最大級の波動上昇に乗り遅れないためにも、生まれた意味を思い出しましょう。〜キプロスのカズコより

生まれ変わり

 

ノアの方舟 【創世記 6・1~9・1】下記は6章22までになります。

6・13 神はノアに言われた。
「すべて肉なるものを終わらせる時がわたしの前に来ている。
彼らのゆえに不法が地に満ちている。見よ、わたしは地もろとも彼らを滅ぼす。
6・14 あなたはゴフェルの木の箱舟を造りなさい。箱舟には小部屋を幾つも造り、内側にも外側にもタールを塗りなさい。
6・15 次のようにしてそれを造りなさい。
箱舟の長さを三百アンマ、幅を五十アンマ、高さを三十アンマにし、
6・16 箱舟に明かり取りを造り、上から一アンマにして、それを仕上げなさい。箱舟の側面には戸口を造りなさい。また、一階と二階と三階を造りなさい。
6・17 見よ、わたしは地上に洪水をもたらし、命の霊をもつ、すべて肉なるものを天の下から滅ぼす。地上のすべてのものは息絶える。
6・18 わたしはあなたと契約を立てる。あなたは妻子や嫁たちと共に箱舟に入りなさい。
6・19 また、すべて命あるもの、すべて肉なるものから、二つずつ箱舟に連れて入り、あなたと共に生き延びるようにしなさい。それらは、雄と雌でなければならない。
6・20 それぞれの鳥、それぞれの家畜、それぞれの地を這うものが、二つずつあなたのところへ来て、生き延びるようにしなさい。
6・21 更に、食べられる物はすべてあなたのところに集め、あなたと彼らの食糧としなさい。」
6・22 ノアは、すべて神が命じられたとおりに果たした。
もう1つのメッセージは、大天使ミカエルのイメージを見せられます。
すでに、多くの人は気づいていると思いますが、霊的にも二極化しています。
旧約聖書は「神」が民に語り続けています。
聖書というイメージですと、新約聖書はキリスト教になりますから、キリスト教に興味がない人からすると、自分の事ではないと拒否してしまいがちですが、旧約聖書は、創世記から始まり、アダムとイブ、バベルの塔などは、クラシックなタロットの絵画にも登場します。

生まれ変わり

物質的な生産を求めて、輪廻転生しているわけではありませんから、お金持ちであっても、何も持たない人であっても、平等に学び続けることが出来る良い時代に私たちはいます。

学ぶことが出来るということは、あなたは「考える力」を備えることができるという事です。

あと、10年も経てば、多くの職業はA・I「Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)※」によって、賄われていることでしょう。

※人工知能のことです。
人間の知能をコンピュータが模倣し、システム化することを人工知能といいます。

人間とA・Iの違いを考えたとき、何が違うのか? と、聞かれたら、多分、今の時点では、考えることが出来るのが、人間であり、情報収取したデーターによって、動くモノはA・Iではないでしょうか?

最近、あなたは本を読みますか?

電子書籍でも良いので、本を読むことをお薦めします。

「思考力」を鍛えるためにも、本、詩などを独りで読むことです。それによって、考える時間が設けることが出来るでしょう。

ただ読書するだけではなく、疑問を持って、読んだりすると良いでしょう?

疑問を見つけて、それについて考える習慣が身につくことで、その延長で、さらに他の本を読んだり、色々と研鑚したりすることになるでしょうから、悟りに近い、あなたの心境の変化に気づくことが出来るでしょう。

この世の中は混沌としていますが、考える機会だと思い、読書をして下さい。

日本語だけでは、物足りず、他の語源も勉強してみたくなるかも知れません。

視野が広がり、新しい自分の才能が表面化して、驚くかも知れません。

最大級の波動上昇に乗るために、最後にひとつお伝え致します。

「素直に、正直に、明るく生きることで、あなたの思いは天界に届くことになります。」

 

ありがとうございます。

 

《カズコ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%82%B3/?c=85