【注意!】「閉じる家系」を悪用するヒーラー、占い師、カウンセラー等に気をつけて!!

これは、霊能力ごときじゃ解決できないものです。霊能力や祈って何とかなるんなら、とっくに何とかなっているのです。
閉じる家系

2018年に掲載した「閉じる家系」の記事はとても反響が大きく、1年間で150件を超えるご依頼がありました。

閉じる家系 —— 霊障と家系的呪い 〜 病気・苦難・霊障と家系的問題とは
HSP・エンパスと戦士の魂 —— 閉じる家系の巫女・人柱・墓守を何故選ぶのか?
それは今も続いているのですが、最近は他で「閉じる家系だから人生がうまくいかない」と言われ、不安になった方からのご相談ご依頼が増えてきました。
その内容があまりに悪質で、細々と営業している私も耳にするくらいだから、全体ではもっと多いのだろうと予想され、ご注意いただきたいと思い書かせていただきます。

 

「閉じる家系」の間違った解釈

・そもそも閉じる家系じゃない
・病気や事故があると「人柱だから命を取られる」と言われる
・結婚の相談では「巫女だから結婚できない」「結婚してもうまくいかない」と言われる
・不妊症や子どもの不登校、引きこもりを閉じる家系のせいにする

中には単純に理解していない場合もありますが、全く違うのに閉じる家系のせいにして、お札・お祓い・パワーストーン・護符などを買わせる、次のセッション予約、瞑想会やセミナーへの勧誘、ヒーリング等を勧める口実に使っている悪質なケースが多いです。
これらは全て、私からはお勧めしないものばかりです。

閉じる家系

私は話し声の波動から、語られるその人がどんな性質や力を持っているかが判るのですが、そのヒーラー等が全く人様のご相談をお受けする力量も、霊感も無い金銭欲や名誉欲の塊のような人達だというのが判ります。

念のために申し上げると、クライアント様からお聞きした霊能者や僧侶、神主等について「その人は本物だと思います」とお伝えすることもちゃんとあります。
本物は本物だし、偽物だから偽物だと事実を言うだけです。
中には「この波動は知っている人」と思う事もあります。

 

閉じる家系が悪用される危険性

正直、クライアント様がお札やお祓いなどの「自分で努力する必要のない他力本願な方法」を選ぶなら、それはそれで良いと思います。
その人の人生はその人が選ぶものだから、何を選んでも良いのです。
その結果が真正直に目の前に現れるだけですから。

ただ、同じ閉じる家系だとしても、後は静かに閉じるばかりで、実は不幸の原因が考え癖にあり、それをカウンセリングだけで解決できる簡単なケースもあります。
逆に、身心に重篤な症状を抱えていて、適切な医療方法で治療が必要な場合もあり、的外れな対処法を選ぶと、本当に命が危険な場合もあるのです。

 

閉じる家系の対処法

まずは正確に見極めることが必要です。
閉じる流れが始まったばかりで、まだ家系を繋ぐ可能性が残されている場合もあれば、閉じさせる為に強制的な運命の流れ真っ只中の場合、閉じる作業が完了して墓終いの段階に来ている家等それぞれ状況が違います。

閉じる理由も色々で、理由によって対処法も違います。

その対処は一筋縄ではいかないものが多いのです。

仮にお祓いをしたら、その災いが他の人に行く事もあります。
住んでいる土地を離れて問題が解決する場合もあれば、離れてもどこまでも霊障が追いかけてくる場合もあります。

これは、霊能力ごときじゃ解決できないものです。
霊能力や祈って何とかなるんなら、とっくに何とかなっているのです。

相談を受ける側には、霊能力に加え、カウンセリング力、身体や病気と医療方法に関する知識、食事や食べ物の知識と実体験、常識と型にはまらない発想、裁かない心、酸性化していない健全な肉体、清浄で強いエネルギー、霊的世界との連携等、あらゆる要素が必要です。

大変申し訳ないのですが、これは、あらゆる経験から学んできた私にしか判らない事だと思います。
身体、心、魂=生まれつきの性質、霊的問題全てをみて解決方法を探り当てることは、知識で学んだだけじゃ無理だからです。

驕っているのでも、うぬぼれているのでもなく、事実だから、そうお伝えします。
私の未熟さは私が一番良く判っているので、日々、身が引き締まる思いです。

閉じる家系

対処法は当店・メンタルコンサルティングTerraメンバーの力が必要な事が多いのですが、クライアント様が出会われた方や医療方法で何とかなる場合もありますし、お近くのお寺や神社での対処をお勧めすることもあります。

もう一度書きますが、大事なのは見極めです。

その上で、ご相談なさる先をどうするかは、ご自由にお決めいただきたいと思います。
その決定すらも、運命の流れに組み込まれている事なのですから。

参考記事 http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-673.html

 

《わたもり さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/watamori/?c=88380