チャクラの秘密「宇宙と地を結ぶ龍的エネルギー ~ 第4チャクラの秘密」

みなさま、こんにちは。
京都・スピリチュアル・セラピストのミヤノリト∞です☆

 

〈龍神とは、霊的世界と物質世界の架け橋です〉

最近よく、耳にする龍神様ですが、「龍神」とは本来どのようなお役目があるかご存知でしょうか?
龍神とは、天の架け橋、霊的世界と物質的世界の間を取り持つ存在です。
私たちのチャクラの中には、その大地と宇宙の架け橋として、第4チャクラ(ハートチャクラ)があります。
ハートチャクラのエネルギーは、他のチャクラと比べて、自分の領域(自分と他人への許し、理解、慈悲など)が広がれば広がるほど、宇宙の果てまでも広げることのできるチャクラです。

 

〈私たちの地球での目的は、宇宙同一体ということを思い出し、さらなる「愛」に目覚めること〉

しかし、その龍的ハート・エネルギーはベースとなる下位のチャクラ(第1~第3チャクラ)が整い安定していないと、波のようにざわめき心を閉ざしハートの範囲が狭くなってしまいがちです。
私たちの地球での学びの目的は、第1~第3の下位のチャクラの学びを加速させ、いかに自分を認め、尊厳ある態度で自分を活かし、今まで以上の「愛」に目覚めるということにあります。

もし、第1~第3チャクラの学びが加速し、自分を安定した存在として「見る」ことができるようになったとしたら(客観的に自分を見ることができるようになったら)、ハートチャクラのエネルギーは、外界(現実世界)で多少のことがあっても乱れることなく、静かな湖面のように同じ時を刻んでいけることでしょう。

その時、ハートは自己の自由意志のもと、広げたいときには大きく広げ、本来のハート・エネルギーを使用することができ、そうなってはじめて、天(宇宙)と地のエネルギーが自分の中でつながることができるのです。

 

〈宇宙の果てまで広がる強力なハートを覚醒する為には……〉

ハート・エネルギーを覚醒する為には、第1~第3チャクラの癒しを深めていくしかありません。

・自分をそのままで認める
・自分という存在の確立(他に振り回されない)
・悲観的になる癖
・自分の中での充実感と満足などの感情的癒し
・生命活動の基本的な安定
・自分の行動への客観的見解とコントロール(制御)

など、これらのことを自分で整え、自分を大切に育てていくという先に、この龍的エネルギーであるハートの覚醒があります。

 

〈最終的に「自分を知る」ことが覚醒への道へとなる〉

具体的ワークは、自分を見つめ、自分の考えを客観的に見つめ、自分がどのような癖があるかを知る必要があります。
そういった「個」としての自分の確立上にあるエネルギーと霊的エネルギーが混ざり合うスペースにハート・エネルギーは存在しています。
私たちが普段何気なく過ごしている日常に、その自分の癖のかけらがあることにまずは気付いてみましょう。

 

《宮徳戸 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/miyanorito/?c=32803