アロマチャクラヨガでハッピーな人生の主役に! 第2チャクラ スワーディシュターナ チャクラに愛を〜前編

ヨガ

★はじめに

チャクラとヨガとアロマの関係、アロマチャクラヨガの注意ポイントについては、第1チャクラの記事をご覧ください。

初心者の方にもムリなく楽しんでいただきたいですが、身体に気になるところがある、治療を受けているなどの場合は医師に相談し、自己責任において行ってください。

身体と心の声に耳を傾けコンディションに合わせてポーズをとっていきましょう。
ご紹介するアロマは嗜好や気分に合わないものを使用する必要はなく、お好みの香りをブレンドするのもおすすめです。
エッセンスオイルは100%ピュアなものを使い、希釈していないものを直接肌に使用しないようにしましょう。

 

●スワーディシュターナ チャクラとは

前回のアロマチャクラヨガでは、生存、生命の第1チャクラ「ムーラダーラ チャクラ」についてご紹介しました。
第1チャクラが安定したら、次は本来の自分らしさを司る第2チャクラに注目しましょう。
第2チャクラは、英語でセイクラルチャクラ呼ばれています。

セイクラルとは、仙骨という意味です。

サンスクリット語では、スワーディシュターナ チャクラと言われ語源の「スヴァ アディシュターナ」とは、「自らの住処」という意味をもつそうです。

ここに自分がいる、ここが自分の落ち着く場所、そう意識すると力がこもると同時にほっとするような、温まってくるような気がします。
場所はおへその下、丹田と呼ばれる辺りです。

スワーディシュターナ チャクラの色は、オレンジ色と言われているので、ぽっとオレンジに灯る温かな光をイメージするのも良いでしょう。
キーワードとしては、念動力、覚醒、癒し、精神的安定、柔軟性などがあげられます。

ヨガ

 

●素直に愛、スワーディシュターナ チャクラ

第2チャクラが整うと、官能性や忍耐力をつけることができ、女性性と男性性のバランスがとれて、生きる喜びを感じることができるようになるそうです。

忍耐と我慢はどちらも、もともとは仏教の言葉で、似ているようで意味合いは違ってきます。
我慢は自分への執着から起こる慢心を意味し、忍耐は我慢することではなく、いろんなことが起こっても落ち着いて平和な心を保つことなのだそうです。

また自分が主役の人生を始めることができるのが、スワーディシュターナ チャクラがよい状態にあるときです。
創造性を高め、受け取る力をつけることも助けてくれます。

逆に第2チャクラに問題がある場合は、喜びを感じにくくなる、愛情表現がしにくい、衝動的な行動が多くなる、精神状態が不安定になるといった状態になりやすいそうです。
人の意見を重視して自分の感情をないがしろにしがちなとき、この第2チャクラを意識しましょう。

自分自身を愛し、大切な人と愛しあい、愛を受け取ることができる、多くの人が夢みて願う愛に満ちたしあわせ。
スワーディシュターナ チャクラを整えて、そんなしあわせな状態を素直に受け入れる準備をしましょう。

 

●スワーディシュターナ チャクラにおすすめのアロマ エッセンスオイル

ヨガ

・オレンジ
代表的なのは、オレンジスイート。甘くてフレッシュな香りは多くの人に愛されます。気持ちを明るく前向きにする香りで、消化器系への良い影響も期待されます。オレンジビターは、効果としてはスイートと同様ですが、少しビターな大人っぽい香りでなので落ち着いた香りが好きならこちらがおすすめです。また、肌につけて日射しを浴びると肌が刺激される光毒性がオレンジスイートにはなく、ビターにはあるので気になる人はオレンジスイートを選びましょう。

・イランイラン
第1チャクラの記事でもおすすめアロマとしてご紹介した花の精油です。女性のセクシャルな気分を高めると言われています。ホルモンバランスを整え、生殖器官の強壮に働きかける、リラックス感を高めるなどの効果が期待できるそうです。濃厚な香りが苦手な場合には、オレンジとブレンドすると爽やかさが増して使いやすくなります。

・ジャスミン
ローズは花の女王と呼ばれ、ジャスミンは香りの王様と呼ばれているそうです。古代エジプトやインドでは媚薬として、あるいは出産をスムーズにする目的でも使用されたと言われています。子宮のハーブとも呼ばれきたのは、ジャスミンが生殖機能への効果が高いからのようです、月経前症候群、生理痛にもよいとされています。肌に潤いを与え水分を保持するなどスキンケア効果も期待されます。100%ピュアな精油は高価なので、キャリアオイルで希釈したものを使うのも良いです。おだやかで華やぎのある香りは心を癒してくれます。

 

精油の使い方

・スワーディシュターナ チャクラ オイルマッサージ
スイートアーモンドオイル、グレープシードオイルなどのキャリアオイルに、アロマエッセンスオイルを入れて混ぜます。分量は、キャリアオイルに対してエッセンスオイルの量が1%(ボディの場合の量)、25㎖のキャリアオイルにエッセンスオイル5滴までに。マッサージオイルを手にとって第2チャクラ辺りに優しく塗布し両手で温めるようにゆっくり時計回りでなでるようにマッサージします。

・半身浴
浴槽に第2チャクラが浸かる量のお湯を張り1~3滴のエッセンスオイルを入れて、よく混ぜて入浴します。目を閉じて楽な姿勢でリラックスしましょう。

 

——後半に続く——

 

《梶 和佳 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/angelwaka/?c=13040

 

(トップ画像/※ナバ アーサナ (舟) 丹田に力。)