並木良和さんインタビューvol1・後編【夏至を過ぎた今、伝えたいこと】

並木さん

引き続き、スピリチュアルリーダー・並木良和さんのインタビューをお届けします。
Vol1前半こちら ⇒ https://www.el-aura.com/fujiwaramari20190714/

 

14万4千人と新しい地球

記者
並木さんは、【目醒める人が14万4千人、必要】というお話をされていましたが、現在の状況はどうでしょうか?

並木さん
なぜ目醒めることを決める14万4千人のひとが必要なのかというと、14万4千人が目醒めることに意識が向けば、地球のこれからの変動がもっと穏やかなものになるんです。

地球はもう生まれ変わって、新しい地球にシフトしちゃうんですよ。
これは信じるとか信じないの問題ではなく、地球はまさにそれに向かって動いています

それに伴い、地球はより自分を純粋にクリアにしていく必要があるんですね。
今までの重りを手放していかなきゃいけない。
地球はそんなことを望んでいないんだけど、軽やかにならないと上がれないので、泣く泣くふるうんですね。
そのふるいが大きな地震につながってみたり、天災というものにつながったりするわけです。

でも14万4千人の人が目醒めを決め、浄化していくことができると、地球はもっと軽やかにシフトしていくことができ、天災と呼ばれるようなものの規模も小さくすることができるんですね。
僕は、できればそうしたいと思っているんです

でも、もし多くの人達がレムリアの時代のように眠り続けることを選択した場合は、大きな天災・災害を体験しなきゃいけない可能性だってあるわけですね。

もちろん今回は滅亡したりはしませんが、人口だってもしかしたら1/10に減るかもしれない。そのくらい大きなことが起こり得る可能性があるんです。

じゃあ、いま出来ることはなんだろう、というと
【出来る限り多くの人たちが目醒めることを選択して地球と一緒にシフトしていこうとすること】
これが大事なことだと視えているんですね

そのために出来ることはなんだろう、ということで【統合】という目醒めのワークというものを提供しています。

今の状況は14万4千人が必要な中で、あと3万人ほど足りません
11万4千人の人たちはより目醒めていく方向にシフトし始めているのが視えています。

今すごく加速して多くの人達が「目を醒ましたい」と耳を傾けに来ているんですね
このまま上手く進んでいけば3万人というのは難しくないと思います。

 

明確に【目醒める】スタンスを理解する

記者
2020年の春分までに目醒める方向にシフトする、と決めればいいのですね。

並木さん
そうです。
じゃあ、目醒めの方向に意識をシフトするってどういうことかというと
【自分の人生の全責任を自分が100%とる】という覚悟を決めること、【自分の人生は自分が100%創っている】というところに明確に立つ、ということです。

人のせいにしたり、国のせいにしたり、物事のせいにしたりする在り方を辞めるんです。
そのかわり、【本当に自分がこの現実を創り出しているんだ】、というところに立って、自分の人生を明確に意識的に生きていく、というのが目醒めていく姿勢なんですね

そうすると誰に文句を言うこともなくなるし、誰のせいだ、と言って戦う必要もなくなるんですね
それが目醒めのスタンスです。

並木さん

みんな現実によって一喜一憂するでしょ。
いいことがあれば、ワーッ! てなり、嫌なことがあればウーッ! て沈み、これが一喜一憂ですよね.
これって【自分の人生に100%責任をとっている態度】ではないんですね

あなたが創っている現実に憂いてみたり喜んでみたりするのは、立ち位置が全く違うんです。
これがちゃんと自分の中で明確に理解できた人は『目醒めのスタンスにたちましたね』ということになります。

つまり、一喜一憂を辞めるということが、周りのせいにするのを辞める、ということです。
「このことのせいでこんな想いをしている、あなたがこう言ったから、わたしは怒っているんだ」みたいな【外によって】というのがなくなるんですよ。

目を醒ますってこういうことなんです。外は関係なく、全部自分が100%主導権を握ることになるんです。

~次回、並木さんインタビューvol2 【目を醒ますこととアセンション】をお届けします~

 

『並木良和さんプロフィール』

並木さん

スピリチュアル・カウンセラー&作家。2006年より神界と天使界の導きによりスピリチュアル・カウンセラーとして活動を始める。宇宙の叡智やスピリットガイドたちと協働しながら「本来の自分」に一致して生きるための「統合(LDLA)」を伝え、本来の人間が持っている能力や生き方、そして目醒めた状態で人生を謳歌する「在り方」を、自らの体験を通して国内外を問わず世界に教示している。即日満席となる講義やワークショップは、抜群のわかりやすさとその「人間性」から大勢の人を魅了し、師事を熱望する人が急上昇している。現在は様々な執筆活動に加えて、「APIROS(アピロス)」や、彼の能力を最大限に活かした講義と言われる資格スクール「SOFIA(ソフィア)」にて次世代のリーダーの育成、多分野とのコラボレーション活動を行ない、分野の枠を越えて活躍の幅を拡大している。

 

並木良和さん公式HP
http://www.namikiyoshikazu.com
株式会社ハートニクスHP
http://heartniks.com/

 

《藤原 マリ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/marifujiwara/?c=136299