いつも自分を全肯定していれば、向上心は楽しく実を結ぶ!

すべては今の自分に「それでいい」と言うことからはじまります。 その全肯定こそが、あなたが一生輝き続けるためのベースになるのです。
いつも自分を全肯定していれば、向上心は楽しく実を結ぶ!

向上心は、自己嫌悪のもと? 「修行」的な努力はやめましょう!

向上心という、自分を高めようとする気持ちは、持てば持つほど日々の糧となり、自身を奮い立たせてくれるものです。
ところが、場合によっては、この向上心は真逆の働きを見せることがあります。
あろうことか、向上心が高まるほどに、自分に対して嫌悪感を持ってしまったり、さらには、どんなに努力をしても、思うような結果が出せないといった、泣くに泣けないケースがあるのです。

それは、往々にして向上心を持ったときの気持ちがハッピーでないときに起こる現象です。
現時点での自分をどうしても許すことができず、何としても理想通りに改善しなければ、自分の価値はないと思い込んでしまうことが原因です。

自分をよりよくしていくには、そのための行動が、楽しければ楽しいほどうまくいくものです。
楽しい気分は次々に新たなアイディアや活力を生み出してくれるからです。
しかし、よりよくなろうとするその出発点の段階で、今の自分を否定していると、とてもその、よりよくなる過程は楽しめたものではありません。

389728588

 

これではうまくいきづらいことに加えて、うまくいかなくなってしまう現実が、さらに自分を否定させてしまいます。
すると眉間にしわは寄り、どことなく悲壮感さえ漂ってくるので、ビジュアルもはっきりとダウンします。
そんな姿を鏡で確認した日には「こんなにがんばっているのに……」と被害者意識まで生まれてきてしまいます。
これでは本当に本末転倒です。
せっかくの努力が水の泡どころか、かえってよくない状態を引き寄せているからです。

本来、よくなっていくことは楽しいことなのに、この「今のままじゃダメ」的な意識が貼りついていると、よくなることはつらい修行になってしまいます。
さらに自分を否定しながらの努力では、エネルギーの質も低下します。目標へと向かっていく力は、明るく、力強いものでなくてはなりませんが、現時点の自分にOKを出せていないと、そうしたプラスのエネルギーは出せません。
つまり、自分を否定する気持ちが少しでもあると、向上心は仇になってしまうのです。

 

向上心を持てたこと自体がすばらしいと知りましょう。今の自分が最高になります!

こうした羽目に陥らないためには、何といってもその向上心を持った段階のときに、自分を「全肯定」していることが大事になります。

これほどすてきな自分なのだから、もっとすてきにしてしまおう!
こんな発想からのスタートが、向上心をフルに発揮させられる、たったひとつの方法なのです。

ですが、そうは言っても今の自分が嫌だから、もっとよくなりたいという思いが拭えないなら、気がついて欲しいことがあります。
それは、向上心を持った自分って、それだけでもう、ものすごくすてき! という事実です。
そんな前向きな気持ちを持っていること自体が、賞賛に値することなのです。
何故なら、人はわざわざそんな面倒なことをしなくても、十分に生きていけるのですから。

216851041

 

そこに気がつけたなら「今の自分」が嫌いだなんて、とても思えないはずです。
すると、もうそれだけで自分の中の「進化する要素」は拡大し、勢いよく動き出します。
そして気がつけば理想通りの自分になっていた、という、うれしい結果になるのです。

もしもあなたに、自分のダメなところばかりをあぶり出す癖があったなら、きっともうそんなことは怖くてできなくなることでしょう。
すべては今の自分に「それでいい」と言うことからはじまります。
その全肯定こそが、あなたが一生輝き続けるためのベースになるのです。

 

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ 公式サイト
(ブログ毎日更新中!)
http://yukomotoyama.com/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Facebookページ
https://www.facebook.com/beauty.yukomotoyama/

ウエルネス&ビューティーライター ユウコ Twitter
https://twitter.com/yukoxoxo

 

《ユウコさんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/yuko/?c=103325