ヒーリングリゾート・バリ熱帯の夜 伝統舞踊を満喫しながらインドネシア料理を楽しもう!

「そろそろ行きたいな」そう思えたときは疲れているのか、癒しを求めてるのか、それとも今の自分を見つめたいのか……、一度自分に問いかけてみるのもいいかもしれませんね。
ヒーリングリゾート・バリ熱帯の夜 伝統舞踊を満喫しながらインドネシア料理を楽しもう!

こんにちは! セラピストのM.machikoです。

 

6月の末に世界のパワースポットの一つであるバリ島に行ってきました。

バリの魅力の一つである伝統芸能は、料理とともにホテルのディナーショーで楽しむのがおすすめですが、国際的にも知られた歌舞伎団が毎晩公演するウブドに出かけてみるのもいいですね。

今回は、バリ島 リゾートホテル 『アヤナリゾート&スパ バリ』の敷地内にある『リンバ ジンバラン バリ by アヤナ』で美味しいインドネシア料理と、バリの伝統舞踊 「ケチャダンス」を堪能してきました。
訪れたのは、シアターレストラン『カンポン バリ』。

こちらがシアターレストラン『カンポリ バリ』の入り口です。 バリっぽい雰囲気が出ていますね。

こちらがシアターレストラン『カンポリ バリ』の入り口です。
バリっぽい雰囲気が出ていますね。

 

会場の入り口では、バリの女性が郷土菓子を作っています。 今夜のビュッフェに並ぶそうです。

会場の入り口では、バリの女性が郷土菓子を作っています。
今夜のビュッフェに並ぶそうです。

 

会場内には町に出かけたようなクラフトマーケットが並んでます。 木彫りのキーホルダーや動物マグネット、小物入れなどの雑貨、アクセサリーや絵も販売しています。 さて、一通り回ったら、いよいよケチャダンスのはじまりです。

会場内には町に出かけたようなクラフトマーケットが並んでます。
木彫りのキーホルダーや動物マグネット、小物入れなどの雑貨、アクセサリーや絵も販売しています。
さて、一通り回ったら、いよいよケチャダンスのはじまりです。

 

(カンポリバリ・ケチャダンス動画)

 

上半身裸の男性が大勢輪になって「チャッチャッ」とか「チョッチョッ」と猿の鳴き声のような声を出し、両手を上げて、クルクルさせながら合唱する踊りはユニークであり、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
途中から猿の王様や聖獣バロンなど次々とキャラクターが登場し、その姿が印象的でついつい見入ってしまいます。
女性のバリダンスの踊り手は、指先までしなやかで、きらびやかな衣装は日本の琉球舞踊のようです。

ディナーは料理がズラっと並ぶキッチン棟で好きな料理を選ぶことができます。
いろんな料理をたくさん少しずつ味わうことができるビュッフェスタイルは嬉しいですよね。

甘酸っぱくて少し噛み応えのある食感。 お肉料理やスパイスの効いたインドネシア料理のお供にフルーツの酢漬けはおすすめです。 マンゴーやラズベリー、サラック(スネークフルーツ)など種類が豊富です。

甘酸っぱくて少し噛み応えのある食感。
お肉料理やスパイスの効いたインドネシア料理のお供にフルーツの酢漬けはおすすめです。
マンゴーやラズベリー、サラック(スネークフルーツ)など種類が豊富です。

 

バリのご馳走といえば、バビグリン(ミニ豚の丸焼き)です。 一般の家庭料理でもお祝い事があると豚を一頭焼いて食べるそうです。

バリのご馳走といえば、バビグリン(ミニ豚の丸焼き)です。
一般の家庭料理でもお祝い事があると豚を一頭焼いて食べるそうです。

 

インドネシアでは炭火焼きのエビやチキン、ラムなどを串焼きにして食べるサテが名物。 日本だと焼き鳥に近い感じです。 インドネシアでは道端などで売っており、現地の方はどこが美味しいか知っているほどサテのお店が多いんですね。

インドネシアでは炭火焼きのエビやチキン、ラムなどを串焼きにして食べるサテが名物。
日本だと焼き鳥に近い感じです。
インドネシアでは道端などで売っており、現地の方はどこが美味しいか知っているほどサテのお店が多いんですね。

 

米粉を使ったチップスもあります。 シンプルなものから豆やスパイスが入ったものなどがあり、酒のつまみやおやつに食べるそうですが、揚げ物なので食べ過ぎには気をつけましょう。

米粉を使ったチップスもあります。
シンプルなものから豆やスパイスが入ったものなどがあり、酒のつまみやおやつに食べるそうですが、揚げ物なので食べ過ぎには気をつけましょう。

 

米粉を使ったチップスもあります。 シンプルなものから豆やスパイスが入ったものなどがあり、酒のつまみやおやつに食べるそうですが、揚げ物なので食べ過ぎには気をつけましょう。

デザートにはバリの郷土菓子を!  最初に登場したバリの女性が作っていたやつですね。 ココナッツがついたお団子のような感じです。 もち米や芋類、果物などを原料としたお菓子はもちもちしていて見た目はシ ンプルですがとても甘いです。 甘いお菓子が多いのは、暑い国ならではですね。 このほか、ココナッツミルクの中に黒米を使ったライスプティングが入った ブブール・インジンや、果物や砕いた氷、ココナッツの果肉が入ったエス・ブアなどバリに来たら是非試したいスィーツもありますよ。

 

カンポリバリでのディナーショーは、毎週月・水・金曜日のみ。 それ以外でインドネシア料理を食べたい場合は、ホテルのレストランやカフェ へGO!

カンポリバリでのディナーショーは、毎週月・水・金曜日のみ。
それ以外でインドネシア料理を食べたい場合は、ホテルのレストランやカフェへGO!

 

ゆっくりと涼しいカフェでおしゃべりを楽しみたいなら、『オーキッド』のアフタヌーンティーがおすすめです! サンドイッチやスコーン、クッキーなど馴染みのある食事と一緒に郷土菓子を楽しめます。 独特な緑色はパンダンという葉っぱの色だそうです。

ゆっくりと涼しいカフェでおしゃべりを楽しみたいなら、『オーキッド』のアフタヌーンティーがおすすめです!
サンドイッチやスコーン、クッキーなど馴染みのある食事と一緒に郷土菓子を楽しめます。
独特な緑色はパンダンという葉っぱの色だそうです。

 

バリ島は島全体がパワースポットとして有名ですが、セドナやハワイなども海と山があり自然豊かでエネルギー溢れる場所は世界中にたくさんありますよね。

そして、そういった場所に訪れる人たちの多くには、「開運、癒し、浄化、運気」などの願いが各々込められていたりもします。
そこに行けば、誰でも癒され幸せになれる、価値観が変わると言われるから世の多くの人たちは何度も訪れます。
素敵な場所に行けば、感動し心が躍るけれど、しばらくそこを離れるとそのパワーは持続されないですよね。

それは、なぜでしょう?
「そろそろ行きたいな」そう思えたときは疲れているのか、癒しを求めてるのか、それとも今の自分を見つめたいのか……、一度自分に問いかけてみるのもいいかもしれませんね。
バリ島 リゾートホテル『リンバ ジンバラン バリ by アヤナ』
http://rimbajimbaran.com/jp

 

《M.machiko(エム マチコ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/m-machiko/?c=93787