冬至に新しい種を植える〜あなたの本当の気持ちはどこにありますか?

気づけばあっという間に2018年も終わりに近づき、
まもなく冬至を迎えます。
今年は12月22日。

冬至は「太陽の誕生日」と言われたり、
「一陽来復」と言われたり、
地球で生きる全ての民族が古くからとても大事にしてきた日です。
どの民族も自分たちの意識を太陽に向け、感謝を示し、太陽に力を貸すため、
お祭りを行います。
太陽が無事、春への軌道に乗ってくれるように。
それは「生かされていること」への感謝へも繋がっているのでしょうね。

冬至はスピリチュアル的にもエネルギーの節目。

「陰極まって陽に転じる」のが冬至ですから、
今は一年で最も陰の気が強い時期です。

陽が外に出て行くエネルギーなら
陰は内に入るエネルギーですから
冬至に向かうこの時期は
自分の内側を見つめるのにとっても適しています。

2018年を振り返り
出来たこと、できなかったこと
上手くいったこと、思うようにならなかったこと
嬉しかったこと、心が喜んだこと……

そういったことを改めて感じながら
あなたの魂が本当は何を望んでいるのか? 
向き合ってみましょう。

また特に今年は平成最後の年末になりますから、
平成の30年を振り返るにもいいタイミングですね。

 

来年は今上陛下の御退位、新天皇陛下のご即位もあります。

あなたがことの重大さをどれだけ認識しているかはわからないのですが
天皇陛下の交代は大きな時代の節目になります。

というのも天皇陛下はある意味で日本という国そのものであり、
天皇陛下が変わられるということは、
日本という国のエネルギーが大きく変わるということですし、
それにともなって、世界も大きく変化していきます。

霊の本(ひのもと)日本は世界のひな形だからです。

だから当然、私たちも変わらざるを得ません。

これから求められるのは天と繋がった生き方だと思います。
そのためにはまず、あなたがあなたの魂と繋がることが大切。

普段は慌ただしい流れの中で
なかなか自分を振り返るという時間を持つことができないかもしれませんが
この時期は意図して、自分自身と繋がる時間を持ちましょう。

 

あなたの本当の気持ちはどこにありますか?

これから冬至までの期間に意識を向けたことやエネルギーを使ったことが
2019年に実現される流れに入っていきます。

偽りの自分でもいい、という時代は終わっていますし
時代の変化に伴って、古い価値観や信念は手放さざるを得ない状況になっていくでしょう。

冬至までにはそれらと決別し
クリアな意識で、新しい種を植えましょう。

冬至に植えた種が育っていき、2019年の夏至に花開きます。
どうぞあなただけの美しい花を咲かせて下さい。

スピリチュアルティーチャー美月結でした。

 

美月結公式サイト Goldendrops~ひかりのしずく
https://goldendrops.jimdo.com/

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250