魂のアセンション~地球のシフトは人間の”進化の過程”の一環~

地球も私達と同じように”魂”を持つ生命体です。一般的には”母なる地球”と呼ばれていますが、本来地球には性別が存在していません。ただ、コンスタントに生命を育む、という意味で母性の象徴として太古からそう呼ばれてきたというわけなのです。
魂のアセンション~地球のシフトは人間の”進化の過程”の一環~

魂の世界では、過去→現在→未来の直線的時間の流れが存在しないかわりに、全ての瞬間が“今”に集結している世界となります。また、時間の経過が存在しないので、全ての情報にアクセスする事が可能となります。

例えばピアノを弾けるようになりたいと思えば、即座にその知識へアクセスして自分のものとする事が出来るようになりますし、スキットが出来るようになりたいと思えば、それが即座に可能となります。それは丁度映画マトリックスのワンシーンのように、必要な情報だけをダウンロードして自分の能力へと追加する事が出来る仕組みと非常に良く似ています。

魂の世界では新しい“知識”を理解して習得する変わりに、知識を取り入れたいか、入れたく無いか、といった選択技が貴方に与えられます。詰まり、貴方は時間をかけて“無かった知識を育ててゆく”のではなく、ネットにアクセスして望む情報をダウンロードするように、“全て”の情報を好きな時に好きなだけアクセス出来る波動域に存在しているという事が言えるのです。

アクセス

 

では、こんなに居心地の良い場所から、
何故私達はわざわざ物質界へ降り立つのでしょうか?

物質界は魂の世界と違って時間の経過がしっかりと設定されています。即ち、時間を表す波動をぐーんと引っ張って長ーく伸ばした状態が、私達の住む3次元密度の世界となります。ぐーんと引っ張って長く伸ばした時間は、その分波動が遅くなるので時間の経過も遅くなります。時間の経過が遅いので、ネガティブ/ポジティブのコントラストがくっきりと見て取る事が出来るようになり、自分の好みの”プロファイル”を見つめ直す、非常に良いキッカケを持つ事が出来るというわけなのです。

また、地球の歴史上初の地球全体の次元シフトを体験する私達は、“目覚め”の時代を生きています。この時代を選んできた私達の多くはスターシードと言われています。スターシードとは、いわゆる高次元の波動を受信し、周りに拡散させて地球の浄化を促進させる人達を指しています。彼等の個人的な人生の目的は様々ですが、一般的な全体目的は、地球の波動を上昇させ、シフトをスムーズに行う事を目的としています。

アート

 

地球のシフトとは一体どういった事なのでしょうか?

地球も私達と同じように“魂”を持つ生命体です。一般的には“母なる地球”と呼ばれていますが、本来地球には性別が存在していません。ただ、コンスタントに生命を育む、という意味で母性の象徴として太古からそう呼ばれてきたというわけなのです。

地球は星の寿命で言うと、まだまだ若い惑星です。2012年の12月を期にマヤカレンダーが終盤を迎え、2013年から新しい時代へと移り変わっている私達は、やっと“大人時代”へと突入してゆきます。地球の波動はどんどん優しく穏やかな波動に落ち着くようになり、現在ある地震や火山、天候不順等が徐々に治まってくるようになります。

また現在、意識の覚醒スピードがどんどん早まっていますが、このスピードは徐々にピークを迎え、大体次ぎの世代頃からスピードが落ち着いてくるようになるでしょう。その頃までに私達の意識は考えられない程大きく成長し、2012年以前の地球の歴史を“古い歴史”として、新たに記されてゆくようになります。

地球のシフトは自然なサイクルです。回転する銀河のサイクルによって母なる地球は過去に何度となくポールシフトを体験し、波動調整が行われています。また、その上に住む生命体である私達もまた地球のサイクルを乗り越え、今に至っているのです。

サイクル

 

魂の世界にとってのシフトは一体どういった事なのでしょうか?

魂の世界の住人は、例え体を失っていても地球との繋がりを無くしてしまったわけではありません。それよりも、生前と同じように、またはそれ以上に物質界との関わりを持ち続けたいと熱望する魂が殆なのです。

彼等はガイドやヒーラーとしてのトレーニングを受け、地上に住む人達の為に活動を続けたり、シフトの準備をしたりと、地上に住む私達と“共に”働き活動を続けています。

シフトは人間の“進化の過程”の一環です。即ち、魂の世界にも大きな影響と反映が施され、それはとても大きなイベントとなるのです。

進化

前回の記事はコチラ:
崇拝する対象 〜自分を崇拝する事と自分以外を崇拝する事〜