2016年は大スピリチュアルブームがやってくるかも……! ~三輪神社からのお告げ~

数年前にスピリチュアルブームがやってきて、すっかり日本にスピリチュアルが定着しましたね。スピリチュアルが定着したということは、さらなるスピリチュアリティーのレベルアップが求められるのです。それが大スピリチュアルブームのきっかけになるのです。
2016年は大スピリチュアルブームがやってくるかも……! ~三輪神社からのお告げ~

スピリチュアルな力に溢れた三輪山から不思議なお告げを頂く

皆さ~ん、お正月はいかがお過ごしでしたか?あるぢは、奈良県桜井市にある三輪神社に初詣に行ってきましたよ。三輪神社は正式には大神神社(おおみわじんじゃ)と言います。伊勢神宮や出雲大社と並ぶ日本有数のパワースポットですね。ご神体は三輪山でスピリチュアルなエネルギーが渦を巻いているところです。

さて、初詣といっても気の早い12月31日の午前中にお参りしましたよ。大晦日とはいえ境内は新年の厳かな雰囲気に包まれ、しかも他の参拝者が少なくて、静かにお参りをすることができました。まるで三輪神社を貸し切って初詣をしたような気分になりましたよ。

さ~そこで、あるぢが三輪神社にお参りしていると、ふと三輪山の方から声が聞こえるので耳を傾けてみました。するとその声は「今年は大スピリチュアルブームがやって来るよ」と言っていました。

「え~そんな~」と思いつつ、家に帰ってPCを立ち上げ、ふとTRINITY Webさんのサイトを見てみると、癒やしフェアでは藤原紀香さんのトークショーがあったり、ジェロニモの子孫のアイアン・イーグル・ジョーさんが日本初の個人セッションをされたり、キース・ビーハン氏が日本で本格的にミディアムを養成されたりなど、著名なスピリチュアルヒーラーの先生方のセミナーが目白押しではないですか。

 

霊性の底上げへの期待感がブームの源流になる

これはもう三輪さんのお告げをどおりになっているではありませんか~。ビックリポンですね~。本当に大スピリチュアルブームがやってきそうな雰囲気がありますね。あるぢは、このお告げを聞いて、数年前のスピリチュアルブームとはちょっと違うものを感じました。

それは、皆さんの中にある霊性(スピリチュアリティー)のさらなる向上や進化への欲求が2016年の大スピリチュアルブームのきっかけとなっているのでは……とあるぢは感じています。つまり、以前のスピリチュアルブームがさらにバージョンアップして、より精神的に成長したスピリチュアルブームになるのではとみています。

178704173

 

スピリチュアルな力の共有が霊性のバージョンアップに繋がりブームの先端に乗れる

以前のスピリチュアルブームでは、前世やオーラそしてスピリチュアルな力を高める方法の伝授やグッズの収集など、個人の霊性向上がメインであったように思います。

で、今年来るスピリチュアルブームは、みんなと互いに切磋琢磨しあうことがメインになると確信しています。互いに切磋琢磨しあうことで、それぞれの霊性を高めるのがポイントになるかもしれません。

例えば、セミナーでは、今まではセミナーの講師先生が生徒さん達にスピリチュアルな力を与えていました。これからは、講師の先生や生徒さん達のスピリチュアルな力が一旦その場で共有されます。そして、各個人の足らない面を補い合い、そして磨き合います。セミナーが終了する頃には、講師の先生や生徒さん達のスピリチュアルな力がセミナー以前よりも相当高まるのです。個人セッションでも同様なことが起りますよ。

そして、何よりも相手を思いやる気持ちが以前よりも増してくると思われます。意識が自分から相手へも広がるのです。個人においては、さらにより心の落着きと安静を探求することに力が注がれることでしょう。瞑想がメインになるかもしれません。

つまり、2016年のスピリチュアルブームは、霊性 (スピリチュアリティー)の底上げとその力の共有でしょう。それは、より深い心の平安を求め、他者との縁を大切にし、互いに切磋琢磨しあう形となって大きなブームの流れになるのではとあるぢはみています。

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

ひぃりんぐ処あるぢや公式ブログ
http://arudiya-sp.doorblog.jp/

あるぢのスピリチュアルなブログ
http://ameblo.jp/arudiya-healingroom/

あるぢの気功整体ブログ
http://arudiya.blog.fc2.com/

ひぃりんぐ処あるぢやフェイスブック
https://www.facebook.com/Arudiya.healingspace

ひぃりんぐ処あるぢやツイッター
https://twitter.com/arudiya

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》

 

(トップ写真:wikipedia)