運命のパワーストーンは自分で採掘!『自分を待っている石を探しに』PART.2

運命のパワーストーンは自分で採掘!『自分を待っている石を探しに』PART.2

せっかくパワスポにいくのであれば、その土地のエネルギーがたっぷり詰まった石を是非お持ち帰りいただきたいと思います。

「ちょっと本格的な石堀りには自信がないという方」には、観光的に整備された採掘場がお勧めです。自分は以前サウスキャロライナにも数か月いたのですが、そこから北上して4時間ほどのところにあるAshevilleという場所は、リトルスイスと呼ばれており、旅行するだけでも素晴らしい場所なんですが、実はそこにはエメラルドが採掘できるエメラルドビレッジという場所があるんです。ビレッジでは観光客でも気軽に石の採掘が可能で、道具も全て貸してもらえます。自分は1度行っただけですが、意外なことに子供を連れて石堀りを楽しむ家族で溢れかえっていました。夏には子供向け「エメラルド採掘キャンプ」なるものも実施されているとのことでした。

それと整備された採掘場で一番おすすめしたいのは、アーカンソー州のリトルロック。ここには世界的にも透明度が高いことで知られるアーカンソークリスタルが採掘可能な場所がいくつかあるのですが、クリスタルマニアにはたまらない場所です。

特に自分で掘ったクリスタルというのは、古くからシャーマニックパワーが宿るとされ、インディアンたちの間では自分で自分のパワーストーンを求めるという行為はとても大切にされてきたものだったようです。ワグナーという採掘場のご主人に話を伺ったところ、今でも自分で掘ったクリスタルでアクセサリーを作るインディアンは大勢いるのだそうです。「自分のために存在する水晶を自らが見つけ、それを用いてメディスンホイールを作ったり、愛する人を守るためのお守り代わりのジュエリーを作る」という風習が様々な部族の間で伝説として残っているそうですが、そんな話を聞くとますます自分で石を掘りたくなるものです。なんだか考えただけでドキドキです!

日本からは少し行きにくい場所も多いのですが、せっかくアメリカに行くことがあるのであれば、ちょっと変わった視点での旅も是非お勧めです。ロックハンターの使命として?(笑)とびっきりの石が採れる採掘情報は、今後も機会があればご紹介したいと思います。