木内麗子のイギリス HAPPY☆探し 第81回★自然を生かしたフルーツスナック

フルーツ

第81回★自然を生かしたフルーツスナック

ベジタリアン、ヴィーガン発祥の国イギリスでは植物性の食品(プラント・ベース・フード)への関心が高く、スーパーや薬局などでも手に入ります。

今回はイギリスで見つけた自然の恵みを贅沢に味わえるフルーツを使ったスナックをチェックしてみます!

 

まず最初は「デリシャスリー・エラ(Deliciously Ella)」ブランドの
「ベイクド・オーツバー(Baked oat bar)」。

オーツ麦、細かく刻んだりんご、ジューシーなレーズン、シナモンなどで作られた、フルーツがぎっしり詰まったオーツバーです。
一口頬張ると自然な甘みが口いっぱいに広がり、思わず笑顔に。食べ応えがあるので朝食や間食にピッタリ。こちらのブランドはエラ・ミルズさんが2012年、彼女がまだ大学生の時にイギリスで始めたブランドです。

エラさんは2011年に4か月もの入院生活を送りましたが、その後は消化器系の問題、慢性疲労、感染症などに悩まされ、肉体的にも精神的にも苦しんだと言います。
けれど植物中心の食事療法に着目し、彼女ならではのライフ&フードスタイルをブログで発信したことにより、今では5冊のレシピブックを出版。他にも料理やヨガに特化したアプリ、オリジナルの食品やスキンケアグッズ、デリ&カフェをオープンするなど「デリシャスリー・エラ」ならではのブランド展開を次々発表し、多くのファンを魅了しています。

フルーツ

 

もう一つはスイス生まれのブランド「リズム108(Rhythm 108)」。

アルプスの麓に佇むパン屋さんで、フルーツや全粒穀物を使ったチョコレートやビスケットを作り続けているブランドです。
彼らの食哲学に掲げられているのが、オーガニック、グルテンフリー、ヴィーガン・フレンドリー。
クラフトマンシップに基づいた丁寧かつ丹念に製品作りを続けています。

そのアイテムはアーモンド、ヘーゼルナッツ、ココナッツなどを贅沢に使ったチョコレートバーや、レモン&ジンジャービスケットなどなど。パッケージもオシャレ。

ブランド名になっている数字108は古代数学上「バランス」の意味を持つのだとか。
現在はスイスと英国を中心に商品展開しています。
どちらのブランドもイギリスで手軽に購入できる自然を生かしたスナックとして注目されています。

 

フルーツ
「デリシャスリー・エラ」のベイクド・オーツ・バーは、しっとりした食感で、フルーツの甘みが口いっぱいに広がります。ポケットやカバンに入るサイズなので、いつでも気軽に食べやすいのも魅力的。

 

フルーツ
「リズム108」のレモン&ジンジャービスケット。レモンとジンジャーの爽やかな風味が広がるヘルシーなビスケットです。ティータイムにもぴったり。

 

《木内麗子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kiuchireiko/?c=51968