2017年は【分離】と【共生】の年。アセンションは形を変えて続いてきた

あなたはどちらの世界に行きたいですか? 今までの自分の行動や思考を、よーく振り返ってみてください。 自分だけが幸せになりたい! と思っていたら、かなり要注意です。
2017年は【分離】と【共生】の年。アセンションは形を変えて続いてきた

アセンション、という言葉を覚えておいででしょうか。
数年前、スピリチュアル業界で騒がれていた、アレです。
それもそのはず。
アセンションは、マヤ暦の終わる2012年冬至から始まるとされていたからです。

人が注目する一時的な熱もおさまり、今でこそあまり騒がれなくなりました。
が、アセンションは形を変えて進行してきました。
それももうすぐ一旦終了します。

今回のコラムは、来たる2017年がどんな年になるのか、アセンションになぞらえてお話ししたいと思います。

 

アセンションの始まりは、魂の【目覚め】に気づく機会に恵まれた

アセンションとは、私たち人間の進化を促し、高次元の精神社会へと上昇させる、宇宙イベントのようなものです。
戦争や束縛・不安の低次元世界から、平和、調和や愛・思いやりの高次元世界に移行していく、とお考えくださいませ。

宇宙の次元上昇の波が強く働いていた、2013年から2014年。
自らの魂の【目覚め】に気づく機会に恵まれ、精神的に低次元世界から高次元世界へと移行した人が、通例より多くいました。
魂が目覚めた人たちは自らを大切にしながら、他者の役にも立つための動きも始めました。
自己中心的な我欲から逃れ、相手を思いやる心が育っていったのです。
見えない精神的な次元上昇により、見える世界の次元上昇が少しずつ現実化されていく様が見てとれた年でした。

また2013年は、伊勢神宮の式年遷宮が行われた年でした。
式年遷宮は20年に一度行われ、その際、東側の米倉(こめくら)と西側の金倉(かねくら)に、交互に御神殿が建て替えられます。
米倉に御神殿がある間は比較的平穏で、米の倉という名のとおり、豊作が期待できます。
金倉にある間は動乱が多発し、金の倉という名のとおり、お金儲けや巡りが良くなります。
2013年の式年遷宮では、神様は金倉に御移りされました。
動の時代、アセンションの始まりが、日本の神様によっても示唆されていたのですね。

 

【動】から、2017年の【分離】エネルギーへ

続く2015年から2016年は【動】の年でした。この時点である程度元に戻っていた宇宙の次元上昇の波。
次に働き出したのは、人間の自らの動きを促す【動】のエネルギーです。
魂の目覚めにより高次元世界を現実化してきた人たちは、周囲に魂の目覚めを促しながら、さらに自らを高める動きを。
魂の目覚めを果たしていない人たちは、自らの恐れや不安に向き合い、眠る魂を目覚めさせる動きをしていく年になりました。