並木良和さんインタビューvol2 中編 【目醒めとアセンション】

並木さん

皆さん、こんにちは。
引き続き、いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんのインタビューをお届けします。

 

生まれ変わった新生地球とは?

並木さん
アセンションゲートをくぐる時は、誰もが意識を保っていられません。
誰もが眠っている状態になる、と高次の存在は言っています。
ゲートを通過し、目を開けた時には、その人が決めた、その人の波動レベルに準じた次元へと移行することになるんだそうです。

新生地球に同調できるくらい進化向上している場合、目が覚めたとき、そこはもう新生地球なんです。

この地球とは全く違う地球になっているので、「これは夢の世界かしら?」と思うんです。
空の色も違ったり、ユニコーンみたいのがいたり、「わたし夢見てるのかしら?」って思っても、いつまでも覚めないんです。

「なにこれ、いつまでも覚めないけど、これ現実なの?」って何日か過ごしてから気づく、って(高次の存在が)言っていますね。

記者
新しい地球がどんな世界なのか、もう少し聞かせてください

並木さん
本当に愛と調和がベースになっていて、所謂、争いみたいなものは一切ありません。
全ての人が目醒めていて、100%自分の人生に責任を持ち、神なる存在であると気づいています。

全ての人達とワンネスという調和のもとで、本当の意味の平和・豊かさ・幸福を実現する、そういう世界になるそうです。

並木さん

記者
新生地球には、お金というものは存在しますか?

並木さん
今までみたいな貨幣は存在しないと思います。
まったく新しいお金に変わるシステム、例えば、物々交換であったり、何かそういうものはあると思いますが、貨幣というのは存在しないと思います。

一方で、地球と似たような物理次元には貨幣は存在すると思います。そこが本当に分かれていくんですね。

記者
新しい地球でも肉体は持っているのでしょうか?

並木さん
持っています。ただ、もっと密度が薄いですね。

現在もアセンションのプロセスで、肉体の構成要素が【炭素】から【ケイ素】ベースに移行しています。
ケイ素はクリスタルの組成です。クリスタルの性質は、より光を集め、光を通します。
クリスタルそのものになるわけではないですが、自分の身体がケイ素化してくると、より透明感が出てきます。

記者
クリスタルの肉体へと変化していく時に起きることはありますか?

並木さん
波動の変化についていけないと、疲労、眠気、原因不明の不調、頭痛、めまい、吐き気、異常な喉の渇き、うつ状態、などいろんな身体症状がでます。
特に今、病院に行っても原因不明の不調の方は多いですね。

さらに、目醒めると決めた人達は、DNAを活性化していくことになります。
僕たちは【2重螺旋DNA】と言われていますが、本当はもっと持っています。
【12螺旋DNA】といって、ジャンクDNAと片付けられていますが、封印された、本来の僕たちの資質を備えたDNAなんです。
このDNAに僕たちの才能や能力の鍵があります。
これが活性化してくると、例えば、テレポーテーションとか空中浮遊というようなものが日常的に使えるようになります。

 

目醒め・アセンションに必要なこと

記者
目醒めやアセンションに向かうにあたり、やっておいた方がいいことはありますか?

並木さん
一番アセンションの妨げになるものは【葛藤】なんですね。
自分の中での良いとか悪いとか正しいとか間違いとか正義だとか、そういう、いろんな葛藤を起こすものを全部手放していく。
つまりこれが【統合】なんですね。葛藤って分離なんです。

僕たちが目を醒ましていく、アセンションしていくっていうことは、統合された意識へと戻っていくことなんです。

自分の中で良いとか悪いとか葛藤していると、分離を創り続けます。そして波動上げられないために新しい世界に同調できなくなるんです

さらに一般的にネガティブと呼ばれている感情や思考、これを僕は【地球の周波数】と呼ぶんですが、これを手放していくことです。

次回、並木さんインタビュー vol2【目醒めとアセンション】後編をお届けします。

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

Vol1【夏至を過ぎた今、伝えたいこと】
前編はこちら
後編はこちら
vol2【目醒めとアセンション】
前編はこちら

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299