「人は幸せになるために生れて来ています」 幸せへの選択をしていきましょう!

誰かを待っていてもダメなんだって……。 「私は自分で自分を幸せに出来るんだ」って分かった時、大きな喜びと自分にパワーを感じました。
「人は幸せになるために生れて来ています」 幸せへの選択をしていきましょう!

今回は2回目の記事となります。
お読み頂きましてありがとうございます。

前回の聖母マリア様のメッセージはいかがでしたか?

優しさの中にもしっかりとした明るく強いエネルギーのあるメッセージだったと思います。

このエネルギーを頂きながら描いた絵も、大地のエネルギーに近いパワフルなものになりました。

 

今回は木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)様から幸せになるためのメッセージを頂いております。

メッセージを頂いている時のエネルギーも絵に描きましたので併せてご覧ください。

木花咲耶姫様は古事記に出て来る美しい豊穣の神様です。
私は3年程前に木花様に桜色の美しい羽衣を瞑想の中で頂きました。
その瞑想の事は今でも良く覚えています。

どんどん高く上っていき雲の上の白い世界に着いた時に、とてもにぎやかで楽しそうな声が遠くから聴こえて来ました。

持ち前の好奇心からその楽しげな様子をどうしても見たくなって、私はどんどん近付いて行きました。

そこには何と八百万の神様方が集い、盛大な宴が催されていました。
その様子をこっそり覗き見していたら木花様が私のところに来て下さったのです。

160525988

そして桜色の美しい羽衣を、優しく私の頭にベールの様に掛けて下さいました。

「この羽衣はあなたを守るものです。
そしてこの羽衣をまとうことで優雅に気高くいられるのです。
どうぞいつもこの羽衣をまとい優雅にお過ごし下さい。
そしてこの羽衣はあなたを様々なものから守ってくれるでしょう。」と言われました。

私はその羽衣をまとったままこの地上に戻ってきました。

 

自分を幸せに出来るのは他の誰でもない自分

以前の私は「幸せは誰かが与えてくれるもの」だと思っていました。

「いつか素敵な恋人が現れて、私をこの深い闇から救い出し幸せにしてくれる」って、本気で考えていた頃がありました。
「私はそんな人が現れないから幸せになれないんだわ……」なんて人のせいにしていましたね。

今思うと「とんでもない考えだわ!」って思いますけど……。

その頃はずっとそう思っていて、そんな人を待ち望んでいました。
でもいつまで経ってもそんな人は現れませんでした。

そんなある日、「自分を幸せに出来るのは他の誰でもない自分なんだ」って気づいたんです。

誰かを待っていてもダメなんだって……。

「私は自分で自分を幸せに出来るんだ」って分かった時、大きな喜びと自分にパワーを感じました。

 

生きることって選択の連続

それと同時に、「自分ですべてを決めて良いんだ」って事にも気づいたんです。

生きるって選択の連続ですよね。
朝起きることも、歯を磨くことも、顔を洗うことさえも、自動的にやっているようでも、自分でしっかり選択しています。

「私は選択していませんよ」と言う人も、選択をしないということを選択していますよね。

右の道に行くことも、左の道に行くことも自分で自由に選べるんです。
いいえ、選んで良いんです。

だったら、幸せになることも選んでみましょう。

151660637

 

自分の考えていること、思っていることの最善のことを選択してみませんか?

毎日選択しながら生きているとしたら、自分の望むことを選択してみませんか?

誰かのための人生ではなくて、自分の人生を生きてみましょう!

「やってみたいけど、他の人が変に思うかもしれないから、こちらを選ぶのをやめよう」
「やってみたいけど失敗するかもしれないから、こちらを選ぶのをやめよう」

なんて考える必要はないと思いませんか?

たとえ失敗に見えてもそれは幸せになるためのプロセス。
そこからまた選択していけば良いんです。

私たちは幸せになるために生れて来ています。
そして、それは生れる前に自分で書いたシナリオ通り……。

そのシナリオももちろん幸せになるためのものです。
だったら、今、自分の考えていること、思っていることの最善のことを選択してみませんか?

自分を幸せに出来るのは自分だけなんですから……。

それでは次ページにて、木花咲耶姫様からのあなたへの幸せのメッセージをご覧ください。