道具がなくてもOK! ミョンウォルさん考案、人間関係を良くする万能ツール「誕名学」とは……

興味を持たれた方は、論より証拠、まずは実際に自分で身につけてみて下さい。人間関係、そして自分自身の人生ががらっとかわるスキルを手に入れたことが実感出来るはずです。
道具がなくてもOK! ミョンウォルさん考案、人間関係を良くする万能ツール「誕名学」とは……

学校や会社、家庭など、私たちは生きていく上で人間同士のつきあい、すなわち「人間関係」から逃れることは出来ません。

そのために、私たちが抱える悩みの多くは、その「原因を人間関係に見いだす」ことができます。

「あの人の気持ちがわかったら……」「あの人ってどんなことが好きなんだろう?」誰もが、一度は「人の心が読めたら……」と思ったことがあるのではないでしょうか? 実は、特殊な能力がなくても、どんな人でも、他人がどのようなことを考えているのか、その性格傾向を知るための手段があります、それこそが「誕命学」

人間関係の悩みを解消するための、強力なアイテムとなる誕命学とはどのようなものなのか、様々な角度から紹介したいと思います。

 

【誕名学はどのように人間関係をひもとくのか?】

膨大な占いの知識とこれまでの鑑定経験からミョンウォルさんが独自に編み出して体系化したのが「誕名学」です。

誕生日と名前という要素からは、知られている通り古来から東西の占星術や姓名判断があり、その人の運命や本質を探ることができます。

「誕名学」とは、これらの誕生日と名前を数字に現し、数字が持つ意味を総合的にとらえ、そこにオリジナルな観点を加えたものであり、「どんな人か」「OKワード・NGワード」「適性や相性」などの情報をひもとくツールになり、多くの方の悩みの種である人間関係にも役立つものになります。

この「誕名学」はセミナー形式で、具体的なノウハウを学ぶことができます。
慣れてしまえば紙もペンも必要ありません。
習得すれば、ビジネスの相手が(この人は物事を論理立てて考える人だ)とわかれば、その人に合わせた伝え方をすることでコミュニケーションがぐんとスムーズになります。

上司や部下、取引先、もちろん家族や友人にも応用でき、コミュニケーションのストレスを減らすことができます。まさに一生ものの知恵になるといえるでしょう。

【参考リンク:http://www.el-aura.com/myonwol0516/

c061bd0d1fa30207f25d9a3cfef798eb-570x428

 

【誕命学を生み出したミョンウォルさんってどんな人?】

生まれは韓国の巫女家系。幼い頃から霊能力者やヒーラーなどのサイキック能力の高い人々に囲まれて育ちます。しかし、当たり前のように思っていたその能力は、誰もが持っているものではないことにやがて気づくのです。

人の本心や表に出ない真実の姿を鋭敏に感じ取ってしまうために、それに気づかないまわりの人々に誤解され、苦しんだ日もあったとか。
しかしさまざまな軋轢から自らを守る術を備え、さらなる能力を開花させて、運命に導かれるように自然とその力を活かす方向へ導かれます。

それから20年、6万件以上もの鑑定で向き合ってきたのは、出会いのタイミングから結婚、不倫などの恋愛の悩みから、仕事、家庭、人間関係、生き方や自分の使命まで実にさまざま。
電話鑑定、対面セッションやセミナーなど、あらゆるアプローチで多くの人の思いに寄り添ってきました。

そしてミョンウォルさんは多くの女性たちに「きれいになりなさい」と常に語りかけます。
真の美しさとはバランスが取れていることも重要です。
心と身体、そして内側と外側はつながっており、どちらからのアプローチでも悩みを解消し、美と幸せにあふれた境地にいざなわれるのです。

ミョンウォルさんの的確なアドバイスは、多くの女性たちに真の幸せを開く鍵を与えてくれます。

【参考リンク:http://www.el-aura.com/myonwol0516/

 

【誕命学って、こんなことまでわかっちゃうの?】

先生の話によると、数字には全て意味があって、「1〜9」までの要素がひと一人の中に誰にでもあり、どの数字の要素が色濃く顕れているか否かなのだそうです。
例えば、数字の「8」を持っている方は、「なんで!」「どうして!」「おかしくない!?」という言葉が多く聞かれます。それは、「8」を持っている方は、完璧を求めているから。
自分の言葉に自信があり、相手との意見が自分と合わないとこの口癖が出るそうです。
そして、【8】はきちんとしているために、どれもこれもちゃんとしようとするあまり、どれもこれもバタバタしてしまいがち。いつもバタバタ感が抜けないそうです。

この数字の算出方法は、生年月日と名前を数字に表して、その数字からその性格を割り出していきます。