今が旬! 美味しい落花生を食べて元気に!

落花生と言えば千葉! 国内産の落花生の約7割が千葉県で生産されているのです。 中でも八街市の落花生が有名だそうです。
今が旬! 美味しい落花生を食べて元気に!

秋の味覚といえば!?

少しずつ秋っぽさを感じられるようになってきましたね。まだ暑い時もありますが、朝晩はだいぶ涼しくなって、過ごしやすくなってきました。来月にはハロウィンがあるので、街中でハロウィンの可愛らしい飾りをよく見かけるようになりました。

飾りだけでなく、ハロウィンのカボチャやお化けの可愛らしいパッケージに入ったお菓子やケーキもたくさん見かけるようになりました。季節はもう、『食欲の秋』になってきたのですね。

食欲の秋と言えば、やはり旬のお野菜や果物などが思い浮かびます。 特に芋、栗、カボチャはスイーツには欠かせませんよね。梨や柿、巨峰などといった果物、サンマやイワシなどのお魚も美味しそうですよね。

そんな秋の味覚の中で、ちょっぴり忘れられてしまいがちなのが落花生かもしれません。
落花生って、加工してあるものやお菓子の中に入っているものを食べることがほとんどなので、いつが旬だか分かりづらいかもしれませんよね。今回はそんな落花生について、お話しようと思います。

 

不思議な豆、落花生

落花生はナッツに分類されることから、木になると思われがちですが、土の中に実をつけます。
落花生の学名は「アラキス・ヒポゲア」というのですが、「ヒポゲア」とは地下に実ができるという意味です。普通の豆は花の付け根が膨らんで実になりますが、落花生の場合、花がしぼむと、やがて子房柄(しぼうへい)という細い管を伸ばし、土の中潜り実がなります。文字通り、「花が落ちた場所に実がなる」のです。これが『落花生』の名前の由来なのです。

 

落花生? ピーナッツ?

落花生って色んな呼び名があります。日本語で落花生、英語でピーナツ(PEANUTS)というのは、よく知られていますよね。その他にも、南京豆とか唐人豆とも呼ばれているようです。
南京豆とか唐人豆という呼び名は、中国から伝来したことを示しているそうです。

他にも、殻がついている状態のものは落花生、殻を取り除いて薄皮つきの状態のものは南京豆、薄皮を取りのぞいたものはピーナッツと分類されたり、呼ばれたりすることが多いようです。

423837508

 

落花生は栄養満点!

肥満防止に効果的!
落花生にはコレステロールを抑制する作用がある不飽和脂肪酸(オレイン酸、リノール酸など)が豊富に含まれています。善玉コレステロールは減らさないというのも特徴です。

冷えの改善に効果的!
落花生には血液の流れを良くする作用があるビタミンEやチロキシンが含まれています。末端の血管の隅々まで血流を行き渡らせてくれるので、冷え症の改善に効果的です。

生活習慣病や痴呆症の予防に効果的!
落花生には老化を防ぐビタミンEやお腹の調子を整える食物繊維が豊富に含まれているので、心筋梗塞や動脈硬化などといった生活習慣病の予防に効果的です。また、血管を酸化から守り、血行を良くする作用もあります。脳の活動を活発にする作用もあるので、痴呆症予防にもなります。

心も身体もきれいに!
落花生に含まれている質の高い脂質やビタミン、ミネラル、タンパク質などが、血液の生成を促進する作用があるので、貧血の予防に効果的です。また、ビタミンB₁が豊富に含まれているのでイライラを和らげてくれます。また、ポリフェノールやビタミンEも豊富なので、美肌効果もあります。

二日酔いの予防に効果的!
落花生は二日酔いの原因となる成分を分解してくれるナイアシンが多く含まれています。肝臓への負担を軽減してくれます。また、有害なアンモニアを排出し、利尿作用があるアスパラギン酸も多く含まれています。

393933589

 

落花生を食べる際に気をつけるべきこと

食べ過ぎに注意!
落花生を食べる際、食べ過ぎないように気をつけて下さい。落花生は非常にカロリーが高く、少量で沢山のエネルギーを得ることが出来るからです。落花生のカロリーは、100gあたり、生の未熟豆だと295kcal、乾燥させたものだと562kcalほど含まれています。美味しいからと言って、ついつい食べ過ぎてしまうと、かなりのカロリーを摂取してしまう恐れがあるので、気をつけて下さい。

アレルギーに注意!
落花生は厚生労働省が指定しているアレルゲンのうち、表示義務がある品目の1つに入っています。アレルギー体質の人や、アレルギーの疑いがある人は気をつけて下さい。

 

落花生を楽しい秋を!

旬の今でしたら美味しい生の落花生を手に入れる事ができます。塩茹でした旬の落花生のその美味しさは格別なのだそうです。お米と一緒に炊いて落花生ご飯にしても美味しいそうです。
ぜひ、チャレンジしてみて下さいね!

ちなみに、落花生と言えば千葉! 国内産の落花生の約7割が千葉県で生産されているのです。
中でも八街市の落花生が有名だそうです。生まれも育ちも千葉の私ですが、落花生を通じて千葉の良さを皆さんにより知って頂けたら、とても嬉しいです。ぜひ、美味しい落花生を食べて元気に秋を楽しんでくださいね!

 

《金城そに さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E9%87%91%E5%9F%8E%E3%81%9D%E3%81%AB/?c=6711