並木良和さんインタビューvol1・前編【夏至を過ぎた 今、伝えたいこと】

並木さん

皆さん、こんにちは。
今回は、いま話題のスピリチュアルリーダー、並木良和さんにお話を伺ってきました!

並木さんは、日本全国に7000人以上のクライアントを抱える人気カウンセラーであり、作家さんです。
開催されるワークショップや講演会は受付開始と同時に満席になるほど大人気。
たくさんの方が並木さんのお話やワークによって意識を目醒めさせる体験をしています。

わたし自身も並木さんの存在を知って衝撃を受けた1人です。
今回は【とても大切なタイミングに差し掛かっている今、並木さんが伝えたいこと】をメインテーマに、じっくりインタビューをさせて頂きました。

 

「魂の目醒めをサポートする」というお役目

記者 こちらの記事で初めて並木さんを知る方もいらっしゃると思いますので、改めて、並木さんのお仕事、お役目について教えて頂いて宜しいですか?

並木さん はい。いままでは個人セッションというものを主に行っていました。守護霊とか守護天使と呼ばれたりしますが、《ガイド》というのが必ずその人に関わっているんですね。その人の人生がどうすれば向上するのか? 役割や使命、いま解決すべき問題点など、ガイド達と導き出しながら、人生がより豊かになるように導いていく、というのが僕が長くやってきたことです。

 

並木さんの《本来の目的》

並木さん いま地球というのは大転換を迎えていて、宇宙の流れも《眠りのリズム》から《目醒めのリズム》へと変化している真っ最中なんです。この時に多くの意識達が深い眠りから、目醒めとシフトしていきます。それ助ける、というのがこの人生、僕が生まれてきた一番の目的なんですね。ですので目醒めたい方のサポートになるワークショップやセミナー、講演会などを行っています。個人セッションよりもこちらの方が、本来の僕の目的です。広い意味では、多くの人の人生を向上させていくこと、それぞれが【本当の自分】に目醒めて人生をより豊かに生きていく、それをサポートする、というのが役割です。

 

目を醒ましますか? 眠り続けますか? 大きな分岐点【2020年の春分】

記者 以前から並木さんは【2020年春分】を目醒める大切な期日として伝えていらっしゃいますが、夏至を過ぎた今、現在の地球や宇宙の状態はどうなのでしょうか?

並木さん はい。これは2020年の春分の日までに目醒めるというよりも、目醒めることを明確に決める、という意味なんですね。春分の日までに、覚醒していなければいけない、というわけではないんです
2020年の3月20日、春分には宇宙の大きく開いていたゲートが閉じ始めるんですね。
春分に閉じ始めて、2020年の8月いっぱいで、かなり閉まることになります。
ですが、まだ少し隙間が残っています。この残りの部分も閉まるときがくるんです。
それが2021年の12月の21日冬至です。その時にはパタン! と全部閉まることになります。
そうするともう乗り換えが効かなくなるんです。【目を醒ましていくのか、眠り続けるのか】
まだ2020年の春分の日までは、宇宙の大きな門が開いていて『さあ、あなたの選び方次第で目を醒ますルートに乗ることもできますよ、それとも、ずっと眠り続けていきますか?』という2つの選択肢が人類に与えられています。
どっちを選択しますか? っていうタイミングを、もれなくみんなが迎えているんですね。

並木さん

もし、目を醒ましたいのであれば2021年12月21日には完全に閉じてしまうので、それまでに「目醒めます」ってエントリーしていかないと。
その後に「目醒めたい」って言っても、もう目醒められなくなっちゃいますよ、ということなんです。
なので、目醒めを求めている人に対しては、「だったら、今こうしてごらん、こういう方法もあるよ」という方法を伝えています

記者 2021年の冬至に完全に閉まるのですね
並木さん そうです。
じゃあ、目醒めることを決めないまま、扉が閉じてしまったらどうするのか?
この人たちは次のタイミング、2万6千年のサイクルを待つことになります。

 

~並木さんインタビューvol 後編へ続きます~

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299