先生! トイレに行っても良いですか? ~親子で考える!「それってタブーなの?」とは?~

相談できる人がいない。 そんなふうに思える事があると思います。
先生! トイレに行っても良いですか? ~親子で考える!「それってタブーなの?」とは?~

先生! トイレに行っても良いですか?

誰でも一度は経験があると思います。授業中にトイレに行きたくなった事。
と、言いながらよくよく考えると僕自身、あまりその辺りの記憶は残っていません。

たぶん、何度かはあったと思うのですが。
何故か思い出せません。

面白いエピソードでもあればお話ししたいのに。
あなたは、授業中にトイレに行きたくなった時のエピソード、何かあったりしますか?

 

暗黙のルールってルールなの?

授業中にどうしてもおしっこがしたくなった。
これって、微笑ましく笑い話みたいですが、よくよく考えるとものすごく重要な問題ですよね。

だって、トイレを我慢するというのは身体に不必要な負荷をかけているわけです。
心身にとってプラスの影響はまったくありません。むしろ、悪影響です。

そんなこと、幼稚園児だって本能的に理解していると思います。
では、なぜ授業中にトイレに行ったら行けない気がするのでしょうか。
入学説明会か何かで「トイレは授業前に済ませておくように」と指示された記憶も特にありません。

たぶん、暗黙ルールがあるのだと思います。

でも真剣に考えれば考えるほど、海外ドラマの定番文句みたいに「わかるだろ?」と言われても首を傾げたくなります。
そして、さらに「え? わからないんだけど……説明してくれます?」と聞いてはいけない気すらしてきます。

この問題が超重要である事はわかるけれど、何故授業中にトイレに行ってはいけないという暗黙のルールがあるのか説明を求めるのはダメな気がするというのは非常におかしい気がしませんか。

だって暗黙ルールというのは厳密にはルールではありません。
もしかすると、集団的な思い込みの可能性だってあるのです。

この記事の読者の方は知的な方が多いので釈迦に説法ではありますが、思い込みというのは本当に巨大なパワーを秘めています。この思い込みのパワーは人生をガラリと変えてしまうほどの影響力を持っています。

気にならない、あるいは疑問すら持っていないのであれば別ですが、疑問に思っていて重要度が高いと感じているのに、実は単なる思い込みでしたという結論だったら、恐ろしいですよね。

sh197958566

 

授業中にトイレに行ってはいけないと思われる理由?

授業中にトイレに行って良いかどうかを先生に聞きづらい理由を一緒に考えてみましょう。

まず、本能的な問題です。個人差はあると思いますが、人って生理的な話をしたがらないと言う事です。尿意に限った事ではなく、汗や体臭についても、個人的に誰かに話す事はあっても、自分の事を大勢の前で切り出そうとは思いません。

先生が授業をしているのに、突然、割って入るテーマにしては、少々気が引けてしまうかもしれません。トイレに行ってはいけないかどうか以前に、自分から切り出すには恥ずかしいという問題ですね。

蛇足ですが、子供って下ネタが大好きです。女子は基本的にトイレが個室なので違いますが、男子は用途によって場所が異なるので、何の用をしているかが一目瞭然です。

なので、授業中ではないにしても大きい方をするのが誰かに見られると、「う○こ」というあだ名をつけられるというリスクもあります。あだ名をつけられなくても「××のう○こ、臭ぇよ!」と茶化されたりするパターンも考えられます。

これは必ずしも悪意があるわけではありません。誰かを陥れようとか、悪評を流してやろうと思っているわけでもありません。単に、ネタとして面白いのです。子供特有の残酷さというものがあるのです。

そういう背景があると、先生がどうとか、授業がどうとかではなく、トイレの話は極力したくないと思ってしまうかもしれません。

親のしつけがなっていないから、そう言う残酷な事をするのだとか、そういう問題ではないのです。ただ、一般的に成長と共に、そういう発言が人を傷つける事だと理解して分別が身について来ます。

だから、その手の子供がいたら「そう言う事を言うと人は傷つくものだよ」と、きちんと教えてあげれば良いと思います。大人になっても、そういう感覚が理解できていない人がいたら流石に問題ですのでカウンセラーやセラピストに相談してみてください。

次に、トイレトレーニングの延長としてという理由です。トイレトレーニングというと赤ちゃんのイメージがありますが、大人もある程度、尿意などはコントロール出来た方が良いです。いつでも何処でもトイレに行けるわけではないので、ある程度コントロールできるようになった方が良いという思いもあるのではないかと思います。