並木良和さんインタビューvol2【目醒めとアセンション】後編

並木さん

皆さん、こんにちは。
引き続き、いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんのインタビューをお届けします。

 

悟りもアセンションも、ただの通過点

記者
悟りたい、と思うことは執着になり、良くない、というのを聞いたことがあります。
そこを目標にすると逆に悟れない、と。

並木さん
そうです。悟りが目標ではないですから。悟りのさらに先があります。
単に自分が居心地悪い周波数を手放していくんです。

居心地悪いな、というものが、【地球の周波数】なんです。
この居心地悪いという体感は、自分のハイアーセルフからの 『この体感は本来のあなたのモノではないですよ』というサインなんです。
不安って居心地悪いですよね? 恐れや怒りって居心地悪いですよね?
『これ、全部あなたのモノではないですよ』、って教えてくれているんですね。
これをただ手放していけばいいんです。

例えば、深海に潜るとき。
身体が、軽いのでなかなか一番深いところまでは潜れない、ってなった時、ウェイトをつけて潜るじゃないですか。
それで今度深海から浮上しようと思ったら、このウェイトを外さないと上がれないですよね。
これをやっていくんです。

この地球にやってきたとき、僕たちはあまりにも高い意識だったので地球に根付けなかったんです。
だから地球特有の【不安、恐れ、罪悪感、無価値観】っていっぱい自分に重りをつけて、深―く潜って眠ったんです。
でも、いま目を醒ましていく時を迎えたので、光がいっぱい地球に降りてきているんです。
今までずっと暗闇にいたのが、光が差し込んできて、「なんだろう?」ってなっているんです。
そして光の方に動こうとすると、「あ、重たい!」って気づくんですね。

「これが今まで自分が着けていた重り、地球の周波数だったんだな」って外していく人が今、出てきているんです。
【重りを外して浮上していく、地球の周波数を手放して意識を拡大していく】ただこれだけなので、別に悟りを求めてとか、そういう話ではないんです。

このプロセスの途上に、悟りがあり、アセンションがあるんです。
それが目標でもゴールでもありません。
ゴールっていうのだったら、【源】に融合されていくだけです。
大いなるもともとの一つの意識に、いま全宇宙、全存在が融合しようとしています。

並木さん

 

ゲームの卒業、上がりのタイミング

並木さん
「悟りましょう! 目醒めましょう!」とも、僕は言ってないです。

目醒めたいのであれば、今やらないと、今回は目醒められないよ、と言っているだけです。
いいんですもん、別に目醒めなくたって。
だってみんな眠りたくて眠ってたんだから。
自分だって眠っていたくせに「目醒めなさい!なんで目醒めないのよ!」っていうのは大きなお世話なんです、ほんとに(笑)

例えば、学校も、卒業資格ってあって、卒業のタイミングも決まっているじゃない。
毎月卒業はできないでしょ? 3月の何日に、って決まっているじゃない?
そこまでに卒業資格を得てないと、『卒業は認められません』って、留年して次のタイミングを待つじゃないですか。それと同じなんです。

もっというと【すごろくゲームの上がりのタイミング】を迎えているので、『さあ、どうします?あなたが望むのであれば、このゲームからさえ抜けることが出来ますよ』って呼びかけているだけなんです。
だから、なんにも焦ったりする必要がないんですね。

記者
統合をやりながら、焦っている方って多いですよね。

並木さん
うん、必死だよね

記者
期限があるとどうしても、間に合うのかな?出来ているのかな?って不安になる方もいると思うんですね。そういう方に向けて、なにかアドバイスはありますか?

並木さん
【焦り、不安、疑い】これこそが分離なので、あなたはこれを手放していかない限り、目を醒ましませんよ。ということです。方向性だけ明確にすればいいんです。
『わたしは目を醒ましていく、自分の人生に100%責任を持とう、そして一喜一憂を辞めよう、ひとのせいにはしない』このスタンスでいたらいいです。

次回、並木さんインタビューvol3 【ジャッジを手放す】をお届けします。

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

Vol1【夏至を過ぎた今、伝えたいこと】
前編はこちら⇒https://www.el-aura.com/fujiwaramari20190714/
後編はこちら⇒https://www.el-aura.com/fujiwaramari20190719/
vol2【目醒めとアセンション】
前編はこちら⇒https://www.el-aura.com/fujiwaramari20190726/
中編はこちら⇒https://www.el-aura.com/fujiwaramari20190805/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299