強く、冷たい「風」にやられて、インフルなど風邪になりやすく、五月病という鬱症状になります。
また滞っているモノが流れると脳梗塞、心筋梗塞、痛風、けいれん、こむらがえり等になって運動障害が起こるのも、肝臓は筋肉の運動を支配しているからです。

また、扇風機や冷房などの機械的な冷風で体調を崩すのも肝経の弱りからですから、出来るだけ自然の林の中の風を受けてマイナスイオンを浴びて元気になりましょう。

「風」の流れを良くする環境を作ることも良い事です。
きれいに整理整頓された部屋は気持ちが良く、落ち着きます。
モノに執着せず、流せるといいですね。

断捨離も季節的にしやすいので、冬の衣替えと同時に悩んでいた物事も整理しましょう。
そうすると不思議に食欲が落ち着いて暴飲暴食が減るのです。

全ては連動しあい、協力しあっているので、五感の目から入る情報が乱雑な部屋を見て、風の通りが悪くなり、食欲を増すのでしょうね。
異常な食欲があるなと思ったら怒りが出てるか部屋が汚いかが多いようですよ。

こうしてみると、春になり、冬の間にため込んだ老廃物を流すために、いろんな症状が出てくることが解りました。
春を気持ちよく過ごすには、冬の間の飲食を謹んで老廃物を最小限にすることと、生理整頓、運動なども大事ですね。

 

~肝経と感情の関係とは?~

では心の方はどうでしょうか。
肝臓で怒りが出てくることは先ほど言いましたが、勇気は胆嚢に宿るので胆嚢の強い人は、大胆で決断力があり、弱い人は優柔不断の傾向があります。

では、自律神経が弱っている見方は?
そして対処法は?

まばたきが、1分間に3回くらいが平均な健康度です。
それ以上なら、弱りがあるという事です。
頻繁にまばたきをする人は、肝経が弱っていますよという事になります。
そして肝臓・胆嚢の弱りは、ご馳走を食べ過ぎて疲れていますよ、という事なのです。

ご馳走と言われるおかずは、ほとんどが美味しいものですが、血液を酸性にして汚し老廃物が多くなります。
血液が汚れると循環が悪くなり、淀んでしまい、自律神経まで乱れてしまうので、季節の緑黄色野菜・野草類の青い色は、「平和な心」を育てて、血液を浄化してくれます。

ホウレンソウ・小松菜・春菊・大根葉・人参葉・パセリ・セロリ・ニラ・ブロッコリー、そして春のご馳走となるヨモギ・蕗・筍・タラの芽・ノビル・ツクシ・スギナ・アカザ・タンポポ等も身体の浄化に役立ちます。

野草は食べ過ぎると下痢をしたり肩が凝ったり、体内の毒素がたくさん出てくるので食べ過ぎに気をつけましょう。