精神的なことだけがスピリチュアルではないので、無理にスピ系の理解を求める必要もありません

物質的・現実的なことを通して自分の精神面に気づいていく。 その過程を見守ることは、必ずご自分の成長にも繋がります。

トリニティ読者のみなさま、こんにちは!  TAKAOです。
隔週で土曜日に配信しております。

 

スピリチュアルが好きな人と話していると、たまにこう思っている方がいます。

「スピリチュアル=精神的なことだけ」

こう思っている方は、このように話します。

「主人が全然スピリチュアルなことをわかってくれていない。」
「いくら話しても息子はスピリチュアルを全然理解してくれない。」
「家族はスピリチュアルな世界を話すと嫌がる」

これはスピリチュアル=「瞑想する」「神様とか精霊とかに大切にする」「ヒーリングをする」

などなど、「スピリチュアル=精神面のことだけ」と考えているとこのように思ってしまいます。

決して精神面に関わることだけがスピリチュアルではありません。

●お金を稼ぐこと
●ゲームを楽しむこと
●勝負に勝つこと
●スポーツに熱中すること

これらのことにもスピリチュアルな要素は含まれています。

説明していきますね。

スピリチュアル(spiritual)の語源とは、「スピリット(spirit)」です。
すなわち、魂のことです。

だから僕は、スピリチュアルって「魂を成長させる」という考え方と思っています。
人として、精神性を成長させることがスピリチュアルです。

だから、精神的なことだけが「スピリチュアル」という訳ではありません。

 

すべてのことにスピリチュアルな要素=精神的な成長の機会があります。

お金を稼ぐことは、仕組みを作って誰かの役に立つことですし、家族を養うことでもあります。

ゲームだって勝たなければ面白くありません。
そのためには自分で工夫をして戦略・戦術を考える必要があります。

スポーツは、身体を鍛えて、集中力を研ぎ澄まして試合に臨まなければならなかったり、チームスポーツだったら仲間と良好なコミュニケーションを築く必要があります。

もっと言うと、

経営者で有名な稲盛和夫さんの本を読むと、スピリチュアルと同じ内容のことを書いています。
稲盛和夫さんは内面が現実に投影すること、精神性を高める重要性を経営を通して表現されています。

ゲームやスポーツのトッププロの本を読んでも、

それぞれが哲学を持って競技に挑み、その経験を通して、精神性を磨いていることがわかります。

先日アフィリエイターにインタビューして思ったことですが、
僕はアフィリエイトって、収益に繋がる現実的な考え方が大切だと思っていました。

「いかに自分が紹介する商品を買わせるか?」という金儲けの方法が大切と思っていたんです。

しかし、実際に話してみるとアフィリエイトに大切なことは、このようなことだったんです。

・自分の好きや強みを活かすこと
・相手の気持ちになって、無駄な時間を使わせないこと
・相手とのエネルギーの循環を意識する=わかりやすい・意味のある情報をお伝えすること

僕がインタビューしたアフィリエイターは、「特に、エネルギーの循環を一番意識しています!」と話されてました

「これって、スピリチュアルで伝えていることと一緒やん!」と思いました。

どんなことでも本質的な「あり方」は同じです。
ただ「やり方」が違うだけではないでしょうか?

人は、高く価値観を置いていることに熱中します。
逆に、低く価値観を置いていることはやる気が起きません。

そして、どんなことにも精神的な成長の機会はあります。

無理にスピリチュアルを伝えて精神的な面に向けさせるより、

物質的・現実的なことを通して自分の精神面に気づいていく。

その過程を見守ることは、必ずご自分の成長にも繋がります。

ぜひ、ご自分がスピリチュアルなことが好きならば、

相手の魂である価値観を尊重して、大切な方と過ごしてみてください。

それでは、良い週末を!

 

【TAKAOのブログ】
https://takao-spiritual.com/

 

《TAKAO(三浦隆雄) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/takao-spiritual/?c=150671