冬なのに花粉症⁉︎
~その症状、風邪じゃないかもしれません!~

くしゃみや鼻水、鼻づまりは花粉症でも、風邪でも起こりますからね。 ただし、鼻水が出た後の症状が風邪と花粉症では異なります。
冬なのに花粉症⁉︎<br>~その症状、風邪じゃないかもしれません!~

風邪だと思ったら花粉症だった⁉︎

毎日寒いので、風邪をひかないよう気をつけていると思います。
こんなに寒いのですから、風邪をこじらせてしまったら大事です。

誰だって、高熱でうなされたくありませんからね。
防寒して、温かい食べ物で栄養をつけて、寒さに負けず、風邪にも負けずに過ごしたいものです。
もちろん、体調を崩さないようにするには無理は禁物! 休息も非常に大事です。
冬は年末年始にイベントも多いし、仕事やプライベートなどで忙しくなるので、休息を取りながら万全な体調で楽しんでくださいね。

というわけで、少しでもクシャミや鼻水などといった風邪っぽい症状が出たら、何かしら対策していると思いますが、たまに風邪の症状ではなく、花粉症の症状の場合があります。
花粉症というと、春になるイメージが強いと思いますが、1年中、何かしら花粉は飛んでいるので、体質によっては春以外の時期でも花粉症の症状が出る場合があるのです。

 

冬の花粉症について

冬は他の季節に比べ、花粉の飛ぶ量が少ない方なので、花粉症の方にとっては比較的に過ごしやすい時期かもしれません。
しかし、様々な花粉が微量ではありますが、何かしら飛んでいるのは確かです。

花粉といえば、真っ先に思い浮かぶのがスギかもしれませんが、それ以外にもヒノキやイネ、ブタクサ、ヨモギ、ハンノキなどといった様々な花粉があります。
冬は、どの花粉もピークの季節ではありませんが、時期や地域などによって微量に飛んでいることもありますので、いずれかに反応して花粉症の症状が出るのです。

また、何かしらの花粉が付いたまま衣類や布団、タオルなどをしまい、再び使用するために出した時に付いていた花粉が舞ってしまい、アレルギー症状が出る可能性もあります。
ピークの時期以外でも花粉症の心配があるようでしたら、衣替えの際は洗濯したら外に干さず、
乾燥機などを使用してしまうようにすると良いです。

また、花粉だけでなく、ハウスダストがくしゃみや鼻水、眼の痒みなどといったアレルギー症状の原因の場合があります。
ハウスダストは、日常生活からでるホコリや髪の毛、フケ、ダニの死骸、ペットの毛などです。

188502533

特に空気が乾燥している冬はホコリなどが舞いやすくなるなど、ハウスダストによるアレルギー症状が出やすくなります。
乾燥しないように加湿したり、こまめに掃除したりして、ホコリなどが舞いやすくならないように気をつけて下さい。

また、空気清浄機を使うのもおススメです。最近はアロマも楽しめる仕様になっている空気清浄機もあるので、ティーツリーやユーカリ、ペパーミントなどの花粉症の症状に効果的なアロマを活用しながらハウスダスト対策をするのも良いかもしれませんね。

 

花粉症と風邪の違い

11月から12月にかけて起こる花粉症の症状は風邪の症状とよく似ています。
くしゃみや鼻水、鼻づまりは花粉症でも、風邪でも起こりますからね。
ただし、鼻水が出た後の症状が風邪と花粉症では異なります。

花粉症が原因で鼻水が出た場合、発熱などの症状はなく、あったとしても微熱程度ですが、風邪による発熱は体温がぐんぐん上がっていくのが特徴です。
また、花粉症が原因で出た鼻水は粘着性がなく水っぽいのですが、風邪が原因で出る鼻水は時間が経つにつれ粘着が増して黄色くなっていきます。

 

冬の花粉症対策

346923041

花粉症の症状が現れたら、外出の際にマスクを着用するようにして下さい。
また、花粉症の場合、眼のかゆみもあるので、メガネをかけると症状を軽減することができます。
この点は春の花粉症対策と同じです。
症状が酷い場合は同じように病院で受診して下さい。

急に花粉症の症状が出てくることもあります。
今まで花粉症になったことがなくても、急に症状が出てくることもあります。
冬は風邪の場合もありますので、自己判断が難しかったり、症状が落ち着かなかったりする場合は無理をせず医師にご相談下さい。

 

規則正しい生活で花粉症を防ぐ!

冬の寒さから体調を崩す恐れがありますが、だからといって引きこもってばかりもいられません。
外に出たら寒さや風邪のウィルスも心配ですし、花粉も飛んでいでるかもしれないですが、自分のできる範囲で対策することで、ある程度は防げると思います。

また、外に飛んでいる風邪のウィルスや花粉などといった脅威を心配することも大切ですが、普段から規則正しい生活をおくることも忘れないようにして下さい。
特に女性の場合、冷え症による免疫力の低下で、花粉症や風邪をひきやすくなります。
忙しい時ほど、食生活の乱れや睡眠の乱れがないよう気をつけ、身体を冷やさないよう十分気をつけて下さい。

冬の寒さに負けず、花粉症や風邪にも負けずに楽しい冬を過ごせますように!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711