夏至は未来の扉が開く日! 夏至には未来が予知できるかも!?~教えてカロノさん! 愛のメッセージ19~

夏至を祝日にしたいですね~~。夏至は予知能力が活発になり、未来の世界を覗ける日です!!
夏至

夏至を祝日にして、太陽を祝う夏至祭りをやってみたいな~!

感謝しております!
いかがお過ごしでしょうか。
大阪市のスピリチュアルサロンひぃりんぐ処あるぢやの代表有地正敬こと、あるぢです。

もうすぐ夏至ですね~。
夏至にまつわるスピリチュアルな話題をお届けします。

なんと! 6月には祝日がありません。
春分や秋分は祝日ですね~。
夏至を祝日にして、太古から伝わる夏至のお祭りを復活させてみてはいかがかなと思います。

お祭りにはシャーマンが欠かせません。
夏至の日に開くとされる未来への扉があります。
シャーマン達は、扉の向こうへ行って、未来の世界を伝えるのが太古の夏至祭りのメインイベントだそうです。

私達にはシャーマン的な力を備えています。
皆さん! 心の準備はお済みでしょうか?
自ら未来の扉の向こうへ行ってみませんか?

ところで、「カロノさんて誰ですか?」と思っていらっしゃいませんか?
カロノさんとはあるぢの魂です。
魂には名前がついているんですよ。
あなたの魂にも素敵な名前がありますよ。
カロノさんについてこちらのページの中段で紹介しています。


カロノさんをよろしくお願いいたします。

 

6月の朝は早い! 早起きすると未来の扉を開くカギをもらえる!?

夏至

「早起きは三文の得!」と昔から言います。
あるぢの魂のカロノさんによると
「6月の早起きは未来の扉のカギをもらえる!」
と言っています。

この言葉はかなり意味深で、2つの意味があるとカロノさんが言っています。

1つ目は、「6月に早起きすると太陽の力を授かって、運気に勢いがついて願いが成就するよ!」
との意味があります。

2つ目には、「予知能力が活発になり、勘が的中し、未来が見えるよ!」との意味だそうです。

夏至を過ぎてからはあまり効果がないそうなので、この記事を読まれたらすぐに試されてはいかがでしょうか?
いつもより30分早め起きられるとセーフです。できれば、午前4~5時の間に起きるといいそうですが……(早すぎて辛いかも……)。

無事に早起きできたら、あなたの予知能力は活発になっていることでしょう。
では、どうすればこの力を使って未来の扉の向こうへ行くことができるのでしょうか。

その方法をお話する前に、あるぢの知り合いにこんな人がいました。
この人は、毎日、日が昇るよりも早く起きます。
ニワトリを起こす勢いの早起き名人と言われていました。

早起きされるので、毎日30分間の昼寝は欠かせないようです。

なんと! この人、昼寝をするたびに夢で未来の世界を見ていました。
将来自分に起る出来事を夢で見ていたのです。

 

夏至に未来の扉を開くには! 早起きと女子会がいいかも!?

夏至

まず、この方を見習って挑戦しました。
でも、ニワトリを起こすほどの早起きをするというのが中々難しく断念しました。


次に、瞑想です。
ただ瞑想だけでは、未来へ行けたり、行けなかったり、安定しません。

そして、トランス状態になったシャーマンのように大声で騒いで即興ダンスをして瞑想しました。
安定した効果がありました。
でも、大声で騒ぐのでご近所様からのクレームで断念しました。

そんな時、とある女性のお客様から、6月にたまたまスピリチュアル好きの女性を集めて女子会をした時のこと、皆でお喋りした後に瞑想したら、未来へ行けたとの報告がありました。
明るい話題で盛り上がった方が効果的アリとのことです。
(ちなみに、愚痴大会をした後、瞑想したら地獄の扉が開きそうになったとか……。)

早速実践です。

「は~なるほど~~~!!」女性の声でしゃべるのがポイントだなとあるぢは思いました。
(声は霊力の塊りみたいなもの、声の響きで異世界へ通じます。)
あるぢは女性の声を真似て、本を数ページ音読してから瞑想しました!
すると、安定的に未来の世界を覗けたのです。

ご近所様からのクレームはありませんが、男性声が出なくなりました……。

ま~いいでしょう。

夏至は早起きして、お昼は女子会で大盛り上がりした後に瞑想するといいかもしれません。

いかがでしょうか。

次回をお楽しみに!

 

あなたの魂の目的、魂の名前、魂の色、前世をスピリチュアルカウンセリングで鑑定しています! byあるぢ

 

セミナー開催情報!
https://ameblo.jp/arudiya-healingroom/entry-11934966003.html

ひぃりんぐ処あるぢや公式サイト
http://arudiya.com

 

《あるぢ/有地正敬 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/arudiya/?c=93242