子供にイライラしてしまうお母さんたちへ〜お母さん自身の心の状態はどうなっていますか?

自分を責めてしまうような時には、誰かに相談するなどして、自分一人で溜め込まないようにすることをお勧めします。

自分の子供にイライラしてしまう。
片付けができない、宿題や課題をやらない、行動が遅いなど、様々な理由で自分の子供を心配し、問題視するお母さんがいます。

でもここでまず気をつけたいのはお母さん自身の心の状態についてです。
というのも、中には問題を抱えてるのは母親の方であり、子供はその写し鏡のような役割をしてしまうケースがあるからです。

 

こんな話があります。

過食症の娘を持つお母さんが娘を心配し、セラピーに足を運んだ際のこと。
ですが、セラピストは母親の様子を見て、娘ではなく母親自身にセラピーを受けるよう勧めました。
最初は意味がわからず戸惑っていた母親でしたが、セラピーを何度か受けて行き、癒されて心理的な変化が出てくるに従って、娘の過食症は自然と収まったそうです。
その娘の変化を目の当たりにして、母親は自分が知らない間に娘に影響を与えていたことを実感したそうです。

またあるカウンセラーは、子供が部屋の片付けをできないことを心配して相談しに来た母親にこう言いました。
「お母さん、あなたは子供が心配だと言いますが、本当はあなた自身が汚い部屋を見るのが嫌なんじゃないですか?」

 

カウンセラーの言葉はその通りでした。

母親は汚い部屋を見るたびにイライラし、自分の子供が片付けをできないこと、子供が自分のいうことを聞かないことにもイライラしていました。

「でも、このままだと子供の将来も心配で」と言う母親でしたが、実際のところは、自分の子供が『〇〇ができない』『他の子供はできるのに自分の子供はできない』と言う状態を見るのが耐えられないと言う『恐れ』、そして『自分が子供をそう言う風にしてしまっているのでは?』と言う自責の念、罪悪感が母親を切迫していたのでした。

そして母親はカウンセラーの言う通り、子供が部屋を汚くしても、ガミガミ言わないことにしました。
するとしばらくして、子供は部屋を散らかさなくなったんだそうです。

子供を持つお母さんで、イライラしてつい怒り散らしてしまう場合は、日常での不満、ストレス、イライラで自分がいっぱいになっていないか、何が自分をイライラさせているのか、怒ってしまうのか、自分で気づくことが大切です。

罪悪感を感じて自分を責めてしまうのは問題を悪化させるだけ。

もしそう言う自分に気づいたら、誰かに相談するなどして、自分一人で溜め込まないようにすることをお勧めします。

dahlia

 

dahlia オフィシャルサイト
http://www.dahlia-works.com

ブログ『spiritual treasure hunter』
http://ameblo.jp/kaorilifework

最新アルバム『MIRROR』好評発売中
https://www.amazon.co.jp/MIRROR-dahlia/dp/B01N2Y2T2S/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&linkCode=sl1&tag=ninoninoni-22&linkId=a884ef2251c44d68ffedfd27e261b787

 

《dahlia(ダリヤ) さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/dahlia/?c=89619