「他人任せ」と「他人の力を借りること」〜あなたには本当はあなたが思っている以上の力がある〜

他人任せ

先日のセッションで「いつの間にか他人任せにしていたことに気づきました」
というご感想をお客様から頂きました。

今日はこの「他人任せ」と「他人の力を借りる」
ということについて考えてみましょう。

他人任せというと誰かに何とかしてほしいという
依存的なイメージが浮かぶかもしれませんが
それだけではなくて
SNSで「いいね!」がいっぱい欲しい♡ みたいな承認欲求もそうだし
人の目を気にするのもそうですよね。

 

全てが他人基準。

つまり人生は他人のいいね! 次第。

いいね! をもらうために
思ってもいないことを言ったり
したくないことをしたり。

そうしているうちに
「自分」ではなくなっていって苦しくなったり
いいね! をもらうためにしたことなのに
逆に信用を失ったり。
SNSでもリアルな関係の場でも起こりがちです。

そしてこの他人任せにする、ということと
他人の力を借りる、ということは似ているようで全然違います。

他人任せ

他人任せにしたくなっちゃう時やしている時は
自分を信頼していない時であり
自分の力を手放してしまっている時。

もうちょっと平たく言うと
「自分にはできない」と思っているような時など。

人間なのでそういう時もありますよね。

他人の力を借りる、というのは
自分の力はしっかり握っているし、自分のことも信頼している。

その上で、他人の力を借りた方が
相手の力と自分の力が掛け合わされて
倍以上になるでしょ、とか
もっと広がるでしょとか
もっとすごいことができるでしょ、とか
もっと楽しいでしょ、という時。

自分はできるけど
ここはあの人の力を借りた方が、よりうまくいくよね。
この部分はあの人が得意だからお願いしちゃって、
私は私が得意なことに集中しよう。
そんな感じ。
この場合は、お互いが自分の力を出し合ってそれが相乗効果を生むのですよね。

逆に他人任せの場合は「お互いに力を出し合う」のではなく
自分の力が0、
または限りなく0に近くなっているということですね。
多くの場合、本当に0なのではなく
自分で0だと思っている(だから他人任せになる)ということだと思います。

自分の力をそれなりに評価している時には
他人の力を借りることができたり、他人と協力関係を結びやすい。
むしろそうでないと、他人と健全な協力関係は築けないかもしれませんね。

だから他人任せにしがちな方は
もう一度、自分の力を自分の手に取り戻すことや
自分を信頼することが必要です。

多くの方が自分にはできない、と思い込んでいるだけで
あなたには本当はあなたが思っている以上の力があるのです。

そしてまた、ちょっと話がそれますが
ここでもうひとつ考えたいことは
自分ひとりで全てをするのならば、あなたの世界に他人は要らない
ということです。

私たちの多くは
なるべく人の力を借りないように
なるべく自分で全部をするようにと
思い込まされていますが
それは本当に「いいことなの?」ということですね。

それが本当に「いいこと」なのだとしたら
私たちの世界に他者が存在する理由は何でしょう?
喧嘩するため?
足を引っ張り合うため?
違いますよね、たぶん。

私たちは協力し合って
この地上に天国を作るためにやってきたのです。
それはひとりではできないこと。
だから私たちはお互いに相手の力を借り合う
つまり協力しあう必要があります。
お互いの力を出し合ってね。

そのように考えると
あなたが全てを自分でしようとすることは
他人の存在価値や存在意義を奪ってしまうし
そうなったら、あなたの世界に他者は要らないし
そんな時は知らずに恨まれているかもしれませんね。

だから他人任せにする時と同じで
全てを自分でしようとする時も
実は自尊心が下がっている可能性があるということを
考慮にいれておきましょう。
それは同じ恐れの裏と表。
性格とかそれまでの人生経験で。表現のされ方が違うだけです。

逆に成功している人、
うまくいっている人は
上手に他人の力を借りているものです。
夢を叶えるのを手伝ってくれるのは他者だし
機会を運んでくれたりするのも他者ですものね。

積極的に人の力を借りることで
夢の実現にもつながるし
相手に存在意義や存在価値を感じてもらうこともできて
みんなHAPPY、ということです。

つまりあなたが教わってきたこととは違うかもしれないけれど
他人の力を借りることは全然悪いことではなく
むしろ積極的にした方がいい、ということ。

 

話をまとめると

他人任せ

他人の力を借りたり
他人と健康的な協力関係を築くためには
自分のパワーを自分で握っている必要があるし
それなりに自信も自尊心も必要。

そうなってやっと他人任せの人生ではなく
他人の力を上手に借りて
人生をより豊かに楽しく面白く
幸せな創造をしていけるのではないかなと思います。
そしてこの方にように
「いつの間にか他人任せにしていた」と気づいたということは
「私、自分でできるはず!」
ということに気づいた、
つまり自分のパワーを自分の手に取り戻した
ということでもあるので
ここに気づいたら、後はうまく他者の力を借りるだけですね。

ちなみに自分のパワーを司るのは第3チャクラです。
日本人は第三チャクラが弱い人が多いけど、
そのあたりを意識してみるとよいかもしれません。

あなたが自信と自尊心と自分のパワーを取り戻して
そして上手に人の力を借りて
想像以上の人生を歩んでいかれますように。

スピリチュアルティーチャー美月結でした

 

公式サイト:https://goldendrops.jimdofree.com/
公式ブログ:https://ameblo.jp/golden-drops
Facebookページ:https://www.facebook.com/Yui-Mizuki-596972907409868/?eid=ARCwoV0nrK8O2IliKfPsZ-G17JikxF65NkCeCOjxjvJP7vY2w-VLh5LcAhCJttJoxwxs4IDGGcjChXaj

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250